アサクフカク

カテゴリ:201406北海道( 8 )

2014北海道 9日目 帰路

昨晩の天気予報だと雨。だが、目覚めると雨は降っていなかった。
急いでテントをたたみ帰り支度。

b0339488_232291.jpg
十和田湖。
以前に来た時も曇っていた気がする。

東北道に乗りしばらくすると雨になった。ずぶ濡れになることは分かっていたので建物の中に入らないでいいようにお昼用のおにぎりは高速に乗る前に買っておいた。

b0339488_23223828.jpg
4時間ぐらい降られっぱなし。福島あたりからやっと止み始めた。

午後3時ぐらいには自宅に到着。
3度目の北海道ツーリングが終わったのだ。

b0339488_23225429.jpg
タイヤは使いきった。

b0339488_2323993.jpg
チェーンも伸びまくり、アクセルオフ時、テンションが逆になる時にコンと音が出る。

b0339488_23233454.jpg
北海道のだろうか?スズメバチを持ち帰ってしまった。

b0339488_23383070.jpg
総走行距離は3,800km。三度の北海道ツーの中で最長距離。

目撃した動物
熊0(ラッキー)
鹿20(キタキツネより少なかった)
キタキツネ30(コギツネ1)
マダニ1

ずっと宿題になっていた函岳登頂を果たす。

行ったことのある場所でも、少し違う道を走ると新鮮な風景がそこにはあった。

次に北海道に行けるのはいつになるだろう。

それが近い将来である事を祈る。

b0339488_23354713.jpg
この日のルート
[PR]
by keen45 | 2014-08-06 00:09 | 201406北海道 | Comments(2)

2014北海道 8日目 尻屋崎(青森)

b0339488_22324338.jpg
大間から海岸線を東へ。
2009マップルを見ると266号線は一部ダートとあるが、全線舗装されていた。

b0339488_223344.jpg


b0339488_22332093.jpg
尻屋崎周遊ルート入り口。
ゲートが付いていて、二輪車は専用押しボタンを押す。

b0339488_22335310.jpg
低く垂れこめた雲が少し残念。

b0339488_2234144.jpg
尻屋埼灯台が見えてきた。

b0339488_22343024.jpg


b0339488_22345063.jpg
この辺りは馬が放牧されている。道路も普通に歩いているので注意。
周遊ルート入り口にゲートが付いているのは馬のためなのかな?

b0339488_2235787.jpg


b0339488_22353341.jpg


b0339488_22355010.jpg


b0339488_22363590.jpg


b0339488_22365067.jpg


b0339488_22373442.jpg


b0339488_2237881.jpg
セメント工場の橋が海に伸びている。

b0339488_22375166.jpg
海鮮丼。
今回の旅で初めての海鮮モノだったりする(笑)

青森を南下していく。

b0339488_2238747.jpg
高瀬川でいいのかな?

b0339488_22382512.jpg


b0339488_22383959.jpg
気持ちいい田園風景。

b0339488_2238515.jpg
八甲田に近づくと黒い雲。
この後雷雨に見舞われる。
この辺の道を少し楽しみたかったけど予定していた宇樽部キャンプ場にむかう。
キャンプ場に到着する頃には雨は止む。がしかし、キャンプ場オープンは7月からで他のキャンプ場を探す。

b0339488_2239691.jpg
十和田湖生出キャンプ場。
ここが今回の旅、最後のキャンプ地。

b0339488_22392876.jpg
この日のルート。
[PR]
by keen45 | 2014-08-04 23:08 | 201406北海道 | Comments(4)

2014北海道 8日目 津軽海峡

マダニで大騒ぎの夜から一夜明け、帰路を考えながらの旅。
函館港に向かう。

b0339488_20193233.jpg
たまに出会う防災施設。
休憩、トイレは使っていいことになっているのでたまに利用する。

b0339488_2019486.jpg
日本海とそろそろお別れ。内陸に入っていく。

b0339488_202067.jpg
函館到着。
フェリー受付までまだ時間があるので、ご当地バーガーラッキーピエロへ。
でも、時間がはやすぎてオープン前。写真だけパチリ。

b0339488_20202872.jpg
函館港のフェリー施設。
今まで見てきたフェリー乗り場の中で最もモダンな造り。

函館からのフェリーを選んだのは以前にも書いたができるだけ船に乗っている時間を減らしたいからと、乗ったことのない航路を進んでみたかったから。

b0339488_2020416.jpg
函館山だ。
二年前に登って夜景を見たことを思い出す。

b0339488_2021199.jpg
乗船するフェリーが到着。

b0339488_20212223.jpg
バイク、自転車が先に乗船。
左に写っているVersys1000でいいのかな?の方と仲良くなり船の中では退屈しなかった。

b0339488_202137100.jpg
車が乗船してきます。

b0339488_20221948.jpg
あっという間の北海道滞在。
さらば函館。さらば北海道!

b0339488_20223464.jpg


b0339488_20225241.jpg


b0339488_20233948.jpg
函館山の津軽海峡側は結構荒々しい。

b0339488_2024855.jpg


b0339488_20243959.jpg
大間港に入港。
函館を出発してから一時間半で到着なのであっという間だ。

b0339488_20245295.jpg
カワサキ乗りの方は千葉の方で、この日は八戸に泊まり、翌日日曜に一気に帰るとのこと。
行く場所は違えど、北海道滞在日数等、ほとんど自分と同じ日程で動いていた。

b0339488_20251028.jpg
大間に上陸。ただいま本州!

b0339488_20252663.jpg
とりあえず行くでしょ。本州最北端(笑)

b0339488_20253926.jpg
最初はグー♪

b0339488_20255310.jpg
じゃんけんチョキ♪

少し青森をまわります。
[PR]
by keen45 | 2014-08-03 21:15 | 201406北海道 | Comments(4)

2014北海道 7日目 北海道新最西端

b0339488_2121261.jpg
ソーランラインを南下。

b0339488_21215177.jpg
荒々しい地形と小さな漁村の繰り返し。

b0339488_212258.jpg
次の目的地はあの霞んだ先端。北海道最西端尾花岬。

実は前回の北海道で北海道最西端には来ている。では、なぜまた来たかというと、740号と言う海岸線の道路が、去年の長いトンネルの完成により、新たなバイクで行ける北海道最西端が誕生したからなのである。

b0339488_2123587.jpg
これがそのトンネル。
以前はここのだいぶ手前で通行止め。そこが去年までの北海道最西端だった。
いちおうiPhoneで場所を確認。

b0339488_2123358.jpg
ここのトンネルはふたつ続いていて、これがふたつ目のトンネル。
地図での確認だが、ちょうどこの辺りが北海道最西端だ。

新北海道最西端到達!

b0339488_21234029.jpg
ふたつ目のトンネル完走。

b0339488_21241473.jpg
目の前の漁船には大漁旗がいっぱい。

b0339488_21243150.jpg
少し走ると道端に車が数台停車している。

b0339488_21244450.jpg
太田神社だ。ここ聞いたことある。
本殿までは絶壁登山をしなければいけない過酷な神社。
御朱印貰いたいけどまたの機会に。

b0339488_21245964.jpg
277号線で内陸に入る。
おうまさん。

b0339488_21251414.jpg
しろいおうまさん♪

b0339488_21252890.jpg
峠の向こうがガスってる。
前回ここを走った時もこんなかんじだった。
きっとこの天候が特徴の場所なんだろうな。

b0339488_21254259.jpg
ここを右折。本日のキャンプ場に向かう。

b0339488_2126035.jpg
町営鉛川キャンプ場到着…
って、なんか変だぞ?
誰もいないしちょっと荒れてる。

近くの温泉宿でキャンプ場のことを聞いてみたら、数年前に閉鎖されたんだって!
人気の川沿いの露天風呂も工事中との事。
あちゃー、2010年のマップルではおすすめキャンプ場になっているから楽しみにしてきたのに。
今回のツーリングで、マップルの情報が古い箇所がいくつかあって困った。
新しいマップル買いどきかな?

b0339488_2126194.jpg
来た道を戻る。
この道、前回来た時に工事中だった場所だ。
綺麗に完成してる♪

b0339488_21263695.jpg
温泉宿の方に教えてもらった青少年旅行村キャンプ場。もともとスキー場があったみたい。

ささっとテントを設営して今日のお風呂へ♨

b0339488_21265397.jpg
道端に噴泉塔がある熊の湯。

b0339488_2127910.jpg
階段を降りて行きささっと服を脱ぎ、

b0339488_21273410.jpg
入浴〜♪
熊の湯は今回で二度目の入浴。
ホースは水が出てきていて、熱い時に薄めるためのもの。
でもこの日は見事に適温だった。
きっとこのホースの位置が絶妙な場所なんだと思う(笑)

b0339488_21291359.jpg
温泉から帰ってきて夕飯を食べテントでごろごろ。

ここで大事件が起きる。

たまたま右の二の腕の脇に近い部分を触った時、イボがあるのだ。
何でこんな所にこんな長い感じのイボができてるんだろってぷにゅぷにゅ触ってみる。
ん?…
これ、生き物か?! 生き物だぞこれ!
ふと頭にマダニのニュースが思い浮かぶ。
各種感染症をもっており死亡例もある危険生物だ。
まさか!
気持ち悪いので、とりあえずこいつを取りたい。
ウエットテッシュでつまみ引っ張るが、ちょっとやそっとじゃ離れない。
少し強引にぎゅーって引っ張ってみる。
ぶちっ。
取れた!
動いている謎の生物。ぼかしを入れているが写真がそれ。
目の前の生物をさっそくネットで検索。
予想は的中。まさにマダニだった!
俺、死んじゃうのか?…
刺された時の対処法や生態を調べる。
どうやら刺されたのは数日前かららしい。
そして対処法、刺されたら頭が残ってしまうのでけして無理に引き抜かないこと!
もう引っ張って引き抜いちゃったし!(汗)
キャンプ場にいた地元の方に救急病院はあるかと聞くと無い。てか、町のお医者さんもしまってるそう。
さあどうするどうする?
とりあえず、刺されて数日経っていて感染症が発症していないのだから、一日二日は問題ないだろうと判断。
明日函館の病院に行こうかとも思ったが、帰宅してから病院に行くことにした。
すでに仲良くなっていた車中泊の人にマダニに刺されたって言ったら、それって大変なことだぞ!気持ち悪くないか?吐き気とかない?とか聞かれた。
さすがアウトドアの人。それなりに知識がある。
少し薬も持っていて、オキシドールで消毒してくれて、塗り薬を塗ってくれた。
夜に異常が出たら起こしにきな。朝もテント張りっぱなしだったら見に行ってあげるからって言われた。すごく心強い。

あー、俺、どうなっちゃうんだろ…

今日はもうこれ以上出来る事はないのが分かると、あきらめというか少し落ち着いたというか、なんとか眠りにつくことが出来たのだった。

b0339488_2333258.jpg
この日のルート。
[PR]
by keen45 | 2014-08-01 22:47 | 201406北海道 | Comments(4)

2014北海道 7日目 磯谷牧場

b0339488_20354598.jpg
ソーランライン

b0339488_20361929.jpg
岩肌がどことなくジュラシックパークチック。

b0339488_20363347.jpg
ジャリの広場で。

b0339488_20364811.jpg
マップルを見ると磯谷牧場という展望の良い場所があると書いてある。舗装路と書いてあるのでこの道から入るのかな?

b0339488_20365921.jpg
残念、ダートになってしまったしこの先は畑みたい。

b0339488_20371425.jpg
しぶしぶ引き返す。でも、こんな風景は嫌いじゃない。

b0339488_20373135.jpg
この辺りの何処かの道から入るはずなんだけどなかなか見つからない。
食べ物屋さんの方に聞いてみると、牧場はもう経営していないとのこと。
うーん、もう行くことは出来ないのかな?

今度はバス停で待っている女性の方に聞いてみると、やっぱり牧場はもう無くなっているとの事。そこへ行く道路も工事してる状態だしと教えてくれた。
でも、眺めのいい高台はあると新情報。たぶんそれだ。
その場所を聞こうと思ったところでバスが到着。あらら、聞きそびれた…

b0339488_20374567.jpg
もうやっていない牧場への工事中の道にやってきた。ここを進んでみることにしたが、走り始めてすぐに工事関係者のライトバンがバックしてきたので、この道は走っていけるか聞いてみる。
運転手の方はWRのタイヤを見て、やめておいたほうがいいと言う(笑)
では、牧場はありますかと聞くとこの先には無いそうだ。うーん、こまった…
眺めのいい場所に行きたいんですけどと言うと、
あそこのことかなぁ?よし、連れて行ってあげるよ。付いてきな。って♪
車の後をWRでついていく。

道は一本道ではなく、えっ、ここを曲がるの?!みたいな所をいくつか通り過ぎる。こりゃひとりで探してても分からんぞ(汗)
20分ぐらい走っただろうか?車の方は仕事中なのに俺の道案内をしていて大丈夫なんだろうかと心配し始めた頃、開けた高台の場所で車は停まった。

b0339488_20381437.jpg
うひゃー、とてもいい眺め。マップルに載っていた眺めのいい磯谷牧場とはここのことだろう。

WRを降り、ひとり、わーぎゃー感動していると、車の男性の方が、いい眺めでしょって♪
仕事中に案内してもらってありがとうございます。来ることができて良かったですとお礼を言うとその男性は、
俺も久しぶり見てみたかったからさ、それじゃね、って、ほとんど風景を見ないで車に乗り込み引き返していった。
く〜〜〜!
俺が女だったら完全に惚れてるな(笑)

b0339488_20383611.jpg
バイクをここに停め、

b0339488_20385168.jpg
斜面に伸びる車の轍を発見したので徒歩で登ってみる。

b0339488_2039212.jpg
ここを登ったのは四駆の軽トラとみた。

b0339488_20391356.jpg
頂上付近に到着。

b0339488_20392983.jpg
いい眺め。
流れているのは尻別川。

b0339488_20394872.jpg
川は日本海へ。

b0339488_2040459.jpg
歩いてきた方向。
しばらく風景を楽しんだ後、戻り始める。

b0339488_20401682.jpg
WRと尻別川。

b0339488_20403314.jpg
WRで来た道を戻る。
頂上付近はなかなかいい雰囲気の道。

b0339488_20405319.jpg
ソーランラインを南下し少し内陸の道の駅くろまつないで昼食。
ほんとはピザを食べようと思ったのだけど待ち時間が長くパンに変更。

ここでは珍しくWR乗りの方と話をした。
2ヶ月ぐらい滞在予定なんだって。
北海道はこんな人がざらにいるのが恐ろしい(笑)

b0339488_20411633.jpg
523号線のシェルター。
どことなくスペイシー。

b0339488_20413015.jpg
またまた海岸線を目指す。
[PR]
by keen45 | 2014-07-31 21:38 | 201406北海道 | Comments(4)

2014北海道 7日目 羊蹄山

b0339488_22344628.jpg
美笛の朝。

b0339488_2235946.jpg
静かな朝。

b0339488_22352018.jpg
雲が低く立ち込めていて、昨日とはまた違う雰囲気。

b0339488_2235599.jpg
光る水面の美しさ。

b0339488_22353584.jpg
右側湖畔はこんな感じ。

b0339488_22361574.jpg
湖上は少し賑やか。朝マズメを狙い、釣り船が出発し始める。大物狙いの人は湖には珍しくトローリング。

b0339488_22362930.jpg
とりあえず寝起きの一杯。幸せなのです♪
今回はテスト的にイスを持ってこなかった。ひとりキャンプだとテントの中で食事をすることが多いからだ。
とはいえ、外で活動することもあるわけで、座るものがあった方がよい。
そこで、サーマレストのZシートを持ってきた。
クッション性はかなりあるしエア漏れすることもない。
この場所のように砂地でも潜らないし、テントの中でも座布団代わりになる。
ずば抜けたメリットもない気もするが悪くはないと思う。

b0339488_22365313.jpg
雲と光の差し込み方で風景は刻一刻と変る。

b0339488_2237899.jpg
さてと、出発の用意をしますか。
このキャンプ場はゲートオープンがAM7:00なので、それまで出発することが出来ない。その代わり、いつもよりのんびりした朝が楽しめた。

b0339488_22371949.jpg
林間部分のテントサイトはこんな感じ。
ゲートオープン待ってる時にパチリ。

b0339488_22373135.jpg
美笛峠を越えてどこぞのコンビニで朝食。
朝食に野菜ジュースを取ることが多いのだけど、北海道限定のを見つけた。ハスカップ。

b0339488_22374686.jpg
洞爺湖の東側を走る。湖が見れる開けたポイントは少ない。

今回の北海道は過去の北海道で来た所をいくつか回っているが、できるだけ違う道を走るようにしている。この道もそうで、以前は西側を走り、今回は東側。合わせ一周ということ。

b0339488_2238216.jpg
洞爺湖の良さは中島があることが大きいだろう。とてもシンボリック。

b0339488_223815100.jpg
道路の反対側から。

b0339488_2239835.jpg
羊蹄山の南側を走る。
洞爺湖の時と同じで、これで羊蹄山一周ということ。

b0339488_2239208.jpg
傘雲。

b0339488_22393340.jpg
ニセコパノラマラインはここからの眺めがいちばん有名なのではないだろうか。
BSのバイク番組モトライズの北海道ツーの時にもここから撮影してたな。

b0339488_22394414.jpg
峠越えをして岩内の町並みが見えてくる。

b0339488_22395877.jpg
平野部に下りてきた。このまま海沿いへと向かう。

b0339488_2240922.jpg
信号待ちで左を見ると面白い石碑があるではないか。
アスパラは岩内発祥。覚えておこう(笑)
[PR]
by keen45 | 2014-07-30 23:31 | 201406北海道 | Comments(2)

2014北海道 6日目 美笛

b0339488_21573790.jpg
えにわ湖ってあったので行ってみる。

b0339488_21574911.jpg
駐車場からは川しか見ることが出来ない。歩くのはちょっとめんどいのでスルー。

b0339488_215853.jpg
丸駒温泉の方に進むも、特に眺めのいい場所もなく引き返す。

b0339488_21582680.jpg
支笏湖。

b0339488_21583670.jpg
北側の湖畔道路を走る。

b0339488_21585259.jpg
以前、支笏湖に来た時は南側の支笏国道のみしか走らなかった。その支笏国道からは支笏湖が殆ど見えない。なのでたいしてきれいな湖じゃない印象だった。
ところが北側を走ってみるととんでもなく素晴らしい湖なんだと気付く。

b0339488_215947.jpg
三年前に走った時を懐かしみながら支笏国道を走る。
支笏湖から支笏国道が離れていくここを右へ。
インスタグラムのフォロワーさんが薦めてくれた美笛キャンプ場に泊まる。
キャンプした感想を最初に書くが、このキャンプ場は北海道でもトップクラスのキャンプ場だ。おすすめ。

b0339488_2159163.jpg
途中キャンプ場まではダートとなるが、固い土なのでオンロードバイクでも問題ない。

b0339488_21594122.jpg
湖畔沿いはオートキャンパーたちで埋まっていた。しかたなく林間スペースでテントを張ろうと思っていると管理人の方がやって来て、左の奥の方の湖畔にもスペースがあっておすすめですよって教えてくれた。
そして、お客さん今日来て良かったですよ。週末は一面びっしりテントが張られて騒がしいぐらいですからって。
今日のこの静かな雰囲気が本当の美笛です。ゆっくりしていってくださいって♪
なんかうれしくなっちゃうよね♪

b0339488_21595450.jpg
その左側奥の場所。
やば! なんちゅうロケーション。そしてこの湖畔を独り占め状態♪

b0339488_220923.jpg
バイク乗り入れオーケーなのだけど、スタックしそうになり焦るw

b0339488_2203533.jpg
設営完了。
言葉にならないロケーション。
すばらしい。ほんとにすばらしい。

b0339488_221262.jpg
美しい水。

b0339488_2211576.jpg
水位は例年より減水しているそうだ。

b0339488_2212699.jpg
シャワーとコインランドリーで洗濯。どちらも夕方で閉まってしまうのでダッシュで終わらせる。

b0339488_2213860.jpg
小さな波は釣り船の波。

b0339488_221531.jpg
美しすぎる。

b0339488_2221199.jpg
夕飯は売店でくまモンラーメン。
実は閉店時間過ぎちゃってたんだけど、管理人の方がいいですよって開けてくれた。
ここはポットもあるし電子レンジもある。

b0339488_22113929.jpg
風呂も食事も済ませ、気がすむまで風景を眺める。
コーヒーを飲みながら。

b0339488_2256066.jpg
この日のルート。
[PR]
by keen45 | 2014-07-29 23:17 | 201406北海道 | Comments(4)

2014北海道 6日目 ファームヤード

b0339488_205989.jpg
朝風呂へ。
冷たい空気の中に立ち上る湯気がたまらない。

b0339488_20592111.jpg
湯船横のここからぷくぷく湧き出してる。

b0339488_20593564.jpg
下流側を望む。

b0339488_20594751.jpg
入浴♪
ふふ~んw
もう今日はなにもしないでいいかな〜♪
ってウソウソw

b0339488_20595772.jpg
テントに戻りコーヒー一杯。

b0339488_2101030.jpg
さてと、走り始めますか。
鹿の湯、そして国設然別峡キャンプ場駐車場ありがとう(笑)

b0339488_2102327.jpg
山を下り十勝平野に下りると一面霧の世界。

b0339488_2103398.jpg
自衛隊駐屯地横を通ってたら61式戦車発見。パチリ。

セブン-イレブンで朝食をとり西へ向かう。

b0339488_2104673.jpg
狩勝峠から十勝平野を見る。
十勝平野だけに雲がたまってる。濃霧の原因はあれだったんだね。

b0339488_211127.jpg
道の駅南ふらののラベンダー。
シーズンにはもうちょいだな。

b0339488_2111527.jpg
なかやま湖。
ラベンダー畑越しにキレイな湖を望む。
ラベンダー、やっぱり時期が早いな。

b0339488_211263.jpg
道の駅しむかっぷでソフト♪
国産アメリカンで初北海道の方と話す。
少し興奮気味に話してくれて、うんうん、そうそうって色々話した。
北海道楽しんでてこっちも嬉しくなる(笑)

b0339488_2113681.jpg
274号線。

b0339488_211498.jpg
お昼はファームヤードさん。
おしゃれなお店で、スイーツも充実していて女性客が多かった。

b0339488_212232.jpg
農場直営レストランで広大な畑の中にある。

b0339488_2123023.jpg
北海道の新鮮な食材料理が売り。
まずはサラダ。

b0339488_2124678.jpg
いちばんのおすすめと言われたスープスパイスを注文。数種類のスープスパイスがあり辛さも選べる。
野菜が新鮮で大きくて量もある。
気に入った。おすすめ♪

b0339488_213317.jpg
田園地帯を走る。

b0339488_2132159.jpg
道北の寒さが嘘のよう。
夏の気配だ。

b0339488_2145123.jpg
千歳市街を抜ける時に百均発見。
持病と言ってもいい左親指の爪の割れが悪化。
瞬間接着剤を買う。選んだ銘柄はなんとなくカッコいいイメージのロックタイト。
夜、テントの中で治そう♪
[PR]
by keen45 | 2014-07-28 21:51 | 201406北海道 | Comments(2)