アサクフカク

雲取山 2日目前編 雲取山山頂へ

b0339488_21091652.jpg
翌朝、3時半にテントをゴソゴソパンパンドンドンとするうるさい音で目が覚める。
山は朝が早いとはいえ、もう少し静かに出来ないものだろうか。
テントを畳んでいるんだと思っていたのだけど、朝外を見て見るとテントの数は減っていない。
一体あの人達は何をしていたんだ?

5時に起床。
テントそのままのアタック組は山頂を目指しに行った。
ワタシはできるだけピストンをしたくない人なので、ここでテントを撤収し登頂を目指す。その後三条の湯方面へ進む。

その前に朝食。
スープはフリーズドライ。ちょーうま♪
バナナケースはザック内でも潰れず登山にいいかも。
バター入りレーズンロール。
カロリーメイト。
最後にコーヒー。
パワー充填完了!

そうそう、テント泊したの、鹿児島で事故起こした時以来なのに気が付いた。
ちょうど1年と7ヶ月ぶり。
しかしブランクは感じず、テント張るのも畳むのも生活するのも、何故かいつも夜中の1時ごろ目が覚めてしまうのも昔と変わらなかった。

確実に回復してきている。

b0339488_21091606.jpg
テント場からの登り始めはいきなり急登。

b0339488_21091601.jpg
曇ってはいるが今日も富士山はよく見える。
左の山肌が見える部分がテント場。

b0339488_21091755.jpg
下の白いテントとその上のクリーム色のテントの中間の所にテントを張ってた。

b0339488_21091709.jpg
b0339488_21091774.jpg
山小屋に泊まっていたおばさまたちの団体に声をかけられる。
富士山が見えてほんとに良かったとか、あの雪を被った向こうの山は何ですかとか。
ワタシはガイドさんではないので、ろくな情報はありませんよ(笑)
とは言え、ひとり登山をしているとちょっとした会話でもうれしい。

b0339488_21091752.jpg
雲取山山頂が見えてきた。
もう少し。

b0339488_17470492.jpg
登頂前に歩いてきた尾根を振り返る。

b0339488_17470535.jpg
山頂にあった温度計の気温は5度。
昨日のテント場の夜、手がかじかんだのもうなずける。

b0339488_17470522.jpg
雲取山登頂!
真ん中右奥に富士山。
ものすごい強風が吹き荒れていてすぐに撤収。

b0339488_17470589.jpg
あれは甲武信岳?両神山?
雲の流れ方がイカス。
b0339488_17470514.jpg
立て札右方面へ。

b0339488_17470533.jpg
殆どの人が鴨沢、山頂のピストンだった。
こちら三条方面を使う人はほとんどいない。
結局三条の湯までで出会った人は5人だった。

b0339488_17470538.jpg
だいぶ下りてきたとこの時は思っていた。

つづく


[PR]
by keen45 | 2016-05-13 21:12 | 登山 | Comments(2)
Commented by みねんこ at 2016-05-17 23:03 x
バナナケースがかわいいです♪
Commented by keen45 at 2016-05-18 00:06
> みねんこさん
バナナケースはジョークアイテムぐらいに思ってたけど、ザックをコンプレッションしても潰れないのは便利だと思った^_^