アサクフカク

10日目-2 大船山

b0339488_15420375.jpg

大船山
標高1,786m
花の百名山

名は船が覆うような形からついた。
標高は九重連山の中で第三位。
山頂付近のミヤマキリシマは国の天然記念物。


b0339488_17574037.jpg

坊がつるで驚いたのは車が走れる林道があったこと。
もちろん関係者用の林道ではあるが。

この湿原は池塘が沢山みたいな湿原ではなく、一見草原のように見える。
これでも湿原なんだね。


b0339488_17574099.jpg

なかなか興味深い遊歩道案内図。
総延長2,100km。
これをテントを背負い回ってみたい。
無謀に思えるが、日数さえ揃えば行ける気がしてならない。


b0339488_17575363.jpg

標識の大船山方面へ。


b0339488_17575461.jpg

ここから本格的な大船山登山開始。


b0339488_17575491.jpg

登山道は展望が開けない。
ひたすらハードな樹林帯を登る登る登る。


b0339488_15412435.jpg



b0339488_17575523.jpg



b0339488_15415266.jpg

うぉぉ!
木々の高さが低くなったところで振り返る。
とうとうやってきたんだな、九重連山!


b0339488_15415373.jpg

登りまくって開けたところに出た。段原。
ここではっきり山頂が見えた。
そしたらね、なんか泣けてきた。
なぜかははっきり分からない。
俺、あそこに立つんだ。そう思うとたまらなくなった。


b0339488_15415341.jpg

ハードな岩場に突入。
ストックをザックへ。


b0339488_15415360.jpg

あと少し!


b0339488_15420200.jpg

振り返って三俣山。


b0339488_15420358.jpg

大船山登頂!
ひゃっほ〜〜〜♪


b0339488_15420388.jpg

山頂から東側を見る。
多分これ殆どがミヤマキリシマ。
咲いてるときは凄いだろうな。


b0339488_15420342.jpg

びっくり。
池があった。
この池まで降りていけるらしい。
緑や紅葉の時期は日本庭園のような美しさなのだそう。



b0339488_15424422.jpg

山頂から見る南西方面。
右の山塊を見ていくと…


b0339488_15424390.jpg

ど〜〜〜ん!
九重連山のメインの山塊が一望!

翌日登る日本百名山久住山、九重連山最高峰であり九州本土最高峰でもある中岳も見える。
右真ん中あたりの谷にはこの日宿泊する法華院温泉山荘。
その下から右に広がるのが坊がつる。

大船山登山道はハードで展望は途中まで開けないし日本百名山でもない。
しかし、登る価値がおおいにあるステキな山だった♪

つづく



[PR]
by keen45 | 2017-05-23 16:56 | 20170409_九州 | Comments(0)