人気ブログランキング |

アサクフカク

北アルプス表銀座縦走3日目その1 東鎌尾根

b0339488_19141187.jpg

西岳テント場の朝
感謝しかないすばらしい朝日。


昨晩の暴風雨は5時頃まで続いた。
その後、風も雨も見事に収まりほんとに運がいい。

空気の入らないエアマットと相まって寝れたんだか寝れてないんだか。
温度は燕岳テント場より寒く感じた。

3日目のテント泊は標高3,000m超え。
どうすっかな。


b0339488_19141028.jpg

日が昇る。
新たな1日の始まり。

真ん中の山は日本百名山、常念岳。


b0339488_19141180.jpg



b0339488_19141183.jpg

嵐の中耐え抜いた強者達のテント群。
テントの距離近すぎ(笑)

風に隠れる場所はここのみ。
7張りがいっぱいいっぱい。

後に槍ヶ岳で話をした方に、昨晩テント泊したのか!と驚かれた。


b0339488_19141280.jpg

西岳。
二時間前まで暴風雨だったことが信じられない好天。

見える建物がヒュッテ西岳、テント場からはそれなりに離れている。
テント泊の人もトイレは毎回100円支払う。なので小銭を用意しておくこと。
その代わりトイレはとても綺麗。


b0339488_19142127.jpg

西岳テント場からは槍、そこからつづく稜線がよく見える。


b0339488_19142174.jpg

二週間前に登った穂高もはっきりと。


b0339488_19142180.jpg

さあ出発だ。

はしごを降りてくる学生たち。
西岳からまずは急激に下る。


b0339488_19152312.jpg

神様、こんなに素晴らしい天気をありがとう!


b0339488_19152322.jpg

痩せ尾根からのはしご。


b0339488_19152394.jpg



b0339488_19152461.jpg

真ん中右に人が見えるだろうか。
なが〜いはしご、高所恐怖症の俺でも15kgを背負ってこんなところも降りれるようになった。


b0339488_19153518.jpg



b0339488_19153581.jpg

真ん中の高い山が西岳、その右側がテント場。
そこから急激に下りここまで登ってきた。


b0339488_19153534.jpg

槍沢。
後に梓川となり上高地へ続く。
最終日はこの沢沿いを下山していく。


b0339488_19153646.jpg



b0339488_19153639.jpg



b0339488_19154688.jpg

左、大天井岳、歩いてきた稜線、右は常念岳。


b0339488_19154646.jpg

槍に近づいてくると残り距離が表示され始めた。
短いようでなかなか距離が縮まらない。
表示が現れるたびにハイハイ〜って感じ(笑)


b0339488_19154762.jpg



b0339488_19154720.jpg

真ん中奥、燕岳、右、大天井岳。
この稜線をずっと歩いてきて3日目。


b0339488_19154702.jpg



b0339488_19154808.jpg

更に槍が近づく。

それほど思い入れのなかった槍だったが、縦走初日から見てきていると日に日に愛着?特別なもの?みたいな感覚が芽生えてきた。
槍を登るのにこの縦走ルートを選んだのは大正解かもしれない。

つづく


by keen45 | 2017-10-06 22:05 | 20170919_北アルプス表銀座縦走 | Comments(0)