アサクフカク

丹沢山 前編

b0339488_21384803.jpg
丹沢山
標高1,567m
日本百名山。ただし、深田久弥が選んだのはこの山ひとつのことではなく、丹沢中央部の山々全体の事を指したらしい。

先週塔ノ岳を登頂でき、更に先へ行ってみたく丹沢山を目指すことにした。
前日大倉まで行き車中泊。
4時半に目覚め、やっと空が明るくなってきた5時半に登山開始。

b0339488_21384934.jpg
大倉尾根、通称バカ尾根をひたすら登る。
この日は時間的に厳しくなるのが分かっていたので、写真を撮る事も少し控え、いつもより速いペースで登っていった。
といってもコースタイムと同程度。

b0339488_21384909.jpg
丹沢の心臓部が見えてきた。
左、塔ノ岳。中央、丹沢山。左、蛭ヶ岳。

b0339488_21384962.jpg
b0339488_21384947.jpg
塔ノ岳登頂。
先週、あれだけ大感動して登った山なのに今日は通過点。
少しだけ景色を楽しみ先へ進む。

b0339488_21384943.jpg
話ではそれほど高低差のない峰ルートだと聞いていたが、それなりにアップダウンはある。
大倉尾根を登ってきた体には結構きつい。

b0339488_21390179.jpg
丹沢山登頂!

さて、実はここで大感動は出来なかった。
なぜならばこの先、蛭ヶ岳も狙っていたからである。

b0339488_21390181.jpg
ここまで登ってきた時間5時間30分。下山も同じ時間掛かると考えて4時30分下山予定。
ここから蛭ヶ岳は3.4km。往復4時間。
これをプラスすると下山時刻は8時30分…
ないない!ありえない!
行動時間にすると15時間…
ないない!まったくありえない!

b0339488_21390107.jpg
蛭ヶ岳、なかなか手ごわい宿題になった。

b0339488_21390198.jpg
ここまで登ってき来た気持ちを正直に書こう。
面白くなかった。
せっかく初めて登った山、丹沢山に来たのに辛いだけだったのだ。

それがどうだろう。
蛭ヶ岳登頂を諦めたとたん、いつもの楽しさが押し寄せてきた。
パスタを茹でて、沢山写真を撮って、たまには座って休憩もする。
それが出来る幸せ。

無理に登頂を目標にする必要はない。
ある意味、そんなことはどうでもいい。

ワタシのしたいことは何だ?
バイクで言えば知らない土地に行ってみたい。この道の先には何があるのだろう?その程度のことだ。
サーキットのコースレコードを叩き出すことではない。
山歩きで言えば、あの山ってどんな感じなんだろう?あそこに行ったらどんな風景が見れるだろう?その程度のことだ。
エベレスト登頂が目標なわけではない。

旅が好きなんだと思う。

バイク、山歩き、もしくは車や飛行機、なんでもいいから旅が好きなんだ。

それをあらためて気付かせてくれた丹沢山。
思い出に残る山となった。

ここでおしまい。
となりそうな文章だが、一応後編へ続く(笑)



[PR]
by keen45 | 2016-03-24 22:44 | 登山 | Comments(0)