アサクフカク

カテゴリ:WR250X( 8 )

WRその後

b0339488_20352233.jpg

WRを引き取ってもらったオーナー様から、結構時間がかかったがエンジンに火が入ったとメールで写真を頂いた。
一緒に引き取ってもらったZETAのナックルガートが取り付けてある。


b0339488_20354965.jpg

クラッシュしたシュラウドはブルーのものに付け替えられている。
色的にちぐはく感はあるが、俺が乗っていたときよりも綺麗かも(笑)

フォークガードとスイングアームのステッカー、傷だらけのサイレンサーカバーで俺のバイクだとまだ認識できる^_^


b0339488_20354040.jpg

WR、可愛がってもらえよ〜♪

オーナー様、写真ありがとうございました!
素敵なバイクライフを楽しんでください♪



[PR]
by keen45 | 2016-12-08 20:48 | WR250X | Comments(2)

さらばWR! ありがとうWR!

b0339488_20224519.jpg

先日、WRの商談が成立し、新たなオーナー様のところへ旅立っていった。
とてもいい感じのオーナー様で少し嬉しくなった。
修理して乗ってくれるそうで、素敵なバイクライフをWRと共に過ごしてもらえたら幸いだ。


少し思い出話を織り交ぜながらWRを振り返ってみようと思う。
WRを知ったのは2005年ごろ、ヤマハが4ストモトクロッサーの最新技術で市販250オフを開発しているという情報が最初だ。
当時の250はロードもオフもそれは寂しいもので、多くの人がそんな新開発250オフなんてほんとに出るのか?と半信半疑だった。
2007年後半、それはほんとに登場した。
鋭角的なスマートなスタイリング、惜しげもなく注ぎ込んだ最新技術、一目惚れだった。
翌年の春試乗してみる。
かっちりしたフレーム、よく動く足、そして速い!
直ぐに注文。
2008年7月、WRが相棒となった。

買った当時、実はオフにはほぼ興味がなかった。
なのでX。
でも、友だちに誘われたり、自分でもモタードってどのくらい走るんだろうと興味が出てきて林道にもよく行った。
遠くは四国の剣山スーパー林道や、北海道の箱岳山頂までの林道は印象深い。

オフに興味が出てきたのだが、ロードも大好きなのは変わりなく、サーキットにも何度か通った。
保安部品を外したWRは贅肉を削ぎ落とした猛獣の様にスマートでかっこよかった。

旅も好きになった。
北海道は3回、九州は2回、四国は3回、本州は数知れず、沖縄以外は全県走破、感覚的には日本二週したぐらいの感覚だ。

このようにありとあらゆる使い方をしてきた。
たぶん、こんなに色々な使い方、色々な場所に行ったXは他にはないと思う。

買った当初、こんな多くの使い方をするつもりはまったくなかったのだけど、自然とそうさせたのはXの懐の深さなんだと思う。

WRよ。お前は幸せだったか?
俺はこんなに幸せな8年間はなかったよ。

お前のことは忘れない。
忘れられるわけがない。



[PR]
by keen45 | 2016-11-02 21:50 | WR250X | Comments(6)

WR廃車手続き

b0339488_20211243.jpg
先日、陸事にいってWRの廃車手続きをしてきた。
ナンバーと書類と印鑑を持って行って、軽二輪の窓口で書類を一枚書き、500円払ってあっけなく完了。
これでWRとはいつでもさよなら出来る状態になった。少し寂しいけど。
で、WR、誰か欲しい人がいたら安く譲りたいんだけど欲しい人いないかな。
部品取りにしてもいいし、ラジエーター、ハンドル、ステップ周りが壊れているだけなので直せばまだ乗れるし。
欲しい人がいたらコメントにでも連絡おねがいします。


[PR]
by keen45 | 2016-07-17 20:33 | WR250X | Comments(11)

九州ツーリングの仕様

b0339488_19022020.jpg
今までとの変更点は3つ。

その1、ヤマハ純正ナックルガード装着。
モタード用のごつい金属ガードをノーマルハンドルに付けると転倒時にハンドル根元から折れるらしい。
これは樹脂製で、トップブリッジ側の取り付けは薄いステーでの取り付けなので、転倒時、ガード自体が割れるかステーが曲がるだけで済む気がする。
形状は大型で、雨風対策に効果を発揮しそう。

その2、iPhoneフォルダー装着。
写真では見えないが、ハンドル中央手前部分に横置きで取り付けた。MINOURA製。
常時ナビを使う気は全く無いが、ここまでとにかく早く行きたい!みたいな時には便利だろう。

その3、これが最大の変更点。リアバッグサイドバッグをウルフマンに。
国内バックメーカーでオフロードバッグを探そうとするとほとんど絶滅状態なのが分かる。
しかし海外に目を向けてみるとウルフマンやジャイアントループなど、ユニークなオフロードバッグメーカーが幾つか存在する。そんな中で入手しやすいウルフマンを選んでみた。
一番の特徴はサイドに取り付けるE-12サドルバッグだろう。オフ車のテールに合わせた形状になっている。
本来このサドルバッグはもっと後ろに取り付ける事が前提なのだが、WRは少し曲者で、サイレンサーが上と外側に張り出している。なので少し前方に取り付けた。
結果、マスの集中化にもなるし見た目もスッキリし、サイレンサーの熱も気にしないで使えるようになったので結果オーライか。
リアバッグはEDダッフル。完全防水。

今日、試乗してみたところ、左右振り分けによりリアバッグが小さくなり、身体が挟まってる感が無くなった。ある程度前後に体重移動できる。
車重が上がったのは感じるが、車体のバランスが良くなっているのが実感できる。

以前はキャンプツーリングは荷物が多いのでバイクは移動手段と割り切っていた感があったが、せっかくなのバイク旅なのだから走りも楽しみたいと言うのが最近の思い。
今回の装備で、今まで以上に峠道も林道も、楽しく安全に走れたらいいな。

理想は手ぶらでキャンプツーw



[PR]
by keen45 | 2014-09-30 20:12 | WR250X | Comments(16)

タイヤの釘その後

b0339488_19162039.jpg
先日のツーリングで釘が刺さったままのリヤタイヤをパンク修理をする。
まずはシリコンオフで脱脂。

ん?

釘が頭を出している部分から下の方向に向かって少し長い距離盛り上がっているのを確認。
これは貫通していないでコンパウンド層に横向きに刺さっているだけでは?

b0339488_19163428.jpg
ラジペンで引き抜くとあっけなく抜けた。
やはりコンパウンド部分に横に刺さっていただけのようで空気漏れがないのを確認。
釘が刺さったのは良くないことだけど、パンクしなかったのはラッキー♪
少し嬉しい一日なのでした♪



[PR]
by keen45 | 2014-09-05 19:25 | WR250X | Comments(8)

チェーン片伸びの不思議

チェーンが片伸びしてきた。
26,000km走ったのでちゃんと役目を果たしてくれたといったところ。

片伸びを発見したのはチェーン調整をしている時なのだが、不思議なことに気がついた。
リアタイヤを回し、ピンと張ってしまう位置を調べるのだが、その場所が毎回違うのである。
片伸びとは、チェーンが伸びている所とそれほど伸びていない所が出てくることで起こるわけで、ピンと張る部分は毎回同じ場所でなければおかしい。

ここで思ったのが、スプロケも歪んでいるのではないかと言う事。

今まで片伸びした時はチェーン、前後スプロケの三点交換をしてきたので、スプロケも歪んでいる説の確認は出来ていない。
そこで今回はスプロケは交換せず、チェーンのみを交換することに。
チェーン交換後、片伸びの症状が出ていればスプロケが歪んでいることが確定する。

b0339488_2252437.jpg
チェーンカット

b0339488_2253547.jpg
前回使用してから気に入ってしまったEK。スチールを選んだ。性能はカラーのものと一緒だし、メンテしっかりしてればサビも防げるだろうし。もちろん安い。
モノタロウで買った。コマ数ピッタリのが売っているのが嬉しい。

b0339488_2255050.jpg
余談だが、チェーン交換している時に気がついた。
今までチェーンがタイヤにヒットしているのだと思っていたキズは、チェーンガードのものだった。
泥で汚れていなければ気が付かなかっただろう。
掃除しないのもたまにはいいもんだ(笑)

b0339488_226699.jpg
チェーン交換完了。

で、片伸びはというと、無くなっているのである!
スプロケ歪んでる説は否定された。

では方伸び時、なぜチェーンのピンと張る部分は同じ所ではないのか?
このメカニズムを知りたい今日このごろなのである。
[PR]
by keen45 | 2014-08-21 22:38 | WR250X | Comments(0)

エアフィルターのクリーニング

前記事のツーリング前にエアフィルターの掃除をしておいた。
前回掃除してから16,000km走っていたが、それほど汚れていない。面白いところでは北海道でちょうど時期だったからだと思うが、何らかの樹木の綿毛状の種子が沢山舞っていて、その綿毛が2つほどフィルターにくっついていたこと。北海道の道を思い出した。

WRのフィルターはスポンジなので、灯油でジャブジャブ洗う。
軽く絞った後エアブロー。金属網も一緒にエアブロー。
使っているオイルを染み込ませ軽く絞っておく。
エアボックス内もオイルとホコリでベタベタなので、吸気穴に入り込まないよう、パーツクリーナーで綺麗にしておく。ボックス下側のドレンにたまっているオイルも綺麗にしておく。
フィルターを取り付け完了。

b0339488_1152418.jpg
ツーリングから帰ってきてからチェックをしてみる。
オイルでベタベタだったフィルターも、ちょうどいい感じの湿り気。良好だ。

b0339488_11521581.jpg
ドレンに余分なオイルが溜まっていた。ここだけ再度掃除しておく。

ここでノーマルフィルターとツインエアーのインプレ。
分からない。差がわからないのだ(笑)
どちらを使っても問題なし♪
[PR]
by keen45 | 2014-08-17 12:23 | WR250X | Comments(2)

走れるよう準備

b0339488_23225687.jpg
北海道から帰宅後、無休が続いていて、WRはほったらかしのまま。
先日、一ヶ月ぶりにWRを整備した。

まずは1月に交換したばかりなのにツルツルになったリアタイヤを交換。ホイールとタイヤをハイエースに積み込み、いつもお世話になっているハーレーのプロショップ星野輪業さんに無理を言って交換してもらった。
いつも手際よくあっという間にバランス取りの行程へ。さすがです。

前回と同じで選んだタイヤはα13。ただしサイズは140/70から150/60へ変更。プロファイルはBSの純正090と似ているので、今後は150/60がいいように思う。
ただし、チェーンラインがギリなので、タイヤにヒットする事は確実と思われる。ただし、純正タイヤでもチェーンが伸びてくるとヒットするので問題にはならないだろう。
ちなみにタイヤライフは純正BSと同等かそれ以上。ダンロップは値段も安いのでコスパはかなり良い。
今後、自分のWRの定番タイヤになるだろう。

b0339488_23231391.jpg
リアホイール外したついでにチェーンを清掃&張調整。思っていたほど伸びてはいないのだが、片伸びがひどく気になる。

あと、オイル交換もした。四国ツー、北海道ツーの二回のツーリングで6,000kmを越えてしまったからだ。

今回の整備で、またいつでもロングツーに出れる状態になった。
できれば秋にもう一度遠くへ行ってみたい。
[PR]
by keen45 | 2014-08-07 23:53 | WR250X | Comments(4)