人気ブログランキング |

アサクフカク

黒岳 前編

b0339488_22321728.jpg

黒岳
標高1,793m
日本三百名山、山梨百名山
河口湖の北に位置する御坂山塊最高峰

御坂山塊には冬登山として数多く訪れている
なのに最高峰に登っていなかった
去年の冬に登るチャンスがあったのだが、現地到着後体調不良で断念、念願の黒岳登山
世の中の正月休みが終わった頃、登山はじめとして登ってきた

前日夜に前入りし車中泊、寝る前の気温は−4度、眠れるか不安だったが上下ダウンを着込み冬用シュラフに潜り込むととても快適
家で寝るより快適なんじゃないかと思えるほどで、朝まで一度も目覚めることなく眠れた


b0339488_22312902.jpg

今回からスタンレーの1.9Lポットを導入、もちろん背負っていくわけではない。
使い方はこう
前日の出発前、家で熱湯を入れ出発
車中泊をした早朝、スープやらコーヒーやらを楽しむ
余ったお湯はモンベルのアルパインサーモ500に移す
さらにあまったお湯をナルゲン1Lに移す
ナルゲンは熱湯を入れても何ら問題ない
ナルゲンは数時間後には冷めてしまうけれど、それまでは氷のような水を飲まないですむ
もし熱いものを飲みたければアルパインサーモの中に入っている
というわけで、このスタンレー一本で車中泊と登山のお湯、飲料水をすべて賄う作戦
結果どうだったかというと、作戦は完璧
スタンレーのこのボトルはとてもオーソドックスな構造
しかし、1.9Lという大容量がお湯を冷まさない
日帰り登山ならばもうジェットボイルは必要ないかもしれない


b0339488_22313069.jpg



b0339488_22313056.jpg

早朝の気温も−4度だった
太陽の熱がありがたい


b0339488_22313081.jpg



b0339488_22313068.jpg

この登山道は旧御坂道
名前だけ見たとき、トンネルができるまでの自動車道の廃道なのかと思ったけどそうではなく、更に古い徒歩道


b0339488_22313075.jpg

富士山が見えるのだけど木の枝がじゃま
いやまてよ、冬じゃなかったら葉がお生い茂り富士山は全く見えないのかもしれない
これはこれで幸せかも


b0339488_22314856.jpg



b0339488_22314860.jpg

御坂峠到着
今は使われていない茶屋が立っていた


b0339488_22314867.jpg

基本は黒岳周回コースと決めていたが、時間があれば御坂山ピストンも考えていた
峠到着時、かなり余裕があったので御坂山ピストンをすることにする
流石に行かなかったけれど、その先には以前登ったことのある三ツ峠山、バイクで何度か行ったことのある天下茶屋があるんだな


b0339488_22314812.jpg

好天で快適に見えるが稜線に出ると鼻がもげそうなほど冷たく痛い
体感温度は氷点下だろう
フェイスマスクの必要性と手袋もワンランク上のもの導入も考えなければ

外国の方とすれ違う
このあたりさむいですね〜と言っていた
私の登山ルートを聞かれた
どうやら同じルートを進むらしい
あとでまた会うだろう


b0339488_22314936.jpg

数少ない展望スポット
この山は基本展望はよくない


b0339488_22314978.jpg



b0339488_22315898.jpg

御坂山登頂♪
ちょっと開けた樹林帯といった感じの山頂らしくない山頂(笑)


b0339488_22315820.jpg

三ツ峠山が見える
登山を始めた初期の頃に登ったなぁ


b0339488_22315852.jpg

山頂からの富士山


b0339488_22315981.jpg

ナルゲンにナッツと柿の種ミックス


b0339488_22315961.jpg

さて、引き返しますか

後編へ続く


by keen45 | 2019-01-27 22:24 | 登山 | Comments(0)