アサクフカク

<   2014年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2014北海道 7日目 磯谷牧場

b0339488_20354598.jpg
ソーランライン

b0339488_20361929.jpg
岩肌がどことなくジュラシックパークチック。

b0339488_20363347.jpg
ジャリの広場で。

b0339488_20364811.jpg
マップルを見ると磯谷牧場という展望の良い場所があると書いてある。舗装路と書いてあるのでこの道から入るのかな?

b0339488_20365921.jpg
残念、ダートになってしまったしこの先は畑みたい。

b0339488_20371425.jpg
しぶしぶ引き返す。でも、こんな風景は嫌いじゃない。

b0339488_20373135.jpg
この辺りの何処かの道から入るはずなんだけどなかなか見つからない。
食べ物屋さんの方に聞いてみると、牧場はもう経営していないとのこと。
うーん、もう行くことは出来ないのかな?

今度はバス停で待っている女性の方に聞いてみると、やっぱり牧場はもう無くなっているとの事。そこへ行く道路も工事してる状態だしと教えてくれた。
でも、眺めのいい高台はあると新情報。たぶんそれだ。
その場所を聞こうと思ったところでバスが到着。あらら、聞きそびれた…

b0339488_20374567.jpg
もうやっていない牧場への工事中の道にやってきた。ここを進んでみることにしたが、走り始めてすぐに工事関係者のライトバンがバックしてきたので、この道は走っていけるか聞いてみる。
運転手の方はWRのタイヤを見て、やめておいたほうがいいと言う(笑)
では、牧場はありますかと聞くとこの先には無いそうだ。うーん、こまった…
眺めのいい場所に行きたいんですけどと言うと、
あそこのことかなぁ?よし、連れて行ってあげるよ。付いてきな。って♪
車の後をWRでついていく。

道は一本道ではなく、えっ、ここを曲がるの?!みたいな所をいくつか通り過ぎる。こりゃひとりで探してても分からんぞ(汗)
20分ぐらい走っただろうか?車の方は仕事中なのに俺の道案内をしていて大丈夫なんだろうかと心配し始めた頃、開けた高台の場所で車は停まった。

b0339488_20381437.jpg
うひゃー、とてもいい眺め。マップルに載っていた眺めのいい磯谷牧場とはここのことだろう。

WRを降り、ひとり、わーぎゃー感動していると、車の男性の方が、いい眺めでしょって♪
仕事中に案内してもらってありがとうございます。来ることができて良かったですとお礼を言うとその男性は、
俺も久しぶり見てみたかったからさ、それじゃね、って、ほとんど風景を見ないで車に乗り込み引き返していった。
く〜〜〜!
俺が女だったら完全に惚れてるな(笑)

b0339488_20383611.jpg
バイクをここに停め、

b0339488_20385168.jpg
斜面に伸びる車の轍を発見したので徒歩で登ってみる。

b0339488_2039212.jpg
ここを登ったのは四駆の軽トラとみた。

b0339488_20391356.jpg
頂上付近に到着。

b0339488_20392983.jpg
いい眺め。
流れているのは尻別川。

b0339488_20394872.jpg
川は日本海へ。

b0339488_2040459.jpg
歩いてきた方向。
しばらく風景を楽しんだ後、戻り始める。

b0339488_20401682.jpg
WRと尻別川。

b0339488_20403314.jpg
WRで来た道を戻る。
頂上付近はなかなかいい雰囲気の道。

b0339488_20405319.jpg
ソーランラインを南下し少し内陸の道の駅くろまつないで昼食。
ほんとはピザを食べようと思ったのだけど待ち時間が長くパンに変更。

ここでは珍しくWR乗りの方と話をした。
2ヶ月ぐらい滞在予定なんだって。
北海道はこんな人がざらにいるのが恐ろしい(笑)

b0339488_20411633.jpg
523号線のシェルター。
どことなくスペイシー。

b0339488_20413015.jpg
またまた海岸線を目指す。
[PR]
by keen45 | 2014-07-31 21:38 | 201406北海道 | Comments(4)

2014北海道 7日目 羊蹄山

b0339488_22344628.jpg
美笛の朝。

b0339488_2235946.jpg
静かな朝。

b0339488_22352018.jpg
雲が低く立ち込めていて、昨日とはまた違う雰囲気。

b0339488_2235599.jpg
光る水面の美しさ。

b0339488_22353584.jpg
右側湖畔はこんな感じ。

b0339488_22361574.jpg
湖上は少し賑やか。朝マズメを狙い、釣り船が出発し始める。大物狙いの人は湖には珍しくトローリング。

b0339488_22362930.jpg
とりあえず寝起きの一杯。幸せなのです♪
今回はテスト的にイスを持ってこなかった。ひとりキャンプだとテントの中で食事をすることが多いからだ。
とはいえ、外で活動することもあるわけで、座るものがあった方がよい。
そこで、サーマレストのZシートを持ってきた。
クッション性はかなりあるしエア漏れすることもない。
この場所のように砂地でも潜らないし、テントの中でも座布団代わりになる。
ずば抜けたメリットもない気もするが悪くはないと思う。

b0339488_22365313.jpg
雲と光の差し込み方で風景は刻一刻と変る。

b0339488_2237899.jpg
さてと、出発の用意をしますか。
このキャンプ場はゲートオープンがAM7:00なので、それまで出発することが出来ない。その代わり、いつもよりのんびりした朝が楽しめた。

b0339488_22371949.jpg
林間部分のテントサイトはこんな感じ。
ゲートオープン待ってる時にパチリ。

b0339488_22373135.jpg
美笛峠を越えてどこぞのコンビニで朝食。
朝食に野菜ジュースを取ることが多いのだけど、北海道限定のを見つけた。ハスカップ。

b0339488_22374686.jpg
洞爺湖の東側を走る。湖が見れる開けたポイントは少ない。

今回の北海道は過去の北海道で来た所をいくつか回っているが、できるだけ違う道を走るようにしている。この道もそうで、以前は西側を走り、今回は東側。合わせ一周ということ。

b0339488_2238216.jpg
洞爺湖の良さは中島があることが大きいだろう。とてもシンボリック。

b0339488_223815100.jpg
道路の反対側から。

b0339488_2239835.jpg
羊蹄山の南側を走る。
洞爺湖の時と同じで、これで羊蹄山一周ということ。

b0339488_2239208.jpg
傘雲。

b0339488_22393340.jpg
ニセコパノラマラインはここからの眺めがいちばん有名なのではないだろうか。
BSのバイク番組モトライズの北海道ツーの時にもここから撮影してたな。

b0339488_22394414.jpg
峠越えをして岩内の町並みが見えてくる。

b0339488_22395877.jpg
平野部に下りてきた。このまま海沿いへと向かう。

b0339488_2240922.jpg
信号待ちで左を見ると面白い石碑があるではないか。
アスパラは岩内発祥。覚えておこう(笑)
[PR]
by keen45 | 2014-07-30 23:31 | 201406北海道 | Comments(2)

2014北海道 6日目 美笛

b0339488_21573790.jpg
えにわ湖ってあったので行ってみる。

b0339488_21574911.jpg
駐車場からは川しか見ることが出来ない。歩くのはちょっとめんどいのでスルー。

b0339488_215853.jpg
丸駒温泉の方に進むも、特に眺めのいい場所もなく引き返す。

b0339488_21582680.jpg
支笏湖。

b0339488_21583670.jpg
北側の湖畔道路を走る。

b0339488_21585259.jpg
以前、支笏湖に来た時は南側の支笏国道のみしか走らなかった。その支笏国道からは支笏湖が殆ど見えない。なのでたいしてきれいな湖じゃない印象だった。
ところが北側を走ってみるととんでもなく素晴らしい湖なんだと気付く。

b0339488_215947.jpg
三年前に走った時を懐かしみながら支笏国道を走る。
支笏湖から支笏国道が離れていくここを右へ。
インスタグラムのフォロワーさんが薦めてくれた美笛キャンプ場に泊まる。
キャンプした感想を最初に書くが、このキャンプ場は北海道でもトップクラスのキャンプ場だ。おすすめ。

b0339488_2159163.jpg
途中キャンプ場まではダートとなるが、固い土なのでオンロードバイクでも問題ない。

b0339488_21594122.jpg
湖畔沿いはオートキャンパーたちで埋まっていた。しかたなく林間スペースでテントを張ろうと思っていると管理人の方がやって来て、左の奥の方の湖畔にもスペースがあっておすすめですよって教えてくれた。
そして、お客さん今日来て良かったですよ。週末は一面びっしりテントが張られて騒がしいぐらいですからって。
今日のこの静かな雰囲気が本当の美笛です。ゆっくりしていってくださいって♪
なんかうれしくなっちゃうよね♪

b0339488_21595450.jpg
その左側奥の場所。
やば! なんちゅうロケーション。そしてこの湖畔を独り占め状態♪

b0339488_220923.jpg
バイク乗り入れオーケーなのだけど、スタックしそうになり焦るw

b0339488_2203533.jpg
設営完了。
言葉にならないロケーション。
すばらしい。ほんとにすばらしい。

b0339488_221262.jpg
美しい水。

b0339488_2211576.jpg
水位は例年より減水しているそうだ。

b0339488_2212699.jpg
シャワーとコインランドリーで洗濯。どちらも夕方で閉まってしまうのでダッシュで終わらせる。

b0339488_2213860.jpg
小さな波は釣り船の波。

b0339488_221531.jpg
美しすぎる。

b0339488_2221199.jpg
夕飯は売店でくまモンラーメン。
実は閉店時間過ぎちゃってたんだけど、管理人の方がいいですよって開けてくれた。
ここはポットもあるし電子レンジもある。

b0339488_22113929.jpg
風呂も食事も済ませ、気がすむまで風景を眺める。
コーヒーを飲みながら。

b0339488_2256066.jpg
この日のルート。
[PR]
by keen45 | 2014-07-29 23:17 | 201406北海道 | Comments(4)

2014北海道 6日目 ファームヤード

b0339488_205989.jpg
朝風呂へ。
冷たい空気の中に立ち上る湯気がたまらない。

b0339488_20592111.jpg
湯船横のここからぷくぷく湧き出してる。

b0339488_20593564.jpg
下流側を望む。

b0339488_20594751.jpg
入浴♪
ふふ~んw
もう今日はなにもしないでいいかな〜♪
ってウソウソw

b0339488_20595772.jpg
テントに戻りコーヒー一杯。

b0339488_2101030.jpg
さてと、走り始めますか。
鹿の湯、そして国設然別峡キャンプ場駐車場ありがとう(笑)

b0339488_2102327.jpg
山を下り十勝平野に下りると一面霧の世界。

b0339488_2103398.jpg
自衛隊駐屯地横を通ってたら61式戦車発見。パチリ。

セブン-イレブンで朝食をとり西へ向かう。

b0339488_2104673.jpg
狩勝峠から十勝平野を見る。
十勝平野だけに雲がたまってる。濃霧の原因はあれだったんだね。

b0339488_211127.jpg
道の駅南ふらののラベンダー。
シーズンにはもうちょいだな。

b0339488_2111527.jpg
なかやま湖。
ラベンダー畑越しにキレイな湖を望む。
ラベンダー、やっぱり時期が早いな。

b0339488_211263.jpg
道の駅しむかっぷでソフト♪
国産アメリカンで初北海道の方と話す。
少し興奮気味に話してくれて、うんうん、そうそうって色々話した。
北海道楽しんでてこっちも嬉しくなる(笑)

b0339488_2113681.jpg
274号線。

b0339488_211498.jpg
お昼はファームヤードさん。
おしゃれなお店で、スイーツも充実していて女性客が多かった。

b0339488_212232.jpg
農場直営レストランで広大な畑の中にある。

b0339488_2123023.jpg
北海道の新鮮な食材料理が売り。
まずはサラダ。

b0339488_2124678.jpg
いちばんのおすすめと言われたスープスパイスを注文。数種類のスープスパイスがあり辛さも選べる。
野菜が新鮮で大きくて量もある。
気に入った。おすすめ♪

b0339488_213317.jpg
田園地帯を走る。

b0339488_2132159.jpg
道北の寒さが嘘のよう。
夏の気配だ。

b0339488_2145123.jpg
千歳市街を抜ける時に百均発見。
持病と言ってもいい左親指の爪の割れが悪化。
瞬間接着剤を買う。選んだ銘柄はなんとなくカッコいいイメージのロックタイト。
夜、テントの中で治そう♪
[PR]
by keen45 | 2014-07-28 21:51 | 201406北海道 | Comments(2)

ご挨拶

b0339488_227547.jpg
2007年3月より早7年4ヶ月続けてきたブログ、アサイ?フカイ?http://keen44.exblog.jpですが、写真容量制限いっぱいになり、アップロードできなくなりました。
よって、新たにブログを立ち上げ、今後はこのブログを更新していきます。
ブログタイトルは少し変え、アサクフカク。
内容は今までどおり好きなことを浅く深く書いていくことに変わりはありません。
今後とも宜しくお願いします。
[PR]
by keen45 | 2014-07-27 22:26 | ひとりごと | Comments(6)