人気ブログランキング |

アサクフカク

筑波山 前編 男体山

b0339488_22273038.jpg
筑波山
標高877m
西の富士山、東の筑波山と言われるほどの名峰。
一番標高の低い日本百名山。だからといって一番楽というわけではない。
山頂はふたつの峰からなる。少しだけ低い方が男体山、最高峰が女体山。
今回は男体山から登っていく。
上の写真は女体山山頂から見た男体山。

b0339488_22263741.jpg
前夜出発し、道の駅しもつまで車中泊。
早朝登山口へ向かう。

若かりし日、筑波サーキット通いしていた頃に遠くにいつも見ていた筑波山。
近くで見ると思いのほか立派だった。

b0339488_22263758.jpg
筑波山神社から登り始める。

b0339488_22263883.jpg
実はケーブルカーが山頂近くまで走っている。
体力に自信のない方はこちらで。

このケーブルカー地図で見ると大きくカーブしていたので、どうやってケーブルを引いているのか疑問に思っていた。
現物を見て納得。
滑車が斜めに取り付けてありケーブルがカーブするように取り付けてあったのだった。
これで外れず車両を引っ張れるんだね。

b0339488_22263849.jpg
この表参道登山道は距離は短いものの結構な急登が続く。
丹沢の大倉尾根にも負けないぐらいな角度に感じた。

b0339488_22263860.jpg
この木道階段を登ればあと少し。

b0339488_22263831.jpg
b0339488_22263949.jpg
到着。と言っても山頂ではない。
御幸ヶ原という展望所。
ちょうど男体山と女体山の間にある。
ケーブルカー駅もここにある。

b0339488_22263937.jpg
うひょ〜〜〜!
北側の眺め。すげーな!

b0339488_22263979.jpg
所々に山桜が咲いていた。
ソメイヨシノだけが桜じゃないよな。

b0339488_22270441.jpg
男体山に登り始める。
岩場の急登。

b0339488_22272966.jpg
木々の間から女体山が見えた。

b0339488_23112475.jpg
男体山登頂!
筑波山神社は男体山、女体山がそれぞれ本殿である。

男体山には自然研究路という周回コースがある。
そこをまわるため一度御幸ケ原まで下山。

b0339488_22272940.jpg
下山して自然研究路入口に来て衝撃の事実。
がけ崩れで通行不可。
迂回路は男体山山頂からだって!
こういうことはもっと分かりやすい所に看板立てるべきじゃないの?もう!
もう一度男体山へ登る。

b0339488_22272946.jpg
自然研究路に岩場の展望台があった。
男体山山頂よりこちらの方がいい眺めだな。

b0339488_22272978.jpg
写真では分からないが山桜の花びらが森のなかを舞い散っている。
素敵だった。

b0339488_22273088.jpg
ここを登って少し行けば御幸ヶ原。

女体山へ続く


by keen45 | 2016-04-26 23:28 | 登山 | Comments(4)
Commented by r12gstomo at 2016-04-27 10:21 x
すっかりアルピニストですね。(^O^)私は連休中は125のバイクで、山を目指します。(^_^)ノ
Commented by keen45 at 2016-04-27 13:25
r12gsさま
全然アルピニストじゃなく、お散歩おじさんです。
125なら1人で起こせますから安心して山に入っていけますね。
Commented by つもる at 2016-04-28 16:30 x
自然観察路の通行止め、迂回路の注意書きはすぐ目にとまりました。しかも何箇所も… 戻っちゃったんだぁ~~~
Commented by keen45 at 2016-04-28 20:29
> つもるさん
今思えば山頂に小さな注意書きがあったのを覚えています。
でもそれが自然研究路が途中通行止めでその迂回路注意書きだとは思わなかったのです。