アサクフカク

タグ:ウォーキング ( 12 ) タグの人気記事

ウォーキングシューズのソール

b0339488_21313195.jpg

以前から気にはなっていた。
ウォーキングシューズのソールが磨り減っていることを。
使用し始め一年ちょいなのに写真のような減り方、このシューズ、ソールが弱いのかなと思ってたんだけどRuntasticアプリの統計を見てびっくり。
登山、日常生活を含めないウォーキングのみの距離が2,000km越えていたのだ。


b0339488_21314696.jpg

2,000kmといえば横浜から九州を往復した距離、これはソールが弱いとかの問題じゃなく、よくぞここまで頑張ってくれましたといったところ。
次のシューズにバトンタッチしてもらうことにした。
今度もKEENでヴァーサゴー。
これから一年よろしく♪


[PR]
by keen45 | 2017-07-18 21:47 | ウォーキング | Comments(0)

1,000km

b0339488_14434464.jpg

ポケモンGOには条件をクリアすると各種メダルが貰えるしくみがある。
その中に「ジョギング」というメダルがあり、先日ゴールドメダルをゲットした。
ゴールド獲得とはウォーキングで1,000km(登山と日常生活は含まず)移動したということ。
約一年間で達成したので1日平均2.7kmとなり、総移動距離として考えると横浜から九州の九重連山まで歩いたのと同じ距離となる。
よく歩いたなぁ♪


[PR]
by keen45 | 2017-06-07 21:20 | ウォーキング | Comments(5)

赤と白のウェアラブルデバイス

b0339488_19062658.jpg

赤と白のウェアラブルデバイスを買った。
いわゆるポケモンGO Plusですな。

使い心地は結構衝撃的。
ヘッドセットやマウスなど、数あるBluetooth機器があるけれど、こんなににっこり出来るBluetooth機器があっただろうか。

アプリの方の設定でポケモンが通知されない設定に間違えてしちゃったり、何らかの原因で反応しなくなったり、モンスタボールのみしか投げられなかったり色々不満もありますが、それを上回る楽しさがある。

iPhoneを手に持つことがほとんどなくなった朝のウォーキング。
好きな音楽も聞けるようになったし、iPhoneのバッテリーも減ることが少なくなった。
快適である。

ウェアラブルデバイスといえばAppleWatchなどのスマートウォッチがある。
でもそれよりもGO Plusの方がクールに思えるのは俺だけだろうか。

歩くことがもっと楽しくなってきた♪


[PR]
by keen45 | 2016-11-17 20:44 | 道具 | Comments(0)

ウォーキング再開

b0339488_22132822.jpg

昼はモスバーガー行ってリッチモス。
やっぱ美味い。
その後2時間ほど本を読む。
幸せな時間だ。

て、そんな事はどうでもよくて本題。

先日の北岳・間ノ岳登山から帰ってきて2日後、足の爪を切っていて薬指の爪を切ろうとして爪を触ると、ぴゅーって膿が垂れるぐらい出た。
あっ、食べ物の話のあとに大変申し訳無い。
それが両足の薬指から!
何で同じ両足の薬指からなのかはよくわからないが多分爪は生え変わるだろう。
それがあったので10日間ほどウォーキングを控えていた。
でも痛みは全く無く、もう行けそうということで今日からまた10km歩いてみた。
爪は全く問題なかった。
色は変わりつつあるけど(笑)
それよりも厄介なことは、右ひざが痛くなった。(またかよ!)
ま、ぶっ壊れているのでしょうがないんだけど、びっこひく歩き方になってしまうほどなので面倒くさい。
まだ山歩きは続けたい。
ひざ、がんばれ!
お前はできる子なんだから(笑)


[PR]
by keen45 | 2016-09-12 22:38 | ウォーキング | Comments(2)

ウォーキングをしていると

b0339488_20495695.jpg

2月から始めているウォーキングの習慣は未だに続いていて、毎朝7〜10km歩いている。

最近、ウォーキング中にウエストバックの中のiPhoneが振動とBluetoothヘッドフォンの音で変な生き物が近くにいるよと知らせてくるようになった。
ウエストバックの中かからiPhoneを取り出し、カメラを通して風景を見ると、たしかにそこに変な生き物がいる。
珍しい生き物なので捕まえられるのなら捕まえてみたい。
調べてみると、画面の中でボール型のカプセルを投げると捕まえられる事がわかった。

生き物がいることを知らせるiPhone、ウエストバックからiPhoneを取り出し生き物捕獲、そしてiPhoneをしまう。

この繰り返しをしていたらウエストバックのファスナーが壊れた。
なので、iPhoneが取り出しやすく丈夫なファスナーで出来た新たなウエストバックを買った。
明日からも沢山歩いて体鍛えながら変な生き物も捕獲していきたいと意気込んでいる今日このごろ♪


[PR]
by keen45 | 2016-08-03 21:27 | ウォーキング | Comments(0)

2月のまとめ

b0339488_20584983.jpg
今月登った山は大楠山、高取山、仏果山、石割山、平尾山の五座。
1月後半から続けているウォーキングは毎日7km。
その全てを合計した統計が上記のデータ。
距離190.4kmは掛川までいける距離。
累積高度3697mは海抜0mから富士山を登ったようなもの。
14406カロリー消費は多いのか少ないのか気にしたことないからよく分からん。
とにかくよく歩いたのは間違いなく、体重は3kg減。
ウォーキングと登山を始めてから20日間ぐらいは常時筋肉痛だったが、最近は登山をしても全く筋肉痛にもならない。
少しずつ筋力が付いてきている。
そんなわけで体力測定の意味もこめて、明日大山リベンジしてくる。

唯一行ったことのない都道府県、沖縄に行けた。南国とは程遠い天気だったけど、やっぱり旅はおもしろい!

ウォーキングと山登りを始めたからか、映画と本はさっぱり。

3月はどんな月になるかな〜♪


[PR]
by keen45 | 2016-02-29 21:26 | ひとりごと | Comments(0)

大楠山登山

b0339488_22351133.jpg
大楠山。
標高241m。
たいした標高ではないが三浦半島最高峰だ。

先週の大山登頂断念の経験から、目標を低くして無理せず体力をつけていこう、そして登頂の喜びも味わいたいとここを登ることにした。

b0339488_22351187.jpg
しょうぶ園からスタートした。この時期しょうぶ園の駐車場は無料なので利用させてもらった。

大山ほど急登でなないがきついのには変わりない。
弱り切った体をなんとかしなければ。

途中ゴルフ場の横を歩くことになるのだが、ここまで車で来ることが出来ると思うと、なんで歩いて登山してるんだろうと疑問に思ってしまう(笑)

b0339488_22351109.jpg
よっしゃ~!もうちょい。

b0339488_22351108.jpg
きた!登頂!
登頂することが山歩きの全てではないが、やっぱり登頂するのは嬉しいもの♪

千葉や大島まで見える。

b0339488_22351195.jpg
山頂から少し下がった所に展望台発見。
壁に鳶の影写ってる(笑)

b0339488_22352392.jpg
右奥に大島が見える。
山頂よりこの展望台のほうが眺めは良い。

b0339488_22352361.jpg
左雲の上に見えるのが富士山。
相模湾右側に見えるのが江ノ島。

この展望台下には菜の花畑がある。
でもね…時期が早すぎて少ししか咲いてなかった。

b0339488_22352445.jpg
下りは前田橋コースを降りていく。

b0339488_22352472.jpg
b0339488_22352440.jpg
b0339488_22353304.jpg
前田橋登山口に到着〜♪

さて、ここまで来たはいいが車を停めているしょうぶ園まで戻らなければならない。
前田川遊歩道は崖崩れで通行止め。

少し遠回りになるが134号線まで出て、芦名口コースでもう一度大楠山山頂へ向かうことにする。

b0339488_22353380.jpg
写真は少し入ってきたところの標識だけど、
134号からは京急ストアが登山道入口の目印。

b0339488_22353353.jpg
一部ダートだが舗装されている所がほとんど。
一般車通行禁止。

b0339488_22353329.jpg
b0339488_22354360.jpg
だいぶ上ってきた。
向こうに見えるのがさっき下ってきた前田川コースの峰。

b0339488_22354384.jpg
うめ?

b0339488_22354328.jpg
少し菜の花畑があった。
山頂のよりたくさん咲いていた。

b0339488_22354330.jpg
山頂近くに防空壕がある。
その壁には小さな穴が。
銃口なのか?

b0339488_22354479.jpg
2度目の山頂(笑)
そして遅めの昼食。メニューは最近の定番、ペペロンチーノにクラムチャウダーにラテ。

パスタ作ってたらおばさまに「何作ってるんですか?」って声かけられた。
スパゲティですよ。って言ったら「すごい!」って(笑)
「雪山とか登ったりもしたことあるけど調理するの憧れなんです!」だって。
パスタ茹でるより雪山登ってるほうが凄いし(笑)

b0339488_22355313.jpg
低い山だけど、記念すべき初登頂。
来てよかった。

b0339488_22362730.jpg
この日のルート。
標高を表すグラフにふたつの山があるのは二度山頂に登ったため。

b0339488_22361884.jpg
Runtasticのデータ。
15km歩いたのは平地を含めても初。
高度は二度登頂したため600mを越えている。



[PR]
by keen45 | 2016-02-03 23:42 | 登山 | Comments(4)

小机城ウォーキング

b0339488_18081445.jpg
小机城。
鶴見川対岸の亀の甲山に敵軍が陣取り、2ヶ月かけて落城した。
この辺りでそんな戦があったのだな。
小机城は知っていたけど、そんな歴史を先日知り少し興味が出てきた。
今日のウォーキングは小机城だ。

b0339488_18081536.jpg
道を調べずに行ったのだけど、まず登り口が見つからない。
何度か間違いなから行けそうなところを発見。
いい感じのオフロードになってきた♪

b0339488_18081560.jpg
と思ったら藪漕ぎ。ウギャー!
ルートはちゃんと調べようね。

b0339488_18081557.jpg
おお、ちゃんとした遊歩道に出た。ほっ。

b0339488_18081688.jpg
ここは第三京浜を挟んだ西側。
東側へは一度下に下らなければならない。とほほ…
ちなみに小机城の下を横浜線がトンネルで走り、第三京浜が山を分断する形で通っている。
そう、第三京浜を造るときに小机城跡西側を破壊したのだ。
しょうがなかったんだろうけど、それでいいんか?

b0339488_18081618.jpg
ここが正規の入り口。

b0339488_18081602.jpg
いいトレーニングになる。

b0339488_18081687.jpg
昔はここに本丸があったんだね。

b0339488_18081796.jpg
二の丸広場。

b0339488_18081719.jpg
空堀が残っている。
ブラタモリ気分で散策^ ^
地図で見ると石垣は無いけど土塁はあるらしい。今度見てみよう。

近場を調べてみるとなかなか面白いとこあるんだな。
散策ウォーキング楽しいぞ♪

で、小机城跡、アップダウンが多い土の遊歩道。
こりゃ、山歩きのトレーニングにいいかもしれない。
ちょっと通ってみよう。


[PR]
by keen45 | 2016-02-02 13:58 | ウォーキング | Comments(2)

多目的遊水地歩き

b0339488_20225075.jpg
大山登山の翌日ウォーキングは多目的遊水地内を歩いた。
ここを歩くのは何年ぶりだろう。
これからはここを定番ウォーキングコースに決めた。


[PR]
by keen45 | 2016-01-30 20:26 | ウォーキング | Comments(0)

大山登山

山に登ったことなど殆どないくせに、一年前の事故により元には戻らない体のくせに、山に行きたい病は悪化するばかり。
この病気を治す方法は山に行くしかないわけで、近くで初級と言われる大山に行くことにした。

山初心者で完全でない体なので必ず山頂登頂とかは考えていない。もちろん行ければいく。それも帰りのことを考えながら。
大山ごときで大袈裟に思う人もいるだろうが、わたしの技量、体力、体の構造を考えると3,000m級の登山ぐらいの気持ちでいく。
至って大真面目なのだ。

b0339488_22042138.jpg
夜出発して現地で車中泊した。
以前ベッドに布団で寝たら頭が寒かったので寝袋に入って布団をかけて寝たら朝5時に汗かいて目が覚めた(笑)
布団でパーカー被って寝るのがちょうどいいかも。

写真は朝の第一駐車場。ここは登山口からだいぶ離れているが600円。そしてだれもいない(笑)

ここからまずはケーブルカー駅まで行く。
それがかなり遠い。疲れた。前途多難。

ケーブルカー始発は9:00だったのでまだ動いていない。
女坂を登っていく。

b0339488_22045370.jpg
鹿がいっぱい。
リスもいた。
そしてしんどい…
この時点で体力の無さ、身体の不具合を自覚した。
ひざはやっぱりダメだし、割れた股関節も少し痛くなった。これは日常生活では出なかったことだ。

b0339488_22045351.jpg
阿夫利神社到着。いい眺め♪

ちょうどケーブルカーの始発が到着した時で、売店の社員の方たちが沢山下りてきた。
せっかく早い時間に女坂を登り始めたのに、所要時間を大幅に食ったため何の意味もなし…

b0339488_22045324.jpg
御朱印いただきました♪
朱印帳二冊目がこれで全て埋まった。

b0339488_22050471.jpg
さて、ここからが山頂への登山道。
どうする?
もう少しいける感じなので進んでみる。

b0339488_22052010.jpg
少しずつ雪が増えてくる。

b0339488_22052050.jpg
周りの人たちがアイゼン付け始める。
そうか、このタイミングなのか。
無理せずわたしも装着。

b0339488_22052061.jpg
土と雪は繰り返すのだけど、一部は雪山状態になってくる。

おじいちゃんが登っていく。
遅いんだけど、確実に先に進んでいく。すげーなー。

わたしは自分の心と会話する。
いつ戻る?そろそろじゃねーのか?おまえ、もうひざぶっ壊れ始めてるんじゃないか?平気なのか?

iPhoneのYAMAPアプリを立ち上げる。
これはオフラインでも山の地図、赤く記された登山道、自分の歩いてきた軌跡、現在地が確認できる。
ここは阿夫利神社から山頂までのまだ1/3の場所だった。

戻るぞ。へなちょこ。

b0339488_22052018.jpg
阿夫利神社に戻ってきた。
下りはひざにくるな。

途中何人かに、アイゼン必要ですか?とか、アイゼンもう付けた方がいいですかと聞かれたけれど、わたしに聞くなよ。今日、アイゼン初めて付けたんだから!

b0339488_22054650.jpg
帰りはさすがにケーブルカー使った。

b0339488_22054617.jpg
駐車場に戻ると車増えてた。

あそこで引き返してよかった。
車の中で足つった。

b0339488_22052191.jpg
山頂で食べようと思ってたペペロンチーノ。スープにコーヒー付。
車の中で食べた。
すっっっげぇ美味かった。

b0339488_22054750.jpg
小田原に来た。
甘食売り切れてた。
あんぱんとぶどうぱんおみやげに買う。

b0339488_22054744.jpg
去年8月以来の天山。
生き返った。寝た。でも足はパンパン。

b0339488_22061325.jpg
この日の登山時のみのログ。
左上の白い先っちょが大山山頂。もうちょいに見えるが、まだまだ全然ある。
260mから911mまで登ったので651m登ったことになる。
グラフの右、急激に下がっている区間がケーブルカーを使った区間。

まとめ
惨敗だった。
しかし、自分の体の状態が把握できたことは大きな収穫だった。
惨敗だったけど、なんだろうこの清々しさは。
来てよかった。



[PR]
by keen45 | 2016-01-28 23:40 | 登山 | Comments(2)