アサクフカク

<   2017年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雪頭ヶ岳、鬼ヶ岳、王岳 その1

b0339488_21545416.jpg

鬼ヶ岳 標高1,738m
富士五湖北に連なる御坂山塊のナンバー3。一位は黒岳、二位は三ツ峠山。
今回は鬼ヶ岳に登るが、その前後にある雪頭ヶ岳、王岳も一緒に登る。
二週間前に登ったパノラマ台から見えた霧氷に覆われた山である。



b0339488_21544142.jpg

前日夜に西湖西駐車場で車中泊。
まだ暗い5時起床、6時20分活動開始。



b0339488_21544122.jpg

登山口は民家の横の林道を進んでいく。



b0339488_21544232.jpg

さっそく雪。
踏み跡を見る限り先行者はいない。



b0339488_21544229.jpg

やっと日が差し込んできた。
毎度のことながらありがたいものである。



b0339488_21544261.jpg




b0339488_21544336.jpg




b0339488_21545499.jpg

おっと、ロープ場現る。



b0339488_21545588.jpg




b0339488_21545560.jpg




b0339488_21545562.jpg

ザクザク楽しい♪



b0339488_21550905.jpg

雪頭ヶ岳到着♪
ここは展望が開ける。



b0339488_21545694.jpg

いい眺めだぁ♪
手前が西湖、西湖と富士山の間にはこんな山塊があったんだね。




b0339488_21550795.jpg

西を見れば二週間前に登ったパノラマ台。更にその奥には南アルプス。



b0339488_21550843.jpg

青木ヶ原樹海



b0339488_21550883.jpg




b0339488_21550959.jpg

ザクザク先へ進む。



b0339488_21550967.jpg




b0339488_21551714.jpg

スキーをしているわけではないよ♪



b0339488_21551829.jpg




b0339488_21551838.jpg

雪のロープ場。
すでにロープ場二個目。なにげにデンジャラス。




b0339488_21551806.jpg

なんかピークに出た。
中央付近の枝に何かぶら下がってる。



b0339488_21551870.jpg

雪頭ヶ岳だって。
なるほど、ここが本当の雪頭ヶ岳山頂なんだね。
登頂!(笑)

つづく





[PR]
by keen45 | 2017-02-28 22:34 | 登山 | Comments(0)

西丹沢 加入道山、大室山 その3

b0339488_18065675.jpg



b0339488_18065580.jpg

犬越路方面へ下山していく。


b0339488_18070953.jpg



b0339488_18070922.jpg

下山するだけだと思ったら鎖場の登りなんかが現れたりする。


b0339488_18070986.jpg



b0339488_18071030.jpg

犬越路到着。
歩いてきた方向を振り返る。
とてもしっかりとした緊急避難小屋がある。


b0339488_18071079.jpg

緊急避難小屋内部。
とても綺麗すぎて避難だけじゃなく住みたくなる(笑)


b0339488_18071058.jpg

東側を見る。
こちらを進んでいくと檜洞丸。
今回は用木沢出合に下っていく。


b0339488_18072510.jpg

なにげにデンジャラス。


b0339488_18072540.jpg



b0339488_18072670.jpg

最後の最後に鉄橋の登山道が。
登山道としてのこれだけ立派な鉄橋は見たことがない。


b0339488_18072699.jpg

無事に西丹沢自然教室に下山。
久しぶりのなかなかハードなルートだったけど、まぁ特に問題なし。


b0339488_18074446.jpg

この日のルート。

おしまい


[PR]
by keen45 | 2017-02-22 23:01 | 登山 | Comments(2)

西丹沢 加入道山、大室山 その2


b0339488_18132155.jpg



b0339488_18132289.jpg



b0339488_18132298.jpg

とても綺麗な木道階段。
少ないアイゼンの跡からしても去年新造されたものだろう。


b0339488_18064197.jpg



b0339488_18064112.jpg



b0339488_18064238.jpg

相模湾


b0339488_18064278.jpg

手前が歩いてきた山、真ん中がもちろん富士山、右が南アルプス、左が年末登った愛鷹山。


b0339488_18064202.jpg

山頂に到着♪
大室山の山頂は展望が開けない。
なのでささっと引き返す。


b0339488_18064228.jpg



b0339488_18065439.jpg

分岐まで戻ってきた。


b0339488_18065476.jpg

ここで昼食♪


b0339488_18065532.jpg



b0339488_18065577.jpg

つづく



[PR]
by keen45 | 2017-02-21 18:21 | 登山 | Comments(0)

西丹沢 加入道山、大室山 その1

b0339488_18124388.jpg

加入道山 標高1,418m
大室山 標高1,588m

西丹沢登山は初めて。
周回路を使ってふたつの山を登った。

前日、西丹沢自然教室で車中泊。平日であるため自分以外誰も居なく、駐車場とは言え山の中でひとりは少し心細い。それでも朝、iPhoneのアラームで起こされるまで熟睡するという繊細な反面図太い神経の持ち主でもある。
お湯を沸かし朝食を食べ、6時20分頃、薄暗い中登山スタート。
用木沢出合付近までは舗装林道歩き。その周辺にはよく整備された大型キャンプ場がいくつかある。上の写真がそれ。夏は賑わうんだろうな。


b0339488_18124341.jpg

用木沢出合であらわれるゲート、横をすり抜けて進む。


b0339488_18124376.jpg



b0339488_18124471.jpg

やっと日が差し込んできた。
太陽とはほんとにありがたいものである。


b0339488_18124402.jpg

朴場


b0339488_18124426.jpg

雪が現れ始める。


b0339488_18125426.jpg



b0339488_18125597.jpg



b0339488_18125524.jpg

白石峠の稜線に到着。
この日はものすごい強風で稜線に立つとあっという間に体温が奪われる。
なので少し後退して稜線から下ったところで行動食食べる。


b0339488_18125727.jpg

白石峠から加入道山までは500m。
明るく広い山頂なのだけど木々に囲まれているのであまり展望は良くない。
それでも木々の間から富士山、南アルプスが見える。


b0339488_18125790.jpg



b0339488_18130680.jpg



b0339488_18130698.jpg

山頂で少し休憩をしたら稜線を東へ進む。
雪はそれほど硬くなく、最後までアイゼン無しで登山できた。


b0339488_18130790.jpg



b0339488_18130794.jpg


b0339488_18130892.jpg



b0339488_18132020.jpg

つづく



[PR]
by keen45 | 2017-02-19 20:06 | 登山 | Comments(0)

パノラマ台 後編

b0339488_21580861.jpg

心臓の調子が悪く登山が出来なくなった母から譲り受けたアイゼン。
今後は俺と共にたくさんの山を登る。


b0339488_21580931.jpg

痩せた尾根も少しある。


b0339488_21580957.jpg

精進峠近くにある展望所から見た富士山。


b0339488_21580985.jpg

富士山に傘雲がかぶってる。


b0339488_21583947.jpg



b0339488_21584022.jpg

精進山到着。
小さな金属の社があった。
ここまではこのルート最大の急登。
ここから三方分山まではなだらかな尾根歩き。


b0339488_21584020.jpg



b0339488_21584082.jpg



b0339488_21584194.jpg

三方分山山頂到着。
標高1,422m


b0339488_20211751.jpg



b0339488_20211886.jpg

山頂は木々に覆われているが南側のみ展望が開けてる。


b0339488_20211801.jpg



b0339488_20211892.jpg

ここで昼食。
カップのスープパスタ。
あとおにぎりとかパンとか。
結構お腹いっぱい。


b0339488_20211913.jpg

最近お気に入りのおしるこも♪


b0339488_20211923.jpg

大きな葉っぱ発見。


b0339488_20213001.jpg



b0339488_20213057.jpg



b0339488_20213061.jpg

ここ、まっさかさま。


b0339488_20213179.jpg

阿難坂到着。
こんな山道だけど、昔は街道だったんだね。


b0339488_20213164.jpg

女坂を精進湖方面に下る。
砂防ダムの前を登山道が通っている。


b0339488_20213285.jpg

無事下山したところで精進湖の逆さ富士。


b0339488_20215640.jpg

この日のルート


b0339488_20220109.jpg
Runtasticデータ

今年初の登山となったパノラマ台。
去年の三月に石割山で出会ったおじさまがパノラマ台素敵ですよと薦められてやっと行く事ができた。
富士山の展望はほんとに素晴らしく、登山初めのトレーニングにももってこいないい山だった。

おわり


[PR]
by keen45 | 2017-02-05 20:53 | 登山 | Comments(2)

パノラマ台 前編

b0339488_21555763.jpg

パノラマ台 標高1328m
富士山の展望が良いことで有名な場所。
青木ケ原樹海と大室山を富士山の手前に見ることができ、子抱富士と呼ばれる。

今年最初の登山はここに決めた。
前日夜、精進湖駐車場で車中泊。
明け方の気温は−4度。
予報では晴れだったが目が覚めると雲は多かった。
上の写真は朝の精進湖から見た富士山。


b0339488_21560781.jpg

パノラマ台方面を見ると朝日で少しピンク色になった雲で覆われていた。


b0339488_21560743.jpg

朝8時前ぐらいに登山開始。
日陰は雪が残っている。


b0339488_21560886.jpg



b0339488_21565890.jpg



b0339488_21560948.jpg


b0339488_22045539.jpg

稜線の分岐に到着。
左のパノラマ台へ進む。


b0339488_21571764.jpg

日が差し込む雪の登山道が美しい。
ここからは雪がかなり多くアイスバーンになっているところも結構ある。


b0339488_21571793.jpg

さすがに滑って危険と判断。
ポールはキャップを外しアイスバーン仕様に。
アイゼンも装着、6本爪。


b0339488_21571780.jpg

晴れた雪の登山道は大好きだ。


b0339488_21572876.jpg

パノラマ台到着。
うぉぉぉ!
雲が取れ富士山バッチリ♪
ここ、ほんとに眺めが良い。


b0339488_21571811.jpg

富士山手前に小さな山が見えるのが分かるだろうか。これが大室山。
この光景を子抱富士というそうだ。
大室山から手前は全て青木ケ原樹海。
大室山付近から吹き出した溶岩で埋め尽くされた大地が青木ヶ原樹海。


b0339488_21572950.jpg



b0339488_21572982.jpg



b0339488_21571825.jpg

富士山も素晴らしかったがそれと同じぐらい美しかったのが東側の山々。
山頂付近が霧氷で覆われている。
何という山なんだろう?
あっち登ってもよかったな。


b0339488_21571810.jpg



b0339488_21572825.jpg

手前に見えるのが精進湖。


b0339488_21572937.jpg

西側に見えるのが本栖湖。
風は西から吹いてきていて、本栖湖奥の山にぶち当たり、山頂付近が雲生成器とかしており延々雲が作られ続けていた。


b0339488_21573019.jpg

パノラマ台、素敵なところでした♪


b0339488_21580781.jpg

来た道を戻り、分岐を三方分山の方へ進む。
なかなかの急登が待っている。


b0339488_21580891.jpg

後編へつづく







[PR]
by keen45 | 2017-02-04 22:40 | 登山 | Comments(0)

読書 わたしを離さないで

b0339488_19452844.jpg

二年前に買って読んでなくほったらかしにしてたら去年テレビドラマ化されそれに影響されて読んだんだと思われたくなくてまたほったらかしにしててやっと読んだ。
文学なんだよね?文学をよく分かっていなくてすいません。
よく出来た内容ですが淡々と進みます。合わない人には合わないでしょう。
さっき調べてたらすでに映画化もされていた。
どんな内容なのかな〜


[PR]
by keen45 | 2017-02-02 19:59 | | Comments(0)