アサクフカク

安達太良山 中編 登頂


b0339488_21363299.jpg

安達太良山山頂は目の前。
写真では快適な登山に見えるが、稜線に出てからはとんでもない強風に吹かれ続けていてバランスを崩すぐらい。
風速20mぐらいあったんじゃないだろうか。
風と一緒に飛んでくる砂利が顔にバシバシあたる。


b0339488_21363246.jpg



b0339488_21363258.jpg

安達太良山の表記あり。
しかしホントの山頂はあの岩の上。


b0339488_21363362.jpg

山頂へはいくつかの岩登りルートがあった。
はしごがかかっていたこのルートで上がる。


b0339488_21363329.jpg

登頂♪


b0339488_22221397.jpg

この日一番乗りじゃないかと思うくらいここまで誰とも人に会っていない。

吹き飛ばされそうな強風なので手を合わせたあと、すぐに風裏の岩場に避難。



b0339488_21364955.jpg



b0339488_21364990.jpg

この日初めて腰を下ろす。
じゃじゃ〜ん♪
毎度のバナナで体の燃料補給。


b0339488_21364953.jpg

さてと、下山しながら火口周回開始。


b0339488_21364947.jpg



b0339488_21365059.jpg

あのピークが鉄山、まずはあそこへ向かう。
このあたりの強風は半端なく、歩みを度々止めるほどだった。


b0339488_21365944.jpg

振り返って歩いてきた登山道と左奥が安達太良山山頂。
ひゃ〜!
それにしてもすごい風景!


b0339488_21370020.jpg

鉄山直下の急登。
あの岩場登れるのか?
と不安になったが最後のところは巻道になっていた。


b0339488_21370068.jpg



b0339488_21370026.jpg

鉄山登頂♪


b0339488_21370046.jpg




b0339488_21373064.jpg

左の稜線上にあるのが鉄山避難小屋。
あそこでお昼にしよう。



b0339488_21373005.jpg



b0339488_21373178.jpg

鉄山を通過して振り返る。
安達太良山方面からの急登からは想像できないほぼフラットな稜線歩き。



b0339488_21373143.jpg

避難小屋内。
とてもしっかりした作り。
昼食はおにぎりとパン。


b0339488_21373946.jpg

歩き始めて振り返る。
鉄山山頂と避難小屋の位置関係。


b0339488_21374043.jpg



b0339488_21374087.jpg

遠くからも目立っていた碑の上についているものはプロペラだった。
右奥は磐梯山。


b0339488_21374037.jpg

つづく


[PR]
by keen45 | 2018-06-15 21:32 | 登山 | Comments(0)