アサクフカク

愛鷹山

b0339488_21154200.jpg

愛鷹山
日本二百名山 標高1,504.2m
富士山の南側に位置し、最高所は越前岳。

年末の25日に山納めとして登った。

写真は登山途中にあった山小屋。
無人でトイレとテント場もあり。


b0339488_21154451.jpg

山小屋内部。
これはこれで快適そう。
泊まることはないだろうけど。


b0339488_21154711.jpg

稜線に出た。
まずは黒岳を目指す。


b0339488_21154756.jpg

途中の展望台から。
愛鷹山は富士山の眺めが素晴らしいことで知られている。
しかしこの日は次から次へと雲がやってきていた。
結局山頂がしっかり見えたのはこのときだけ。


b0339488_21154980.jpg

登山口付近の気温は1°だった。
なので登山道は霜柱も沢山あった。


b0339488_21154950.jpg

黒岳山頂。
伐採したのか公園のように開けている。
ちょうど太陽が照りだしてのどかな雰囲気だった。


b0339488_21155734.jpg



b0339488_21155831.jpg

黒岳から越前岳に向かう途中の登山道。
水でV時に削られ歩きにくい。
とおもったら並行して新ルートが作られていた。
そちらを歩くように。


b0339488_21155802.jpg

ガレン。
聞きなれない名称だけどがれ場からきているのかな?
ものすごい断崖になっていた。
マジで危険。


b0339488_21155958.jpg

富士見台。
ここからの眺めは五拾銭札に使用されたそうだ。
実際の富士山は雲の中だったのでお札の絵柄で楽しんでください♪


b0339488_21155929.jpg

最高所越前岳到着。
風が冷たい。
それも納得、木々には霧氷ができていた。


b0339488_21160080.jpg



b0339488_21160928.jpg

駿河湾と伊豆方面。


b0339488_21160984.jpg

霜柱の道。
この日はつもるさんとふたりで登った。


b0339488_21160908.jpg

最後の展望所。
最後まで富士山山頂は雲の中だったな。


b0339488_21161036.jpg

無事下山。
登り口と違う場所に下山した理由は、車2台で行ったので、それぞれの登山口に車をデポしたため。
車2台だとこんな風に縦走が楽しめる。


b0339488_21161060.jpg

富士山見えなかったな〜と思って帰路についていたら、今頃になって富士山が現れた。
雲の位置からして、こちら側からはずっと姿を現していて、愛鷹山からだと雲に隠れていたようだ。


b0339488_21292057.jpg
この日のログ。

年末の登り納めでありクリスマス登山となった愛鷹山。
家に帰った夜、強烈な吐き気に見舞われる。ノロだった。
とんでもない年末となったが、人生そんなもんさ。

おわり


by keen45 | 2017-01-06 21:56 | 登山 | Comments(2)
Commented by みねんこ at 2017-01-07 00:31 x
あしたかやまだ~
(近くに住んでたくせに登ったことはナイ 笑)
冬景色の登山もいいですね♪
(でも寒さで更に過酷そう。。。)
Commented by keen45 at 2017-01-07 20:52
> みねんこさん
そっかぁ、近くだったんだね。
冬の登山は歩いてるときは全く寒さは問題ないよ。
止まったときが寒い。
当然ダウンとか持っていくんだけどそれでもね。