人気ブログランキング |

アサクフカク

11日目-1 久住山


b0339488_16080934.jpg

久住山
標高1,787m
日本百名山

修験の山として栄えた。
現在は多くの登山者で賑わう。
南側の久住高原側がメインの登山口だったが、やまなみハイウェイ開通後、メインの登山口はそちらへ移る。
日本百名山であるが、九重連山最高所は中岳。


b0339488_16074495.jpg

宿泊した法華院温泉山荘から登山スタート。
お弁当を頼んで作ってもらった。
お昼楽しみ♪


b0339488_16074501.jpg

宿泊したのは2階の向こう側の窓の部屋。


b0339488_16074560.jpg

登っていく登山道は法華院温泉山荘の裏側。


b0339488_16074510.jpg

岩の登山道を登りきると荒涼とした平らな場所、北千里浜に出る。
ここからしばらく日本ではないような風景の中を歩く。


b0339488_16074571.jpg

スターウォーズに出てきそう。


b0339488_16075708.jpg

また岩場を登り始め振り返る。
いやー、凄い!

岩場に黄色の迷い防止の印がやりすぎだろってほど見える。
ここ、霧が出ると方向を見失うことが多いそうだ。
多くのあらゆるレベルの登山者が来る山なので、やり過ぎに見える印にも意味があると思われる。


b0339488_16075750.jpg

山の上はまだまだ寒い。


b0339488_16075899.jpg

稜線に出た。九重別れ。
この右からきている登山道が牧ノ戸峠から続いている登山道。
このルートが一番楽に登れるルートなので、ここから急に人が増え始める。


b0339488_16075817.jpg

稜線の向こう側を見ると阿蘇山が。


b0339488_16075838.jpg

久住山が姿を表した。


b0339488_16075825.jpg

牧ノ戸峠側を振り返る。
高くなってるのが星生山。
あの山もステキだと北千里ですれ違った方が教えてくれた。


b0339488_16080963.jpg

この斜面を時計回りのように登っていく。


b0339488_16080927.jpg

おぉ、山頂が見えてきた!
写真では穏やかに見えるが、なかなか経験できないくらいの強風が吹いている。


b0339488_16080918.jpg

久住山登頂♪
強風のためみなさん登頂後ほとんど何もせず下山開始してる(笑)
山頂での写真は風に飛ばされないよう必死に撮影した。
当然三脚は立てられないわけでカメラを持って自撮り。
それが一番最初の写真。
ウインドシェルが膨れ上がっていることで強風なのが分かると思う。


b0339488_16081075.jpg

硫黄山方面。


b0339488_16083146.jpg

南には阿蘇山。


b0339488_16083280.jpg

その少し東には祖母山。


b0339488_16083244.jpg

東側真ん中が天狗ヶ城、右が九重連山最高峰中岳、奥の薄いのが由布岳。

つづく



by keen45 | 2017-05-25 17:39 | 20170409_九州 | Comments(2)
Commented by ssrx-2008 at 2017-06-02 06:49
自撮りナイスですw

岩がゴロゴロ、歩きづらそうだし、
こういうとこで足挫かないように気を遣うよね。

脚腰も当然だけど体幹がしっかりしてないと
山って登れないよね。
って考えると、キーンさん、ほんと未曾有の事故から
こんなにたくさんの山を登れるようになったんだね。
とつくづく思った。
Commented by keen45 at 2017-06-02 15:15
> ssrx-2008さん
最近、細かい動きに関しては脳と体がオートで動くようになったので、工程やプランに集中しているような気がする。
ホント元気になりました♪
都合のいいときだけ怪我の具合がといって逃げるようにします(笑)