アサクフカク

8日目-2 祖母山登頂

b0339488_18595779.jpg

9合目小屋を越えると山頂はもう少し。


b0339488_19002380.jpg

祖母山登頂!
この登り、宮原コースのコースタイムは4時間5分。結構ハード。


b0339488_19001151.jpg

障子岩尾根コース方面。


b0339488_19001280.jpg

左が小祖母山、右が障子岳。
障子岳途中の天狗ノ分かれから登山口に下っていく予定。
右下、マンサクが咲いている。


b0339488_19001216.jpg

右が古祖母山、左が登山口。
すげー登ったな。そして下山もそれ以上に長い道のり。


b0339488_19002385.jpg

こちらが登ってきた宮原コース。
ハードやった。


b0339488_19002390.jpg

西を見ると前日登った阿蘇山。


b0339488_19001107.jpg

宮原コースで出会った人はひとりだけ。
でも山頂にはそれなりの人がいる。
ほとんどの方が北谷登山口から登ってきているからだ。

気になっていたので北谷登山口から登ってきた人に道を塞いでいた切り株について聞いてみた。
女性二人組は軽自動車だからなんとか通れたと。
夫婦の方はプリウスで通過できなかったそう。なのでふたりでなんとかずらし、折ることのできる根っこを折り、それで通過してきたそうだ。
なるほどー、ふたりならあの切り株動いたのかぁ。

三人組の女性が上がってきた。
とても可愛くてたくさん話しをしてくれおっさんは嬉しかったです♪


b0339488_19001138.jpg

そうこうしていると見覚えのあるシャツの男性が。
まさか!
そのまさかだった。
開聞岳登山口でたくさん話をした男性だった!
おぉぉぉ!
ふたりで再開を喜ぶ(笑)
結局屋久島の宮之浦岳ヘはいかず北上し始めたのだそう。
前日は久住山を登ってきたそうだ。
いやー、こんな偶然てあるのかな。
驚き♪


b0339488_19002386.jpg

昼食♪

登山口で会ったGS乗ってる方が一時間遅れほどで到着。
黒金山尾根コース、ハードだったて。

最初に話をした女性二人組は地元の方で祖母さんに詳しく、俺が黒金山尾根コースで下山するというと、ひゃ!ほんとですか?と言ってきた。
なんでなんでなんで?!
どうやら山頂直下が危険箇所になってるそう。
わたしは下りでは使わないコースですだって。
まじか〜
ま、だめだったら引き返すし(笑)

こんな感じでとても賑やかで楽しい山頂。
こんな山頂経験は初めてかも♪


b0339488_19002426.jpg

さてと下山。
ほぉ、女性の言っている意味がわかった。
要は崖、鎖、はしごの連続。
とりあえず行ってみましょ。


b0339488_19002416.jpg

危険箇所ではあるが景色はステキ。


b0339488_19003423.jpg

この崖の間を鎖を伝い下っていく。
傾斜も落ちている石とかも色々と危険。


b0339488_19003512.jpg

たしかに危険箇所が多かった。
けど、難なく通過。
俺の技量も体も心もそれなりにステップアップしてきているということ。


b0339488_19003553.jpg



b0339488_19003516.jpg

振り返って見る祖母山山頂。

つづく




[PR]
by keen45 | 2017-05-19 22:06 | 20170409_九州 | Comments(0)