アサクフカク

蓼科山 前編 双子池でテント泊

b0339488_22195521.jpg
蓼科山
標高2,530m
日本百名山

八ヶ岳の北に位置する。
山頂は大きな岩に広く覆われ平坦になっていて特徴的。
その形から諏訪富士とも呼ばれる。

竜源橋から登り始めた。

b0339488_22192314.jpg
歩き始めて10メートル。
頭の中で装備の確認をし始める。

あっ!
終わった…

ティール色のスタッフバックを入れた記憶が無い。
シュラフを家に忘れてきたのだ。

数日前のこの辺りの気温は場所によっては氷点下。
シュラフなしでは一睡もできない。

車の中には車中泊用の大きなシュラフがあるがザックの半分の容量以上を占めてしまうほどの大きなのでそれを持って行くのは無理。
するとつもるさんが車中泊で使っている6番の化繊のダウンがあるとのこと。
6番では通常寒さには耐えられないが大きさ的にはザックに入れて持って上がれる。
それとシュラフカバーも貸してもらうことに。
最近買ったダウンパンツも履き、銀のエマージェンシーシートも使おう。
これでなんとかなるだろう。
あとは気温があまり下がらないことを祈ってこの装備で再び登山を開始した。

b0339488_22183910.jpg
b0339488_22183916.jpg
亀甲池分岐付近から見た蓼科山。
明日あの頂きに立つ。

b0339488_22183978.jpg
b0339488_22183998.jpg
亀甲池に到着。
水はかなり少ない感じだったが、こじんまりとしたなかなかいい雰囲気の池。

b0339488_22184050.jpg
双子池に到着。
ここが今日のキャンプ地。
湖畔と林間部分にテント場がある。
明るい湖畔にテントを設営。
右端の赤いのがつもるさんのオニドーム。
その隣の黄色がワタシのステラリッジ。

b0339488_22184023.jpg
暗くなる前に夕飯♪
おいおい、またパスタかい!(笑)

そして7時にはテントの中に入ってゴソゴソ。
8時には寝てしまった。

b0339488_22184990.jpg
朝、テントの内側から見たフライ。
そう、雨なのだ…

夜中の10時に一度目が覚めたのだけど、ちょうどその頃降り始めていた。

b0339488_22184966.jpg
少しずつ雨が弱まり始めた。

b0339488_22184919.jpg
小雨の中朝食。
フリーズドライのリゾットはほんとに美味い♪
もはや定番になりつつあるバナナケースに入れたバナナ。お気に入りだ。

b0339488_22184988.jpg
ちなみに夜の寒さはどうだったかというと、6番シュラフでぐっすり眠れた。
勝因は気温が10度無いぐらいと、思ったより下がらなかったこと。

これを教訓に荷物チェックはしっかりとしなきゃ。
あと、ダウンパンツはコンパクトなうえに効果は絶大。少しでも寒いと思われるところには必ず持って行こう。

b0339488_22192483.jpg
ほぼ雨は止んでテント撤収。
ほぼ止んだだけでわずかに降っている。
レインウェアを着こみザックカバーを付けた珍しい雨装備。
結局この後降る気配がなく、すぐに脱いじゃったんだけど。

b0339488_22185045.jpg
双子池というぐらいでテント場の池の隣にもうひとつ池がある。
驚く無かれ、この池、このテント場の水場なのだ。
通常水場は湧き水がちょろちょろ流れ出ている所なのだが、ここはこの池の水を直接汲む。
ワイルドすぎる(笑)

b0339488_22185075.jpg
今回からトレッキングポールを導入。
HelinoxのリッジラインLB130。
モンベルでしばらく在庫切れしていたものを予約注文しておいてやっと届いたもの。

b0339488_22190496.jpg
二子山を登ってきた。
森林が無くなった。
ギリ森林限界なのかな?

b0339488_22190433.jpg
左奥に見えるのが蓼科山。

b0339488_22190425.jpg
二子山山頂に到着。
あまり期待していなかったが、山頂は遮るものがなく清々しい。いい山だ。

蓼科山山頂へにつづく。


[PR]
by keen45 | 2016-06-20 23:32 | 登山 | Comments(0)