アサクフカク

山に登れない

b0339488_22240257.jpg

まずは先月の話から。

前夜から富士五湖入り。
夕食を済ませ車中泊。
21時頃にシュラフに入るも胃がむかむかし下痢が始まる。
大したことないと思いこみ眠りにつくも深夜0時頃気持ち悪くて目が覚める。
車外に出ようとするも間に合わず車内で嘔吐。
その後はほぼ眠れず下痢と嘔吐を繰り返すひどい状況。
この時点で登山はなくなった。
それどころかこんなところでどうすりゃいいんだ?
救急車呼ぶことも視野に入れながら、何も出来ないのでひたすら車内で横になる。
朝7時ごろにうとうとから目が覚め少し吐き気が治まっている。
今しかない。
高速を使って帰宅。
家に帰っても嘔吐。
翌日まで回復せずというとんだ登山始め。
てか始まっていないが。

そして昨日。

リベンジ的に前夜富士五湖に向かう。
この夜の天気予報は曇り、翌日は快晴。
天気の良いこの日を狙っていった。
夜、道志みちに入るとまさかの雪。
ほんとに細かいのでほぼ積雪はなく道の駅どうしまでは問題なし。
しかしその後の長い上り。
積雪1センチほどの完全な雪道となっていた。
積雪は少しの区間だけだろうと思い登っていくも延々積雪は終わらない。
そして最悪の事態。
後輪が焦げ臭く空転し始める。
終了。
ハザードを付けバックで1kmほどを延々下っていく。
積雪がなくなったところでUターンし道の駅どうしで休憩。
さてどうするか。
明日午前中までは峠越えむりだろうし行けたとしても富士五湖付近の雪の状況が読めない。
帰ろう。
深夜帰宅し今日から仕事を通常どおりしている。

ついてない。


[PR]
by keen45 | 2018-02-23 22:57 | 登山 | Comments(0)