アサクフカク

横浜から見える百名山


b0339488_21252533.jpg

先日の冷え込んだ日にウォーキングをしていると、空気が澄んでいて遠くの山々まで綺麗に見渡せた。
富士山、丹沢はよく見えていることが多いのだが、丹沢山の右側奥に真っ白の山がふたつ見えていることに気がついた。
あんなに雪が積もっている山は何なんだろうとiPhoneのPeekFinderを使い確認してみると、北岳、間ノ岳と表示されているではないか。
その山の拡大写真が次の写真。


b0339488_21300341.jpg

間違いない、去年に登った北岳、間ノ岳だ。
山肌まで分かるくらい見えている。
横浜から南アルプスが見えるのだ。

一番上の写真にも写っていないが、左側には富士山も見えている。
てことは、日本のナンバー1,2,3がこの横浜から同時に見えているということ。
これって結構凄い。


b0339488_21254915.jpg

さらに、PeekFinderと一番上の写真を見ていて気がついた。
大菩薩嶺も見えているのである。
写真では切れていて確認できないし、多分建造物で隠れてしまっているのだろうが、PeekFinderでは一番右に雲取山まで表示されている。
これも含めて見えている日本百名山を左から確認していくと、
富士山、丹沢山、間ノ岳、北岳、大菩薩嶺、雲取山と6座、内3つは日本の上位ワン・ツー・スリー。
山とは縁のない横浜と思っていたけどなかなかどうして。
素晴らしい山々がそこにあるのだ。

追記1
PeekFinderを拡大してみていたら金峰山も表示されてる。
それも含めると見えている日本百名山は7座。

追記2
雲取山もはっきり見えていることを確認した。
横浜の平野部のこの場所から見えている日本百名山は間違いなく7座。


[PR]
by keen45 | 2017-12-10 22:09 | 登山 | Comments(0)