アサクフカク

<   2016年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

軽量化あれこれ

b0339488_21074851.jpg

鳳凰山や北岳をテントを背負って登頂することはできたがしんどいのはしんどい。
できればもっと軽い装備で挑みたいのが本音。
なので少し軽量化を図ってみた。

黒いのは新しく買ったモバイルバッテリー、ANKER PowerCore 1000。重量は180g。
今使っているのが同じく1000mAhだが重量が265g。
85gの軽量化。おまけにサイズは2/3。

銀色のは分離できるキーホルダー。APクイックリリースキーホルダー。
いつも鍵は車、家、仕事場、の三つをひとつにしていて、登山のときも全て持っていっていた。
このキーホルダーなら、登山開始時車の鍵のみを分離し持っていけばよい。
45gの軽量化。

ここからは写真は撮っていないがいくつか書いていく。

ピロー用のすべり止めを1/3のサイズにカット。
小さなレジャーシートも持っていっていた。
合計100gの軽量化。

GPSロガーの廃止。
iPhoneでYAMAPやRuntasticを使いログが取れるので。
ロガーと電源の単三電池の合計で132gの軽量化。

イヤホン廃止
20gの軽量化。

小型のモバイルバッテリー廃止
70gの軽量化。

三脚廃止。
300gの軽量化。

サングラスカバー
54gの軽量化。

日焼け止めは朝塗ったら置いていく。
50gの軽量化。

ゲイターは置いていく。
129gの軽量化。

全て合計すると985gの軽量化!
ちりも積もればなんとやらだ。

これはざっと見直しただけなので、もっと詰めていけばさらなる軽量化ができるのは間違いないだろう。

たとえばカロリーメイトの外箱は捨てていくとか、食料は毎回余るのでピッタリしか持っていかないとか。ウエットティッシュは持って行かないでロールペーパーのみにするとか、ロールペーパーは少量のみ持って行くとか、ストックを廃止するとかね。

なんか必要じゃないんじゃないかと頭に思い浮かんだものはほぼ必要ないような気がしてきた。

ま、あまり切り詰めると登山が楽しくなくなるからバランスを考えながらやっていこう。



[PR]
by keen45 | 2016-09-24 22:18 | 道具 | Comments(2)

アタックザックという選択肢

b0339488_11545986.jpg

山頂近くのテント場からテントを張りっぱなしにしてピークを狙うとき、体の負担を減らすため最小限の荷物だけを持って行くことになる。
いつもはテント場まで背負ってきたGREGORYのスタウト45をできるだけコンプレッションして使っているのだが、アタックザックという別の軽いザックを持ってきてピークを目指すという選択肢もある。
アタックザックのほうが軽いなら迷わずアタックザックを使うべきと思いがちだが、テント場までの道のりにそのアタックザック分の重量が増えるわけで、トータルで登山を考えるとどっちもどっちといえる。

前回の北岳登山もこのテント場からピークを狙うパターンで、近いうちにまた同じパターンの山に行く予定ができた。
そこであらためてアタックザックを調べてみた。

各ザックメーカーがアタックザックを当然だしているので重量を調べてみる。
多くは200gから300g台が多い。
ちなみにテント場まで背負っていくスタウト45は1440g。
アタックザックめちゃくちゃ軽いじゃん!と思われるかもしれないが、登山のザックはできるだけ軽くしたく、この重量はそれなりに嫌な重量なのだ。

モンベルにバーサというほぼ世界最軽量のレインウェアがある。
そのバーサの名でザックがあるのを見つけた。
バーサライトパック15。

容量は15L、パッドはまったく無いのでむちゃくちゃコンパクトにたため、ハイドレーション対応のポケットもある。
そして重量は驚きの100gを切る99g!
これならテント場までの登山も、いつもの重量の誤差と言っていいレベル。

さっそくオンラインストアでポチッ。

バーサのデビュー、それは天気次第だが今月末の奥穂高だ。


[PR]
by keen45 | 2016-09-16 12:52 | 道具 | Comments(0)

山の本

b0339488_17174530.jpg

現代の登山者は日本百名山にこだわる人がとても多い。
山はこの百座のみではないわけで、もっと自由な登山をしたほうがいいと思う。
とはいえ、ワタシも日本百名山をメインに登るようになっているわけで、この百座は魅力的な山ばかりなのを登山をする人は皆知っている。

日本百名山とは何か。
それは小説家で登山家の深田久弥が自身の登山歴の中から百座を選びぬき本にした日本百名山がすべての始まり。

現在、日本百名山登山のガイド本はいくつも出版されていてワタシも持っているが、そのどれもが深田久弥が選んだ日本百名山と同じ山なわけである。

その、おおもとの日本百名山を読んでみた。

内容はストーリーのある物語ではなく、それぞれの山だけで完結する短編集のようなもの、いや違うな、簡単な地図や写真があったりするので当時のガイドブックと言っていいだろう。
なのでどこから読んでも、気になる山だけ読んでも問題ない。

時代は戦前からの登山だったりするので、現在はあるロープウェイがまだ無かったり、道路が開通してなかったりで、現代のガイドブックとして使うことは無理。
逆に、現代とは違うルート、工程での登山はとても新鮮であり羨ましく思う。
足元は地下足袋にわらじだったとか、山小屋ではなくダムだったか電気だったかの管理棟のような所に宿泊させてもらったとか、現代の登山からするとどういうシステムなん?と思ってしまうおおらかな時代だったようだ。

今後日本百名山を登る時、この本のその山の部分を読み返す。
そして登山中、深田久弥の歩いたルートを眺めたり、時には同じ登山道を歩いて当時を想像してみようと思う。


[PR]
by keen45 | 2016-09-14 18:21 | | Comments(0)

あらま、いい映画だった。

b0339488_18424073.jpg

イオンシネマのドコモチューズデーで映画を観てきた。
携帯クーポンを見せるのだけど、どこに見せるクーポンがあるのか分かりにくいよね。

映画は思っていた以上にいい映画で涙腺が…
て、ワタシは血も涙もない人間なのでそんなことはあるはずはない!
でも事実、ハンカチを取り出すはめに(笑)
いい映画だった。


[PR]
by keen45 | 2016-09-13 18:55 | 映画 | Comments(0)

ウォーキング再開

b0339488_22132822.jpg

昼はモスバーガー行ってリッチモス。
やっぱ美味い。
その後2時間ほど本を読む。
幸せな時間だ。

て、そんな事はどうでもよくて本題。

先日の北岳・間ノ岳登山から帰ってきて2日後、足の爪を切っていて薬指の爪を切ろうとして爪を触ると、ぴゅーって膿が垂れるぐらい出た。
あっ、食べ物の話のあとに大変申し訳無い。
それが両足の薬指から!
何で同じ両足の薬指からなのかはよくわからないが多分爪は生え変わるだろう。
それがあったので10日間ほどウォーキングを控えていた。
でも痛みは全く無く、もう行けそうということで今日からまた10km歩いてみた。
爪は全く問題なかった。
色は変わりつつあるけど(笑)
それよりも厄介なことは、右ひざが痛くなった。(またかよ!)
ま、ぶっ壊れているのでしょうがないんだけど、びっこひく歩き方になってしまうほどなので面倒くさい。
まだ山歩きは続けたい。
ひざ、がんばれ!
お前はできる子なんだから(笑)


[PR]
by keen45 | 2016-09-12 22:38 | ウォーキング | Comments(2)

Helinoxポールのキャップ

b0339488_20201129.jpg

先日の北岳、間ノ岳登山から下山中、ポールを持ち上げる時に引きぬく感触があった。
もしや?とポールの先端を見るとラバーキャップが無くなっていた。
歩いてきた道を少し戻ってポールを付いた場所を探してみたけれど見つからず。
たぶん結構前から無くなっていて、土に刺さったこの時に気がついたのだろう。

本来このカバーは付けなくても問題ないものなのだが、木道だったり、自然保護の観点から付けることが基本になっているようだ。
広河原登山口にもカバーは付けましょうと看板があった。

山から帰ってきてHelinoxの代理店であるモンベルのサイトを覗くとありました。
ウォーキングチップという名前で¥750(税別)。
モンベル会員なので送料無料ということで迷わずポチ。

これでまた山に行ける。
んだけど…

天気悪いね。
来週土曜まで雨。

夏から天気悪い日多いよなぁ…


[PR]
by keen45 | 2016-09-11 20:37 | 道具 | Comments(0)

北岳・間ノ岳 3日目 下山

b0339488_17004613.jpg

学生組はやっぱり2時半に目覚ましを鳴らしていた。
それとは関係なくぐっすり眠れなかった。
初日の暴風の時の方が寝れたワタシの身体はどうなってるんだ?(笑)

5時前に目覚めてテントから顔を出し空を見る。
雲なし!
ショーの始まりだ。

日が昇ってくる。


b0339488_17004626.jpg



b0339488_17005767.jpg

雲の上でのテント泊。
たまらない!


b0339488_17005752.jpg



b0339488_17005836.jpg



b0339488_17005869.jpg



b0339488_17005851.jpg



b0339488_17215179.jpg



b0339488_17215166.jpg



b0339488_17215131.jpg

それぞれテントを背負ってここで朝日を見てる。
勝手に仲間意識をもってしまった。
ワタシも少しは登山者の仲間入りができているかな?


b0339488_17215193.jpg

この辺の写真、広告とかに使えるんじゃ?
うそうそ、世の中そんなに甘くないの知ってます(笑)
でもけっこう気に入ってる。


b0339488_17220355.jpg



b0339488_20035605.jpg


b0339488_17220375.jpg

日の出を見る前に朝食は終わっていたのでテントを片付け始める。
6時ぐらいに下山開始。

頭痛もまだあるのでどこか寄ったりしないで下山するのみ。
余裕を持って2時のバスには乗りたい。


b0339488_17220318.jpg



b0339488_17220329.jpg

八本歯のコル。
丸太はしご頑張るぞー


b0339488_17220388.jpg

八ヶ岳綺麗に見えてるな〜


b0339488_17221264.jpg

頑張った。
頑張ったら2時のバスどころか11時にバス停に到着してしまった(笑)

乗り合いタクシーの呼び込みに乗る。
値段は1200円。
バスとほぼ変わらない。

芦安駐車場の車に戻る。
つくづく思ったんだけど車っていいね。
しんどい時にはオアシスに思える。

さぁ、風呂行こ♪


b0339488_17221228.jpg

韮崎旭温泉。
鳳凰山に行った帰りに定休日で入れなかった、前々から行きたかった温泉。

お世辞にも素敵とはいえない外観だがここのお湯は知る人ぞ知る名湯らしい。
楽しみ楽しみ♪

体を洗い温泉に入る。
おっ!おぉっ!
透明なお湯だが、ぬるぬる♪いいじゃん!
うぉ〜〜!
そして泡が半端ない。
とってもとっても泡が肌に出来てくる。
じゃぁこれは炭酸泉かといえばそうではないらしい。
気体的な成分が飽和状態になっている事が理由らしい。(詳しくは各自調べて笑)

もし一生一種類の温泉にしか入れないとしたらどれにする?
ワタシはここのお湯がいい。
それくらい気に入った。


b0339488_20003173.jpg

今回の登山ログ。


b0339488_20003156.jpg



b0339488_20003196.jpg



b0339488_20003189.jpg

3日間のRuntasticデータ。
1日のカロリーが約2,500ほど。
歩いていない時の消費カロリーも考えると3,000は取らなければいけない。
山で食欲のなくなるワタシはどうにかして高カロリー摂取方法を考えなければ。

高所でのテント二泊の山旅は、動けなくなるといったことはなかったが、頭痛がしたし、酸素が薄いためと思われる疲労度があった。
今後このあたりのことを克服していきたい。
だってさ、また行きたいじゃない。
こんなたまらない風景見れちゃうんだから♪

おわり


[PR]
by keen45 | 2016-09-10 21:05 | 20160831_北岳・間ノ岳 | Comments(6)

北岳・間ノ岳 2日目 ふたたび北岳山荘へ

b0339488_20410245.jpg

ガスの中、北岳山荘を目指す。


b0339488_20410200.jpg

いい稜線だ。
山!って感じ。


b0339488_20410355.jpg
 


b0339488_20410360.jpg



b0339488_20410380.jpg



b0339488_20410393.jpg

間ノ岳からこの辺まで70ぐらいの男性と一緒に歩いてきた。
たまには話をしながら歩くのもいいものだ。

でも、ペースがワタシより全然早いのである。
しんどくなってきたので先に行ってもらった。

その方は小さく写っている。


b0339488_17003754.jpg



b0339488_17003701.jpg

ガスに包まれる荒い岩肌の雰囲気がすごい。
あらためてこんな所歩いてることに驚く。


b0339488_17003734.jpg



b0339488_17003870.jpg

中白峰まで戻ってきた。
行きは巻道を通ったので今回は上まで行ってみる。


b0339488_17003821.jpg

ここでも3,000m越えなんだね。


b0339488_17003805.jpg

体力がしんどくなってきた。
ガスの晴れた所に北岳山荘が現れてくれと願いながら歩く。


b0339488_17004667.jpg

見えた!北岳山荘!
テントも張ったままだしあとは飯食って寝るだけ♪


b0339488_17004690.jpg

夕飯準備。
夜はマジックライス。
15分かかるけど朝と違いたっぷり時間あるからね。

この日はずっとガスっていて夕日も見ることは出来ず。
8時には眠りについた。

3日目につづく


[PR]
by keen45 | 2016-09-09 17:21 | 20160831_北岳・間ノ岳 | Comments(2)

北岳・間ノ岳 2日目 間ノ岳へ

b0339488_16370094.jpg

間ノ岳
標高3,189m
日本百名山

近くにある北岳の方が高いため、少し知名度が低いかもしれないが、日本第四位の標高を誇る。

北岳山頂からの長い稜線歩きで間ノ岳を目指す。

富士山に稜線はないので、日本第二位北岳から伸びるこの稜線が日本で一番高い稜線ということになる。


b0339488_16370080.jpg



b0339488_16370045.jpg



b0339488_16370181.jpg



b0339488_16370122.jpg



b0339488_20390973.jpg

テントを張ったままにしてある北岳山荘が見えてきた。
ちょっと寄り道してテントの通気口を開け、入口をメッシュにしてまた歩き始めた。


b0339488_20391048.jpg

これ、失敗写真じゃないよ。
真ん中あたりの黒いやつ、雷鳥!
人生初雷鳥!

確か北岳山荘付近で保護されていて、夜はケージに入れていたと思う。
だからなのか登山道脇にいて全然逃げなかった。
だからと言ってあまり近づかないようにて早めにその場を離れた。


b0339488_20391074.jpg

この花好きだな。
なんて言うの?
小さくておしとやかな感じ。
自分にない雰囲気だから惹かれるんだろうな。


b0339488_20391083.jpg

間ノ岳に行く途中にある大きめのピーク中白峰。
あれが間ノ岳だったら楽なのになぁとへたれな妄想をしながら歩く(笑)


b0339488_20391069.jpg

振り返って北岳を望む。
東からは誰か火を炊いてるんじゃないかってぐらいモクモクとガスが登ってきた。
これがこの日最後に見た北岳となる。


b0339488_20391111.jpg

あの一番高い所が間ノ岳。

マジかよ!
あそこまで行って戻ってくるんだけど遠くないか?
ま、がんばろう。


b0339488_20395231.jpg



b0339488_20395281.jpg

稜線の東側のみ綺麗にガスっている。
山の風景は雄大。

この稜線を進む。


b0339488_20395298.jpg

Helinoxポールを使っているのだけど、今回の山旅でけっこう使っている人を見た。
ハイエンドのとても良いポールだと思う。


b0339488_20395209.jpg

稜線から崖下を見る。
転がり始めたら止まらなそう。


b0339488_20395231.jpg



b0339488_20395392.jpg



b0339488_20400415.jpg

山頂に柱が立っている。
間違いない、あれが間ノ岳だ。


b0339488_20400486.jpg



b0339488_20400413.jpg

間ノ岳登頂!
意外だったのは山頂がけっこうなだらかだったこと。


b0339488_20400585.jpg

行動食を食べたり少しゆっくりした。
あとはテントを張ったままの北岳山荘に戻るだけだから。

この先には農鳥岳がある。
今回は自分の体力のことを考え北岳山荘に戻るが、いつの日か農鳥を通る縦走にチャレンジしてみたい。


b0339488_20400549.jpg



b0339488_20400518.jpg

さらば間ノ岳。

テント場に向かい歩き始める。
振り返ると霧の中に間ノ岳が消えていった。

つづく


[PR]
by keen45 | 2016-09-08 21:32 | 20160831_北岳・間ノ岳 | Comments(4)

北岳・間ノ岳 2日目 北岳山頂へ

b0339488_20145039.jpg

結局朝まで暴風は続き何度も目を覚ましうつらうつら寝る夜となった。
そんな中驚いたことがひとつ。

暗い中目覚ましが聞こえる。
これはたまにあることで迷惑だけどまたねって感じでまぁ慣れっこになっている。
その目覚ましの時間は大概3時半。
今日も3時半組が居るんだなと時計を確認すると2時半!
過去のテン泊での最も早い目覚まし時間だった(笑)

暴風でテント膜に体をバンバン叩かれながらもう一度寝る。

目が覚めると外が明るい。
時計を見ると5時。
まじか!こんな暴風の中でよく眠れたなと自分に感心(笑)

すぐに外に飛び出し朝一の大イベントスタート。

日の出が始まった。


b0339488_16583498.jpg


b0339488_16584680.jpg


b0339488_20150061.jpg


b0339488_20150043.jpg


b0339488_16362689.jpg

日の出と富士山。


b0339488_16362690.jpg

焼ける北岳山荘。


b0339488_16362615.jpg

太陽がだいぶ登ったところで朝食。
いつものことなのだけど、山を登ると食欲がなくなる。
でもカロリーを消費するので通常より多く食べなければいけない。
1日3000カロリーは取らなければ。
でもなかなか喉を通らない。
1日目の朝の分はバナナを持ってきているのだけど、バナナはいいね。食べやすい。
でもなぁ、重いんだよなぁ…

6時半ごろ北岳山頂に向けて登山開始。


b0339488_16362628.jpg



b0339488_16362684.jpg

北岳山荘がだいぶ小さくなってきた。


b0339488_16362699.jpg

北岳を越えてきた人たちも続々とやってくる。


b0339488_16363690.jpg



b0339488_16363623.jpg



b0339488_16363796.jpg

さぁ、もう少し!


b0339488_16363763.jpg

岩場の登ると上に伸びる稜線が無くなり立て看板のある場所で人々が休んでいる。
来たのか?来たんだよな?!

日本第二位、北岳登頂だぁ!!!!!


b0339488_16364942.jpg

三角点!
ひゃっほ〜〜〜!


b0339488_16363751.jpg

流れる雲で暴風だったのが分かる。

富士山がよく見える。

この景色、日本一の景色だって知ってました?
北岳は日本第二位の山。
と言うことは、日本で一番高い場所から富士山を眺められる場所なんです!

ま、この知識はNHKの山番組でやってたのをこの前観て知ったんですけどね(笑)


b0339488_16363713.jpg


b0339488_16364930.jpg

山頂から間ノ岳方面。


b0339488_16364917.jpg

えーと、あれは甲斐駒でいいのかな?
その奥には八ヶ岳。

この日は快晴で遠くの山までよく見えた。

すべての山が見えた!


b0339488_16364906.jpg

7月に登った鳳凰山。


b0339488_16364975.jpg

これは仙丈ヶ岳でいいのかな?
登ったことのない山はイマイチ不安。


b0339488_16365024.jpg

標高3,193m。
ほんとにやっちまったんだな♪


b0339488_16370059.jpg

チタン埋め込み男、

北岳山頂に立つ。

つづく


[PR]
by keen45 | 2016-09-07 17:57 | 20160831_北岳・間ノ岳 | Comments(4)