アサクフカク

タグ:登山 ( 146 ) タグの人気記事

常念岳縦走1日目その2 常念乗越

b0339488_21064003.jpg

この日は常念乗越のテント場に泊まる。


b0339488_21062965.jpg

一ノ沢から登ってきて空が開けてきた。
ということは登りが終わりに近づいているということ。


b0339488_21062963.jpg



b0339488_21063983.jpg

きたぜ。


b0339488_21063975.jpg

左に常念岳。
明日登る。


b0339488_21063980.jpg

登ってきた道を振り返る。


b0339488_21064003.jpg

常念乗越。
赤い屋根は常念小屋。
その向こうに見えるのは槍ヶ岳。


b0339488_21064020.jpg

テント受付を済ませて昼食。


b0339488_21064141.jpg

牛丼。
結構白米が沢山♪


b0339488_21065099.jpg

二週間前に登った槍ヶ岳が見える。


b0339488_21065052.jpg



b0339488_21065090.jpg

テント設営。
すべての場所が斜面。
黄色いのが俺のステラリッジ。


b0339488_21065170.jpg

横通岳。


b0339488_21065133.jpg



b0339488_21065146.jpg

写真撮影をしながら散歩しているとテント場の北側に広いテント場があるのを発見。
こちらのほうが地面は平らだったな。


b0339488_21070137.jpg

用事が落ち着いてテントの中でゴロン。
寝ながら上を見上げると青い空に白い雲がゆっくり流れていた。

つづく


[PR]
by keen45 | 2017-10-21 21:56 | 20171009_常念岳縦走 | Comments(0)

常念岳縦走1日目その1 一ノ沢から

b0339488_21060059.jpg

気がつけば7月からの登山は全てテント泊登山。
前回などは3泊4日の縦走という一年前の自分には信じられないような山旅が出来た。
雪山やクライミングはするつもりがないので自分の思い描く登山の形の最終型に達した感がある。
いつまでもどこまでも。
これが自分のしたい旅のキーワード。

今回もテント泊での縦走をした。
楽しい。
今年最後のテント泊登山になるだろう。


b0339488_21055807.jpg

一ノ沢から入山。
体調の様子を見ながらゆっくりと。


b0339488_21055980.jpg

大袈裟ではないが紅葉もところどころしていた。


b0339488_21055973.jpg



b0339488_21055908.jpg



b0339488_21060050.jpg



b0339488_21061668.jpg



b0339488_21061782.jpg



b0339488_21061723.jpg

基本的に沢沿いを歩く登山道。
沢に近づいたり離れたり、そして渡ったり。


b0339488_21061784.jpg



b0339488_21061774.jpg



b0339488_21061820.jpg



b0339488_21062813.jpg



b0339488_21062898.jpg



b0339488_21062998.jpg



b0339488_21062954.jpg

思っていたよりハード。
特に後半セクションはしんどい。
燕岳登った登山道とさほど変わらないんじゃないだろうか。

つづく



[PR]
by keen45 | 2017-10-20 22:19 | 20171009_常念岳縦走 | Comments(0)

北アルプス表銀座縦走4日目その2 下山

b0339488_20323709.jpg

14Kgのザックを背負い最終日の行動開始。


b0339488_20324750.jpg

このカールを下り、槍沢沿いを下り上高地まで向かう。


b0339488_20324740.jpg

さらば槍ヶ岳!
ありがとう槍ヶ岳!


b0339488_20324776.jpg

柿の種でお気に入りの梅しそ♪


b0339488_20324793.jpg

沢の上に雪渓が残っていた。
崩れている雪のブロックはかなり大きい。


b0339488_20324852.jpg



b0339488_20324858.jpg



b0339488_20330005.jpg

この壁面、何本も長い滝が落ちている。
こんな所北アルプスにあったんだな。


b0339488_20330021.jpg



b0339488_20330073.jpg



b0339488_20330066.jpg

槍に滞在中仲良くなった方に追いつかれた。
先にどうぞと道を譲ったのだけど、一緒に歩きましょうということになって楽しく話しながら下山。


b0339488_20330167.jpg

徳沢で一緒に歩いている方とラーメンセットの昼食。
うまし♪

食べ終わる頃、ソフトクリーム食べてる西岳から仲良くなった方も現れた。
じゃ、上高地まで三人で歩きますかってなった。

いろいろ話をすると三人は同年代、そして元オフ車乗り。
西岳からの方なんて毎年北海道にツーリング行っていて去年から登山を始めたそうだ。
そしてテン泊縦走は今回が初めて。
なんか俺と全くといっていいほど同じじゃないか(笑)

三人で北海道はどこが好きだとか、どの山が好きだとか、家族とはどうしてるのかとかたくさん話した。
こんな山歩きも楽しいもんだな♪


b0339488_20332025.jpg

この日の下山ルート。


b0339488_20333087.jpg

4日間全行程の登山ルート。
右下の中房温泉から入山、燕岳、大天井岳、西岳、槍ヶ岳、上高地といういわゆる表銀座縦走。

総行動時間34時間
総移動距離41.527km

経験を積んで挑んだわけだけど、全てテント泊の3泊4日の北アルプス縦走は未知数。
無事に成功してほんとによかった。

毎日毎日夢のような風景と出来事の4日間。
山旅だけではなく、人生の中の旅全てで考えてもトップクラスの旅になったのは間違いない。

よかった。ほんとにほんとによかった!

テン泊縦走最高♪

おわり


[PR]
by keen45 | 2017-10-16 18:06 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(2)

北アルプス表銀座縦走4日目その1 槍ヶ岳の朝

b0339488_20322684.jpg

朝。
雲はあるが素晴らしい色の空。
昨日からの槍ヶ岳滞在時天気は最高。


b0339488_20322605.jpg

さぁ、日が昇る。


b0339488_20322698.jpg



b0339488_20322709.jpg



b0339488_20322781.jpg



b0339488_20322747.jpg

北岳から仲良くなった方は殺生ヒュッテにテントを張っていて、後にどうだったか聞いた所、槍が真っ赤に染まって素晴らしかったとのこと。
たしかにこの写真を見るとそれが想像できる。
次回槍に来たときは殺生ヒュッテにテントを張ろう。


b0339488_20323683.jpg



b0339488_20323626.jpg



b0339488_20323677.jpg



b0339488_20323720.jpg

日が昇って赤い色がなくなってきたこの風景もまた素晴らしい。
右側にちょこんとあるのが富士山。


b0339488_20323713.jpg

テント撤収。
テント裏側は凍っていた。
何度か目が覚めたけど一応寝られた(笑)

つづく


[PR]
by keen45 | 2017-10-15 17:07 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(0)

北アルプス表銀座縦走3日目その4 槍ヶ岳の夜


b0339488_19203657.jpg

夕方からは日没という大イベントが始まる。
更に今回は三脚を持ってきているので夜景、星空も撮ってみた。
昼間から素敵な光景を見ることが出来たのだが、寝る前までずっと素晴らしい光景が見られたのはほんとにラッキーだった。


b0339488_19185576.jpg

日が沈む。
ありえないくらい光と雲が美しい。


b0339488_19190486.jpg



b0339488_19190509.jpg

この雲!
常念岳側も凄いことになっている。


b0339488_19190567.jpg

赤く染まる槍。


b0339488_19190549.jpg


b0339488_19190679.jpg



b0339488_19190528.jpg


b0339488_19191492.jpg


b0339488_19191553.jpg



b0339488_19191669.jpg



b0339488_19203535.jpg

夜になった。
雲も少しあるのだが、真ん中縦にもやっとして見えるのは天の川。
はっきりと天の川を見たのは久しぶり。


b0339488_19203546.jpg

槍ヶ岳と槍ヶ岳山荘、そして沢山の星たち。


b0339488_19203514.jpg



b0339488_19203690.jpg

槍ヶ岳山荘と北斗七星。


b0339488_19203681.jpg

上空に雲があるのだが、山の下にも雲海が広がっている。
黄色く光っているのが俺のテント。


b0339488_19205166.jpg

この日のGPSログ。
左下が西岳、そこから一気に下り、あとは東鎌尾根をひたすら登り槍ヶ岳を登頂した。

最終日につづく


[PR]
by keen45 | 2017-10-14 19:48 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(0)

北アルプス表銀座縦走3日目その3 槍ヶ岳山荘テント場の午後

b0339488_19182625.jpg

テント場から見た殺生ヒュッテのあるカール。
燕岳からずっと一緒の学生さん、西岳から仲良くなった方はこちらにテントを張っている。


b0339488_19182691.jpg

雲海は完全に暴れだしている。

槍ヶ岳山頂から帰ってきてそれなりに時間があったのでテント内のダウン関係を干したり、散歩しながら写真をたくさん撮った。
さすが3.000m超え、刻々と雲と光が変わっていき全く飽きない風景が渦巻く。


b0339488_19182650.jpg



b0339488_19182704.jpg



b0339488_19182737.jpg



b0339488_19183540.jpg



b0339488_19183567.jpg

暇なのでもちろん自撮りも♪


b0339488_19183549.jpg

あそこに立ったんだな。
そしてみんなまだ登ってる♪


b0339488_19183699.jpg



b0339488_19183608.jpg



b0339488_19183658.jpg

槍ヶ岳山荘。
天空の城のようだ。


b0339488_19184537.jpg



b0339488_19184522.jpg



b0339488_19184558.jpg

小型の充電式ランタンを持ってきた。
これ使える。


b0339488_19184658.jpg



b0339488_19184630.jpg

続々とテント場に到着する人たち。
ちょっと遅い気がするぞ(笑)
びっくりしたのは夜10時ぐらいにテントを張りはじめた人がいた。
それ、だめなんじゃないか?
ペグを打つ音で目が覚めた。


b0339488_19184695.jpg

うぎゃー
かっこいい雲と光!


b0339488_19185456.jpg

真ん中に丸い虹っぽいのが出てる。


b0339488_19185454.jpg

うぎゃ〜〜〜
なんちゅう素晴らしい世界でテント張ってるんだ俺。
夢でも見ているようだ。


b0339488_19185464.jpg

ん?
ふたつ前の写真で丸い虹みたいと書いたけど、それがもっとはっきりしてきた。
あっ!これは?!


b0339488_19185422.jpg

ブロッケンじゃないのか?!!!


b0339488_19185537.jpg

ブロッケンだ!!!
真ん中に自分がいる!
手を振ればブロッケンも手を振る!
凄い!凄すぎる!!!
初めて見た!

隣に若い子もやって来て、こんなにはっきり見えたのはじめてと言いながら撮影している。
その子にこっち来ると真ん中に自分が写るよって教えてあげたらここで見えてますだって。
ブロッケンてひとそれぞれ自分のブロッケンが見えるんですよって教えてくれた。
しらんかった。
そして不思議!

山頂に立った時点で最高の山旅確定だったのに、こんなステキなことも起きるなんて。

最高の山旅はまだまだつづく



[PR]
by keen45 | 2017-10-13 21:03 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(0)

北アルプス表銀座縦走3日目その2 槍に立つ

b0339488_19155991.jpg

槍ヶ岳
標高31,80m
日本百名山

富士山の次にシンボリックな山だろう。
その他にはどんな魅力があるのだろう。
ここまで縦走してきてすでに十分魅力を感じてきているのだが(笑)


b0339488_19155799.jpg

燕岳、大天井岳、西岳、東鎌尾根、歩いてきた稜線が見渡せる。
これってほんとに感慨無量!


b0339488_19155867.jpg



b0339488_19155863.jpg

下に伸びているのは殺生ヒュッテに向かう登山道。
俺はこのまま稜線を行く。


b0339488_19155977.jpg

振り返ってヒュッテ大槍。


b0339488_19155950.jpg



b0339488_19161675.jpg

あと少し


b0339488_19161641.jpg

槍ヶ岳山荘のテント場到着。
すげー場所にあるテント場だな!
西側には雲海が広がっている。


b0339488_19161763.jpg

目の前に見えるのは大喰岳。


b0339488_19161713.jpg



b0339488_19161742.jpg

ここにテントを張った。
あまり機能しないエアマットが不安だったが3日目もテン泊にした。
天気も良さそうだし問題ないでしょ。


b0339488_19175413.jpg

テント場側から見る槍。
テントを設営後、いよいよあのトンガリの上へ。


b0339488_19175483.jpg

山頂へアタック開始。
日陰部分の岩は凍っていた。
ひょえ〜!


b0339488_19175537.jpg

ひょえ〜〜〜!


b0339488_19175533.jpg



b0339488_19175545.jpg

だいぶ先の先行者が全く進まない。
前の人にこっそり何が起きているんですか?
と聞いたら、ただ怖くて動けないんだと思いますとのこと。
この先は岩盤にピンが打ち込んであるだけの場所。
ま、のんびりいきましょ。
休憩&カメラ取り出して撮影タイム。


b0339488_19175552.jpg



b0339488_19180564.jpg

動きはじめて最後の階段へ。
ここは昇り降りが階段によって決まっている。


b0339488_19180537.jpg

というわけで三角点。


b0339488_19180510.jpg

山頂から見る槍ヶ岳山荘。
テント場は山荘から左に進んだ所。
だいぶ雲上がってきた。


b0339488_19180663.jpg

というわけで槍ヶ岳登頂!

サイボーグ、槍ヶ岳に立つ。

珍しく山頂で記念撮影。
なんか順番で記念撮影撮り合いっこになって流れて撮ってもらった(笑)


b0339488_19180601.jpg

リアルGoogle Earth(笑)


b0339488_19181536.jpg

Google Earthよりもリアル(当たり前じゃ!)


b0339488_19181561.jpg

歩いてきた稜線。
テント背負って槍まで歩いてきたぜ!!!


b0339488_19181604.jpg



b0339488_19181640.jpg

さあ、下山しますか。

燕岳からずっと一緒だった学生さんたちも一緒に山頂に立ってた。


b0339488_19181670.jpg



b0339488_19181608.jpg

小屋まで降りてきた。

なんかね、達成感が半端なかった。
後1日下山があるけど、ここ、槍ヶ岳までテント背負って縦走成功したんだって。

やったんだな、俺。


b0339488_19182621.jpg

山頂に立った安堵感のなかテントタイムの始まり。
3,080mでのテン泊は自己最高所記録。

つづく


[PR]
by keen45 | 2017-10-12 19:59 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(0)

北アルプス表銀座縦走3日目その1 東鎌尾根

b0339488_19141187.jpg

西岳テント場の朝
感謝しかないすばらしい朝日。


昨晩の暴風雨は5時頃まで続いた。
その後、風も雨も見事に収まりほんとに運がいい。

空気の入らないエアマットと相まって寝れたんだか寝れてないんだか。
温度は燕岳テント場より寒く感じた。

3日目のテント泊は標高3,000m超え。
どうすっかな。


b0339488_19141028.jpg

日が昇る。
新たな1日の始まり。

真ん中の山は日本百名山、常念岳。


b0339488_19141180.jpg



b0339488_19141183.jpg

嵐の中耐え抜いた強者達のテント群。
テントの距離近すぎ(笑)

風に隠れる場所はここのみ。
7張りがいっぱいいっぱい。

後に槍ヶ岳で話をした方に、昨晩テント泊したのか!と驚かれた。


b0339488_19141280.jpg

西岳。
二時間前まで暴風雨だったことが信じられない好天。

見える建物がヒュッテ西岳、テント場からはそれなりに離れている。
テント泊の人もトイレは毎回100円支払う。なので小銭を用意しておくこと。
その代わりトイレはとても綺麗。


b0339488_19142127.jpg

西岳テント場からは槍、そこからつづく稜線がよく見える。


b0339488_19142174.jpg

二週間前に登った穂高もはっきりと。


b0339488_19142180.jpg

さあ出発だ。

はしごを降りてくる学生たち。
西岳からまずは急激に下る。


b0339488_19152312.jpg

神様、こんなに素晴らしい天気をありがとう!


b0339488_19152322.jpg

痩せ尾根からのはしご。


b0339488_19152394.jpg



b0339488_19152461.jpg

真ん中右に人が見えるだろうか。
なが〜いはしご、高所恐怖症の俺でも15kgを背負ってこんなところも降りれるようになった。


b0339488_19153518.jpg



b0339488_19153581.jpg

真ん中の高い山が西岳、その右側がテント場。
そこから急激に下りここまで登ってきた。


b0339488_19153534.jpg

槍沢。
後に梓川となり上高地へ続く。
最終日はこの沢沿いを下山していく。


b0339488_19153646.jpg



b0339488_19153639.jpg



b0339488_19154688.jpg

左、大天井岳、歩いてきた稜線、右は常念岳。


b0339488_19154646.jpg

槍に近づいてくると残り距離が表示され始めた。
短いようでなかなか距離が縮まらない。
表示が現れるたびにハイハイ〜って感じ(笑)


b0339488_19154762.jpg



b0339488_19154720.jpg

真ん中奥、燕岳、右、大天井岳。
この稜線をずっと歩いてきて3日目。


b0339488_19154702.jpg



b0339488_19154808.jpg

更に槍が近づく。

それほど思い入れのなかった槍だったが、縦走初日から見てきていると日に日に愛着?特別なもの?みたいな感覚が芽生えてきた。
槍を登るのにこの縦走ルートを選んだのは大正解かもしれない。

つづく


[PR]
by keen45 | 2017-10-06 22:05 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(0)

北アルプス表銀座縦走2日目その3 西岳テント場

b0339488_21542304.jpg

大天井岳山頂に行くには東側をまわるしかない。
その東側をまわっている時に振り返って常念岳。


b0339488_21542499.jpg

ここを下った大天井ヒュッテで行動食の昼食をとった。


b0339488_21542406.jpg

風はずっとすごいんだけどそれプラス雲…


b0339488_21542510.jpg

豪雪ちたいなんだね。
木が全てひん曲がってる。


b0339488_21542508.jpg



b0339488_21542523.jpg

ステキな稜線だ。
でも雲が…


b0339488_21543499.jpg



b0339488_21543458.jpg



b0339488_21543591.jpg

槍ヶ岳はどんどん近くなってくる。


b0339488_21543558.jpg

振り返ると燕岳なんてとっくに見えない。
見えているのは大天井岳
そこからもすでにこの距離歩いてきた。


b0339488_21543597.jpg



b0339488_21543576.jpg



b0339488_21544489.jpg



b0339488_21544481.jpg

常念岳がよく見えるようになってきた。


b0339488_21544558.jpg

この方、この日のテント場の向かいにテント張ってた。


b0339488_21544505.jpg

ひたすら歩いた。
この右側は西岳なんだけど、登山道が巻いているのを見てほっとした(笑)

そしてヒュッテ西岳とテント場。

この暴風の中テントを張るか張るまいか考えたのだけど、二張テントが張られているのを見て俺もテントを張ることにする。
テント受付で、今日は雪が降るかもしれないと言われぞっとする。

テントが飛ばされないようなんとかテント設営が完了。
その後燕岳から同じルートの学生さん達が隣にテントを設営した。
風に隠れる場所が少ないテント場なので俺のテントとほぼくっつく形で。


b0339488_21544539.jpg

夕飯食べ終わると雨が降ってきた。
風も吹き止まない。
暴風雨になった。

本を読み始める。
テントがバタバタ揺れ、雨が叩きつける。
隣の学生さんとはテントとフライが間にはあるけど人の距離は1mもないだろう。
ゴキブリポーカーという知らないトランプ遊びを楽しそうにしているのがはっきりと聞こえる。
ほとんど同じテントに居るようだ(笑)
というわけで本の内容は全く頭に入ってこず、3ページほど読んで閉じた。


b0339488_21544554.jpg

前夜からトラブル発生しているマット。
枕のようにも見えるが、本来ここは平らでなければならない。
固くならないマットは腰と肩の部分が地面に触れ冷たい。
なんとかならないかと策を考える。
腰部分には折りたたみのTHERMAREST座布団、肩部分には着替えを平らにしたもの。
足にはザック。
うん、これで昨日の夜より快適になりそう。
暴風雨だからか、体感温度は昨晩より寒い。
横になるとテン幕が頭、腕、足をバシバシ叩きつけてくる。
ちゃんと眠れるだろうか…


b0339488_21545275.jpg

この日のルート。
手前から奥に向かって歩いた。

3日目につづく



[PR]
by keen45 | 2017-10-02 21:21 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(0)

北アルプス表銀座縦走2日目その2 大天井岳

b0339488_21523150.jpg

大天井岳
標高2,922m
日本二百名山

燕岳、槍ヶ岳、常念岳の三方向に稜線が伸びているので三叉路的な山。
今回も表銀座の通過点的な感覚でいたのだが、なにげに標高は3,000m近くあり驚く。


b0339488_21523180.jpg

暴風なので階段とかほんとヤバイ。


b0339488_21524383.jpg

振り返ると燕岳は遥か彼方。


b0339488_21524389.jpg



b0339488_21524403.jpg

すでにこれだけの稜線を歩いてきた。
凄い!


b0339488_21524457.jpg

大天荘到着。
ザックを置いたまま大天井岳山頂を目指す。
山頂へはここに戻ってくるピストン。

利用もしないのにテーブルをザック置き場として専有するのはいかがなものか。


b0339488_21524435.jpg



b0339488_21524452.jpg

常念岳方面の稜線。
ここからこちらに進む人もたくさんいる。
俺は槍の方へ。


b0339488_21525400.jpg

大天井岳登頂♪


b0339488_21525589.jpg

青い男性、風に煽られ転倒してた。


b0339488_21525568.jpg



b0339488_21525575.jpg

表銀座コースはいつも視界に槍ヶ岳が入っている。
そしてそれが近づいてくる。


b0339488_21525582.jpg



b0339488_21525565.jpg



b0339488_21535500.jpg



b0339488_21535506.jpg



b0339488_21535546.jpg



b0339488_21535663.jpg

ここを下った所が大天井ヒュッテ。
少し休憩する。


b0339488_21535622.jpg

つづく




[PR]
by keen45 | 2017-10-01 21:52 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(2)