アサクフカク

タグ:映画 ( 9 ) タグの人気記事

映画 エイリアンコヴェナント

b0339488_21510077.jpg

紛れもないエイリアン映画。


[PR]
by keen45 | 2017-09-25 21:53 | 映画 | Comments(0)

映画 ダンケルク

b0339488_20351250.jpg

白塗りの悪役も出てこないし、ビル群がめくれ上がることもなく、異星で大波がやってくることもない。
だが、ダンケルクにはスピットファイアが出てくる。

多くの部分をIMAXカメラで撮影しているそうで、IMAXシアターで観る映像は半端なく、終始俺は戦場にいた。
ノーラン映画だけど過去のSF系と違い事実に基づく戦争映画なのでそれほど期待していなかった。
どうしてどうして、大好き♪


[PR]
by keen45 | 2017-09-12 20:56 | 映画 | Comments(0)

あらま、いい映画だった。

b0339488_18424073.jpg

イオンシネマのドコモチューズデーで映画を観てきた。
携帯クーポンを見せるのだけど、どこに見せるクーポンがあるのか分かりにくいよね。

映画は思っていた以上にいい映画で涙腺が…
て、ワタシは血も涙もない人間なのでそんなことはあるはずはない!
でも事実、ハンカチを取り出すはめに(笑)
いい映画だった。


[PR]
by keen45 | 2016-09-13 18:55 | 映画 | Comments(0)

MADMAXの本

b0339488_22484323.jpg
仲の良い仕事関係の方と無駄話してたらマッドマックスが好きだとのこと。
ジョーはトゥーカッターの人なんだとよか、続編はああだこうだとかお互いの知識言い合い合戦を一通りしたところで本を貸してもらうことになった。
それがこれでフルカラーのコミック&アート集。
コミックはそういうことなのねって話がいくつか。
マッドマックス、映画も本も美しい。



[PR]
by keen45 | 2016-07-01 22:48 | | Comments(2)

12月のまとめ

b0339488_21333108.jpg
12月に読んだ本

フラニーとズーイ/J.Dサリンジャー
難解な言い回しで読みにくい。「フラニー」の所が好きだ。



12月に観た映画

ディファイアンス
可もなく負荷もなく。

サボタージュ
シュワちゃんが出てるのでドタバタアクションかと思いきや、シリアスで良作。

ウォーリアーズ
チームのユニホームが奇抜。

マッド・ガンズ
四足歩行ロボットが出てくる。

グランド・ブタペスト・ホテル
映像の作り方がユニーク。

ワールド・オブ・ライズ
アクセルがエンディング歌ってた。

マリー・アントワネットに別れをつげて
セドゥが…

天才スビヴェット
全てのキャラクターが特徴的。

トラッシュ!この街が輝く日まで
ブラジルのゴミ山の話。

提督の艦隊
オランダの歴史に驚いた。いい映画。

贖罪の街
トライアンフ・ボンネビルに乗ってる。

嗤う分身
ふしぎ。

チャーリーとモルデガイ
ちょびひげデップ

(500)日のサマー
うん、こういうことなんだと思う。いい映画。

レック
恐ろしや。

レック2
恐ろしさ+オカルト

レック3
弾けた面白さ。

レック4
混沌へ。

ジャッジ
自分と重ね合わせてしまう。いい映画。



今月は仕事が忙しくなったのと年末が重なり、そこそこ忙しい月だった。




[PR]
by keen45 | 2016-01-05 22:03 | ひとりごと | Comments(0)

11月のまとめ

b0339488_22492497.jpg
11月に読んだ本

天国でまた会おう上下巻/ピエール・ルメートル
ルメートルはミステリが向いている気が…

悲しみのイレーヌ/ピエール・ルメートル
残虐がだめな人には薦めない。まあ平気って人ならとても楽しめると思う。その女アレックス以前の話なのでネタバレが嫌ならば悲しみのイレーヌから読むべし。

ふくわらい/西加奈子
ダークな感じ。お父さんみたいな旅人になりたい。わたしは国内でかまわないけど(笑)

コインロッカー・ベイビーズ/村上龍
社会問題的な話かと思ってたら全然そうではなかった。

旅のラゴス/筒井康隆
これも現実世界の放浪記かと思ってたら違った。



11月に観た映画

トラップ
地雷踏んで動けない。

シェフ三ツ星フードトラック始めました
お父さんと息子の話。

アニー(2014)
よかった。ミュージカル映画、ぜんぜんいける。

麦の穂をゆらす風
とにかくイギリスを嫌いになる。

アンリミテッド
パルクールだけ。てか、それすら新鮮みがない。

ヴィオレッタ
変なお母さんと娘の話。

ミュータント・タートルズ
雪原のシーンは凄まじい。

コーヒーをめぐる冒険
狙い過ぎかな。

ケープタウン
緊張感があって怖い。

タミー
全く良い部分が見つけられず、30分で視聴断念。

ラバー
アホです。薦められない。でもわたしは好き。

モーガン・ブラザーズ
笑えそうで笑えない、怖そうで怖くない。

96時間
以前に見たことある映画だった(笑)
娘を助けるお父さん。

96時間リベンジ
妻を助けるお父さん。

96時間レクイエム
すっちゃかめっちゃかなお父さん。

美女と野獣(2014)
セドゥ目的。ディズニーと違い原作に忠実らしい。

アイ・アム・デビッド
デンマークのベストセラー。映像がドラマ風。もう少し特徴的な撮り方をしていれば大化けしてそう。

天使の死刑執行人 バイオレット&デイジー
よくわからない。

ハンガー・ゲーム
続編を観るべきか悩んでしまう。

遠い空の向こうに
炭鉱版下町ロケット。とてもよい。

きみに読む物語
素直に絶賛できないわたしがいる。

八日目
油断して観ていたらとても良い映画だった。

サイモン・バーチ
お母さんはとても綺麗でとても優しい人。

アバウト・タイム愛おしい時間について
きみに読む物語のレイチェル・マクアダムスが出てる。

レディ・ソルジャー
とんちんかんな邦題。静かな映画。

アナと雪の女王/エルサのサプライズ
アナ雪の短編。やっぱりアナは可愛い。

ホビット竜に奪われた王国
次が気になっちゃうだろ!

ホビット決戦のゆくえ
合戦シーンはゾクゾクする。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
音楽がステキ♪



バイクが無い事もあり引きこもり生活は続く。



[PR]
by keen45 | 2015-12-01 23:11 | | Comments(0)

10月のまとめ

b0339488_19591998.jpg
10月に読んだ本

火星の人 / アンディ・ウィアー
宇宙戦争とか火星人とかの話は全く無い。火星でのサバイバル参考書。そういっていいほど科学考証がしっかりしている。

死都日本 / 石黒耀
今月頭に行った九州ドライブの場所ドンピシャの話。霧島火山帯が噴火するのだけど、登場する風景、道が行ったばかりの実在の場所なので光景が想像できる。前半は知識ひけらかし感があって退屈だったけど、中盤からぐいぐい来る。

漁港の肉子ちゃん / 西加奈子
うわさ通りの面白さ。笑った(笑)肉子ちゃん最高だしキクりんもいい。いや、登場人物全部ステキだ。



10月に観た映画

インターステラー
久々にいいハードSF映画だった。難解な部分があるのだけどそんなことはどうでもいい。良かった。ゼロ・ダーク・サーティの女優さんが出てた。

サムソンとデリラ
アボリジニの話。やりきれなく辛い。オーストラリア映画。あまり観たことない国の映画って話の持って行き方とかが日本映画、ハリウッド映画と違うことが多くて新鮮に思うことがよくある。

トゥモロー・ワールド
設定の部分が好きじゃないというかよく分からないのが残念。でも、ほんとドキドキする。後半の戦闘シーンは激しさ、残虐さという意味じゃなくリアリティがあり素晴らしい。

レッドプラネット
特に感想もない娯楽映画。小説、火星の人を思い出した。一部それに似ているところがあるのでパクったのかと思ったが映画のほうが先。ということは火星の人がこの映画を参考にしたのか。こんな映画じゃダメだから俺がしっかりした小説を書くって感じで。

リスボンに誘われて
少し退屈だけどじわじわくる。自分の人生はつまらないのか。どうなんだ。

ロミオ・マスト・ダイ
ジェット・リー観たさで観たのだけど、ジェット・リーが出てるだけが売りの映画。てか、ジェット・リーの良さすら出ていない。

プロジェクト・アルマナック
タイムトリップ物。クローバーフィールドみたいな出演者が撮影した映像の設定の映画。タイムトリップといえばトラブルがつきもので、この映画も当然色々起こってくる。

オール・チアリーダーズ・ダイ
とんでもホラー。そういう意味で見ればなかなかよい。チアがキレイ♡



10月は前半に一週間の九州旅ができた。
ちょうど去年の九州旅の続きのような形だ。
旅はほんとに楽しい。出来ることならずっと旅していたい。
あらためてそう感じた旅だった。



iPhoneを5sから6sにした。






[PR]
by keen45 | 2015-10-31 21:06 | | Comments(0)

9月のまとめ

b0339488_20355760.jpg
ヒマだったんだけど毎日作業をしていかないといけない仕事が多くてほとんど休みのなかった変な9月のまとめ。

9月に読んだ本
  • 華氏451度 / レイ・ブラッドベリ
  • 死のドレスを花婿に / ピエール・ルメートル
  • シャボン玉 / 乃南アサ
  • 湿地 / アーナルデュル・インドリダソン
  • 下町ロケット / 池井戸潤
  • 砂の女 / 安部公房
  • クラインの壺 / 岡嶋二人
の7冊。

「華氏451度」、期待して読んだのだけど、物語の世界観がどうしてもしっくりこなかった。
「死のドレスを花婿に」、先月読んで気に入った「その女アレックス」を書いたピエール・ルメートルの著書。読み始めてすぐにグイグイ引き込まれるのは「その女アレックス」と同じ。全てを読み終わった時にはたしてどうなんだろう?とは思うが、読んでいるときは抜群におもしろい。
「しゃぼん玉」、今月読んだ中で一番好き。犯罪者は好きではない。そんな犯罪者の逃避行。
「湿地」、派手さはないがよく出来たミステリ。
「下町ロケット」会社でのやり取りの話なんてあまり興味ないが、文句無しにおもしろい。今月読んだ中で限りなく一位に近い二位。
「砂の女」ふしぎちゃん(笑)不思議な本だった。
「クラインの壺」地元に近いところの地名が舞台なのがおもしろい。サイエンスの部分も良く出来ている。

今月観た映画
  • ゴーストワールド
  • アデル、ブルーは熱い色
  • スナッチ
  • エクスペンタブルズ3ワールドミッション
  • 2012
  • ザ・レイド
  • クライマー パタゴニアの彼方へ
  • K2 初登頂の真実
  • 少女は自転車に乗って
の9本。

「ゴーストワールド」コミックの映画化なんだって。ヨハンソンが若い!
「アデル、ブルーは熱い色」じわじわ来る。純愛映画。ただし女性同士の。演技が演技と思えないほど半端ない。
「スナッチ」うーん、すでにあまり記憶ない(笑)
「エクスペンタブルズ3」何も考えなくていい安心感。UFCで活躍してるロンダ様がでててびっくり。ちゃんと腕十字決めてた。
「2012」マヤの予言の話。映像がリアルとか言うけれど、地割れやビル崩壊が主人公がぎりぎりセーフなところで起きるって全然リアルじゃないと思う。途中で冷めた。
「ザ・レイド」残忍です。シラットというインドネシアの武術、UFCとかに出てきてくれないかな。インドネシア映画レベル高し。
「クライマーパタゴニアの彼方へ」クライミングドキュメンタリー。山というより塔に近い山をロープ無しのクライミングで登ってやろうと言う狂ってるチャレンジ。コンプレッサーって言葉がやけにカッコよく聞こえる。良い映画だった。デビッド・ラマ、恐るべし。
「K2」クライマーパタゴニアの彼方へとは違いこちらは山岳ドラマ。マドンナ役の彼女が可愛かったな♡
「少女は自転車に乗って」サウジアラビアの映画。イスラムの習慣が良い悪いじゃなく新鮮。物語は淡々と進んでいくのだが、最後まで観終わった時の爽快感は何なんだろう。

最後にテレビをちょろっと

「UFC」現在世界最高の格闘技興行。しかしつまらない。以前の日本の格闘技興行、特に「プライド」がどれほど素晴らしかったかを思い知らされる。
「グレートトラバース2」日本二百名山を7ヶ月で踏破、しかもその間の移動は徒歩と海はカヤックで移動すると言う、もうわけがわからないよ的なチャレンジ。毎月一回放送されているのだが毎回驚かされる。ツーリング先で見た山を登っているのを見るのって楽しい。地図に載っている道とは違う、「登山道」という道を知れるのも新鮮。
「motoGP」相変わらず面白い。コーナー進入時に足を出さないロレンソ。大好き。




[PR]
by keen45 | 2015-09-30 20:36 | | Comments(0)

8月のまとめ

b0339488_22412605.jpg
金曜の午前中、胃のあたりが「ぎゅう」と定期的に痛くなり下痢も始まる。
だましだまし仕事を続けるも怠さも加わり少し長めの昼寝。
午後から力を使わない見積等の仕事だけでもと続けるが夕方にはダウン。ベットに横になる。
いつもの腹痛と違う感じだと気づきつつも病院に行きそびれ深夜に嘔吐。
土曜日の朝一病院に行く。
正確には検査しないとわからないが胃腸炎だろうと薬をもらう。
食欲はないので薬飲んでポカリ飲んで寝るの繰り返し。
日曜日も変わらず薬、ポカリ、寝るの繰り返し。
でも午後になると、あれ、立ち上がれる。回復の兆し。
まだ頭痛があるのが辛いが、俺、再起動。

そんな感じで怠さと頭痛でバファリンも投入しての今なのである。


それではブログ本題の8月のまとめ。


8月に読んだ本
  • しゃばけ/畠中恵
  • ビッグ・ドライバー/スティーヴン・キング
  • 初秋/ ロバート・B・パーカー
  • 虐殺器官/伊藤計劃
  • その女アレックス/ピエール・ルメートル
の5冊。本は殆ど読まないのだが、入院時以来、読書熱が高まってきている。

スティーヴン・キングはつまらないものはほんとにつまらない気がするのだが、ビッグ・ドライバーは楽しめる方だと思う。
その女アレックスは今月読んだ中で一番好きだ。
ただし、どちらの本も胸糞悪いシーンが多いのでそれがダメな人には何もいいところはないだろう。


8月に見た映画
  • ママはレスリングクイーン
  • ルーシー
  • ウォッチメン
  • ドム・ヘミングウェイ
  • 紀元前一万年
  • スティーヴン・キング ファミリー・シークレット
  • 時をかける少女
  • モンスターズ・ユニバーシティ
  • フューリー
  • アルティメット
  • アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ
  • ジャージー・ボーイズ
  • フルスロットル
  • レ・ミゼラブル
  • マン・オブ・スティール
  • ワンス・アンド・フォーエバー
  • めぐり逢わせのお弁当
の17本。ほとんどがWOWOW録画とWOWOWオンデマンドで観てる。

時をかける少女はすごく好きだ。
フューリーは戦車好きな俺なのでとても良かった。戦闘シーンのリアリティも凄いのだが、各所のストーリー、描写も引き込まれる。
アルティメットシリーズはリメイクも含め3本観ておなかいっぱい。
ワンス・アンド・フォーエバーの話って、昔あった映画のハンバーガーヒルの話なのかな?だとしたらこちらの方が生身の人間の心をうまく描いている。あまりにもリアルなので、映画を観ているというより戦史を勉強している気にまでなってくる。だからといって全然悪くない。
めぐり逢わせのお弁当はさっき観たのだけど良かった。最後に今月1番がやってきた感じだ。ただし、ありふれたストーリーで進まないインド映画。そこがまたいいではないか。



[PR]
by keen45 | 2015-08-31 23:39 | | Comments(0)