アサクフカク

Switchのゼルダ

b0339488_20450040.jpg

先日、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドのエンディングを見た。

ゼルダがやりたいがためにSwitchを購入、去年の10月後半にやってきた。
夜、できるときには1〜2時間ほどプレイし、約3ヶ月かかってのエンディング。
エンディングを見るだけなら1ヶ月ほど前に見ようと思えば見れているのだが、膨大な量のサブイベントこなしてからと思っていたのでここまでかかってしまった。
といってもサブイベントはまだ1/3ぐらいは残っていると思われる。
それくらい膨大なボリュームの内容。

ゲームのスタイルとしては今流行りのオープンワールド。
基本的にはどこにも、どこへでも行ける。それもシームレスで。
携帯機でそれができるなんてすごい時代だ。

ゼルダなのでパズル的な要素がたくさん。
しかし今までのゼルダ恒例的なことはかなり無くなっており再構築されていて、それが良い方向になっている。

アクションは新鮮で驚きの連続。
謎解きも簡単なものから未だにわからないものまでで終わる日が来るのだろうか。
とにかくおもしろい。

絵、キャラクターデザインも愛嬌がある。

一番好きなのはシナリオと演出。
挿入されるムービーがいちいちかっこよく泣ける。
ここが一番しっかりしているので頑張れるといったらいいすぎだろうか。

御ひい様、もう少し頑張るんだよ。


[PR]
by keen45 | 2018-01-25 21:39 | ゲーム | Comments(0)