アサクフカク

白馬三山縦走 1日目その2 鑓温泉

b0339488_23080929.jpg



b0339488_23141492.jpg

ここも雪渓上は歩けない。
崩壊している。


b0339488_23150384.jpg

雪渓の上部に通常の登山道が現れている。


b0339488_23161587.jpg



b0339488_23050204.jpg

花畑と呼ばれる場所は意外と花は少なかったりする。
でもここはほんとに花畑。


b0339488_23081055.jpg

こんな花も普通に咲いていたりする。


b0339488_23152268.jpg

雪渓に大穴。
こわ…


b0339488_23081825.jpg

斜面に湯気を上げた水が大量に流れている。
これ、実は温泉のお湯。
標高2,000mに大量の温泉が湧き出しているのだ。


b0339488_23081849.jpg

その温泉が本日のテン場、白馬鑓温泉小屋。
ここはいわゆる山小屋でありテン場であるが、大量の温泉が湧き出していて露天風呂が作られている。
混浴であるのだが、テン場、登山道、小屋等から丸見えなので女性は入りにくいだろう。


b0339488_23081892.jpg

テントを設営後3時くらいから温泉に入る。
目線の先には火打山や妙高山などの新潟の山々、その上にはどこまでも広がる青い空。
まさに天空の温泉。
素晴らしすぎる!


b0339488_23081864.jpg

日が暮れてくると西側から大量の雲が流れてきた。


b0339488_23082608.jpg

夕飯はテン泊登山の楽しみのひとつ。
写真のメニューが最近の定番なのだけど次回はあと一品増やしてみよう♪


b0339488_23082727.jpg

雨にも降られた。
でもこの程度の雨は去年の表銀座縦走時の西岳テン場の暴風雨に比べたら降っていないも同じ。


b0339488_23163802.jpg

テン場の横には大量の温泉が流れ落ちていく。
ものすごい湯量だ。


b0339488_23082763.jpg

今回からヘッドライトはPETZL ACTIK CORE
USB充電できる専用バッテリーで機能する。
単4電池も使える。

今まで使っていたヘッドライトは単4電池式。
これだとどれくらいの電池残量かわからず、スペア電池を必ず持ち歩くことになる。

PETZL ACTIK COREはそういう意味で重量的に有利。
光り方も数種選べ、バンドバックルには笛の機能まで内蔵されている。


b0339488_23082799.jpg

今回のテン場全てで時間に余裕ができそうだったので、テン泊初、チェアゼロを持ってきた。
これが正解で地べたに座るのとぜんぜん腰への負担が違う。
ゆっくり本を読んだり遠くを眺めたり。
幸せだった♪


b0339488_23082740.jpg

夜、三脚を立てて星空撮影を試みるも、明るい月と大量の雲により断念。


b0339488_21193525.jpg

1日目の登山ログ。
久しぶりのテン泊装備だからか、体調が悪いのだろうか、けっこうしんどかった。
翌日はどうだろう?

2日目につづく


[PR]
by keen45 | 2018-09-04 22:09 | 20180820白馬三山縦走 | Comments(0)