アサクフカク

北アルプス表銀座縦走2日目その3 西岳テント場

b0339488_21542304.jpg

大天井岳山頂に行くには東側をまわるしかない。
その東側をまわっている時に振り返って常念岳。


b0339488_21542499.jpg

ここを下った大天井ヒュッテで行動食の昼食をとった。


b0339488_21542406.jpg

風はずっとすごいんだけどそれプラス雲…


b0339488_21542510.jpg

豪雪ちたいなんだね。
木が全てひん曲がってる。


b0339488_21542508.jpg



b0339488_21542523.jpg

ステキな稜線だ。
でも雲が…


b0339488_21543499.jpg



b0339488_21543458.jpg



b0339488_21543591.jpg

槍ヶ岳はどんどん近くなってくる。


b0339488_21543558.jpg

振り返ると燕岳なんてとっくに見えない。
見えているのは大天井岳
そこからもすでにこの距離歩いてきた。


b0339488_21543597.jpg



b0339488_21543576.jpg



b0339488_21544489.jpg



b0339488_21544481.jpg

常念岳がよく見えるようになってきた。


b0339488_21544558.jpg

この方、この日のテント場の向かいにテント張ってた。


b0339488_21544505.jpg

ひたすら歩いた。
この右側は西岳なんだけど、登山道が巻いているのを見てほっとした(笑)

そしてヒュッテ西岳とテント場。

この暴風の中テントを張るか張るまいか考えたのだけど、二張テントが張られているのを見て俺もテントを張ることにする。
テント受付で、今日は雪が降るかもしれないと言われぞっとする。

テントが飛ばされないようなんとかテント設営が完了。
その後燕岳から同じルートの学生さん達が隣にテントを設営した。
風に隠れる場所が少ないテント場なので俺のテントとほぼくっつく形で。


b0339488_21544539.jpg

夕飯食べ終わると雨が降ってきた。
風も吹き止まない。
暴風雨になった。

本を読み始める。
テントがバタバタ揺れ、雨が叩きつける。
隣の学生さんとはテントとフライが間にはあるけど人の距離は1mもないだろう。
ゴキブリポーカーという知らないトランプ遊びを楽しそうにしているのがはっきりと聞こえる。
ほとんど同じテントに居るようだ(笑)
というわけで本の内容は全く頭に入ってこず、3ページほど読んで閉じた。


b0339488_21544554.jpg

前夜からトラブル発生しているマット。
枕のようにも見えるが、本来ここは平らでなければならない。
固くならないマットは腰と肩の部分が地面に触れ冷たい。
なんとかならないかと策を考える。
腰部分には折りたたみのTHERMAREST座布団、肩部分には着替えを平らにしたもの。
足にはザック。
うん、これで昨日の夜より快適になりそう。
暴風雨だからか、体感温度は昨晩より寒い。
横になるとテン幕が頭、腕、足をバシバシ叩きつけてくる。
ちゃんと眠れるだろうか…


b0339488_21545275.jpg

この日のルート。
手前から奥に向かって歩いた。

3日目につづく



[PR]
by keen45 | 2017-10-02 21:21 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(0)