アサクフカク

奥穂高岳 2日目後編 ベースキャンプへ

b0339488_16552063.jpg

この2人はジャンダルムを越えてやってきた。


b0339488_16555888.jpg

一枚ぐらい自分を撮っておこう。
今回唯一撮った写真。
槍をバックに。


b0339488_16555819.jpg

さてと、下山しますか。


b0339488_16555996.jpg

帰ってきた最難所。
下りも恐ろしや…


b0339488_16555956.jpg

先程の最難所から比べると、ザイテングラートは普通の登山道と感じてしまう。


b0339488_16560000.jpg



b0339488_16560065.jpg



b0339488_16561290.jpg



b0339488_16561287.jpg



b0339488_16561381.jpg

下りは涸沢小屋方面から降りてきた。


b0339488_16561375.jpg



b0339488_16561304.jpg

涸沢ヒュッテテラスで食事をしているとヘリが頻繁に物資を運んでいた。
前のテーブルの女性は風でティッシュ飛ばされてた。


b0339488_16561433.jpg

食べたのは涸沢ヒュッテ名物のおでん。
山でのおでん、たまらん♪

そうそう、売店のお姉さん、可愛かった♡


b0339488_16564950.jpg



b0339488_16565038.jpg



b0339488_16565055.jpg

テントに戻り入口メッシュに。
上を見て寝転ぶ。
メッシュ越しに空が見える。
あぁ、幸せ♪


b0339488_16565044.jpg

17時近くから夕飯の用意。
今夜はサバですよ♪


b0339488_16565183.jpg



b0339488_16565120.jpg

午後からテント場で沢山の時間があった。
一冊持っていってたのだけど読み切ってしまった。
2,300mのテント場で、とても贅沢な時間。


b0339488_16592004.jpg

この日のGPSログ。

3日目につづく


[PR]
# by keen45 | 2017-09-09 17:34 | 登山 | Comments(0)

奥穂高岳 2日目前編 山頂へ

b0339488_16542456.jpg

夜が明ける。

4時に起床。
いきなり湯を沸かしグラノーラの朝食。
今回で思ったのだけど、朝食にグラノーラが食べにくいのではなく、こんな早朝に目が覚めてすぐに朝食なのがだめなのかもしれない。
でもね、登山の場合強制的にカロリー摂取しないと後々まずいことになるのでちゃんと食べておく。


b0339488_16542384.jpg

みなさんも早くから行動していて赤く染まる山を見つめている。


b0339488_16542371.jpg

GREGORY ZULU55にはハイドレーションバックを兼ねているアタックザックが付いている。
この日はこれのみでの登山。
この中に雨具、ハイドレーション、食料、メディカル品、ライト、バッテリー関係、カメラ、ダウンなどが入っている。
意外とコンパクトになるもんだ。


b0339488_16542499.jpg

パノラマコースから進んだ。
今年は雪が多いそうで少し雪渓歩きがある。
実際歩いてみると雪渓と言うか氷なのだが。


b0339488_16542406.jpg

好きな花。
名は知らない。


b0339488_16542571.jpg



b0339488_16545729.jpg

涸沢小屋からのルートと合流。
ここから左に登っていくと難所、ザイテングラート。


b0339488_16545831.jpg

ザイテングラートスタート。


b0339488_16545837.jpg

ザイテングラートに取り付いてから振り返る。
下の方にテント場のある涸沢ヒュッテが見える。
すり鉢状の涸沢カールの形もよく分かる。


b0339488_16545801.jpg

岩場を登りながら左を見ると雲海。
天空高く雲もあるので二重に雲があるってことだ。


b0339488_16545961.jpg

こう見るとなかなか激しい岩登り。


b0339488_16550913.jpg

穂高岳山荘到着。
こんな高所にあるのに広い平らな広場がある。
しっかり休憩をしたらこの日最難所を進む。
目の前の壁、ここを登っていくのだ。


b0339488_16550972.jpg



b0339488_16551039.jpg

壁に人がひっついているのが見えるだろうか?
はしご、鎖を使い慎重に登っていく。
足場30センチ幅とか当たり前で落ちたらただではすまない。
俺がここ登って平気なのだろうかと真面目に不安になった。


b0339488_16551056.jpg

雲海に浮かぶ八ヶ岳。


b0339488_16551041.jpg

笠ヶ岳。


b0339488_16551021.jpg

おっ、山頂が見えてきた。


b0339488_16552151.jpg

やった〜!
去年のリベンジ、奥穂高岳登頂♪


b0339488_16551987.jpg

西穂方面に続く稜線。
恐ろしや…


b0339488_16552001.jpg

前穂に伸びる吊尾根。


b0339488_16554835.jpg

左のとんがってるのが槍。
いつか登らねばなるまい。


b0339488_16554917.jpg

眼下には上高地、左の茶色いのが焼岳、奥のが乗鞍、更にその向こうが御岳。


b0339488_16554973.jpg

真ん中に見えるのは富士山ですよ♪


b0339488_16554983.jpg

山頂に群がる人々。


b0339488_16554926.jpg

右の丸い盛り上がりがジャンダルム。
その上に小さな点があるのが見えるだろうか。
人です。
何やってるんだか(笑)

2日目後編につづく


[PR]
# by keen45 | 2017-09-08 18:37 | 登山 | Comments(0)

奥穂高岳 1日目 涸沢へ

b0339488_20194362.jpg

奥穂高岳
標高3,190m(日本第三位)
日本百名山

北アルプスの大観光地上高地から入り、景観が素晴らしい涸沢での宿泊、そこからの奥穂高岳登山は憧れている人が多いと思う。
個人的には去年の紅葉時に涸沢の大混雑を経験、更に雨に降られ奥穂登頂も断念し、良い印象のない場所となっていた。
今回の登山でそれが覆される。
山は空いているときに登るに限る。

奥穂登山は8月頭からずっと狙っていた。
しかし御存知の通りずっと雨続き。
ここしかないなという雨の降らない三日間を選び中央道を走る。
GREGORY ZULU55にはステラリッジテントを入れてある。
前回の仙丈、甲斐駒登山に続くテント泊登山だ。


b0339488_20185800.jpg

沢渡のバスターミナル。
去年と同じで始発乗り逃した。


b0339488_20185885.jpg

河童橋から。
これ以上ないほどの好天。


b0339488_20185963.jpg

梓川下流方面。
見える山は焼岳かな?


b0339488_20185955.jpg

横尾までは平坦な樹林帯の林道を進む。
距離はそれなりにある。


b0339488_20185944.jpg



b0339488_20190081.jpg

徳沢園。
ここに来ると開けた芝のテント場が広がりとても気持ちが良い。


b0339488_20191238.jpg

横尾到着。
ここからやっと登山らしく高度が上がっていく。


b0339488_20191224.jpg

本谷橋。
少し広い河原になっているのでここで休憩は定番。


b0339488_20191242.jpg



b0339488_20191264.jpg

ここは落石が多いので休まず渡ろう。
道は広く歩きやすく整備されたような気がするのだが気のせいだろうか?


b0339488_20191364.jpg



b0339488_20191315.jpg



b0339488_20192377.jpg

少し開けたここまでやってくると、後もう少しだなって思う。


b0339488_20192370.jpg

振り返って常念方面。
この谷を上がってきた。


b0339488_20192312.jpg

涸沢ヒュッテ到着。
おぉ、テント場空いてる♪


b0339488_20192479.jpg



b0339488_20192415.jpg

このテント場は岩場。
その中にも平らな地面にされているところを見つけて設営。
岩場しかない場合はコンパネをレンタルしてくれるのでそれを岩とテントの間にひく。


b0339488_20192400.jpg

この風景を見ながらのテント生活。
来てよかった。


b0339488_20193399.jpg

最近お気に入りの夕飯は魚の調理されたパック。
要は缶詰めの袋版。
ふつうに美味しいし濃い目の味が塩分も取れるのでなかなかよい。


b0339488_20193497.jpg

アルプス登山!
って感じ♪


b0339488_20193537.jpg



b0339488_20193576.jpg

夕闇が迫る。


b0339488_20194362.jpg

明日の準備をしたり本を読んだり。
最近はのんびりとしたテント泊登山が好き。


b0339488_20194392.jpg

あまりにも有名な涸沢のテント場の夜。
きれいに光が回っているテントはランタンを灯しているのだろうか?
俺も次は持っていこう♪


b0339488_16592669.jpg

この日のGPSログ。

2日目につづく


[PR]
# by keen45 | 2017-09-07 22:13 | 登山 | Comments(2)

読書 ユービック

b0339488_21473135.jpg

うーん、難解すぎて楽しむって感じじゃない。
感情が表に出てくる本が好きなので、何が起きているか理解できない時点でなかなか入り込めなかった。
ディックは短編か好きかな。
長編だとベタだけどアンドロイドは…が好き。


[PR]
# by keen45 | 2017-09-01 21:54 | | Comments(0)

読書 一九八四年

b0339488_20233624.jpg

難しい話ばかりだし物語の進み方も単調。
読み進めるのがしんどかった。
政治思想的なことが好きな人は楽しめると思うけど、俺には合わなかった。


[PR]
# by keen45 | 2017-08-20 20:35 | | Comments(0)