人気ブログランキング |

アサクフカク

北海道8日目-3 礼文、キャンプ地へ

b0339488_20503443.jpg

ハイキングコースで花はよいアクセント。







b0339488_20502503.jpg

礼文島のイメージは笹原等の丘陵地。
でも、それは過去の森林火災等で作られた光景で、本来はしっかりとした森林が広がっていたそうだ。
その本来の原生林を見ることができるのがこの8時間コース。



b0339488_20502582.jpg



b0339488_20502594.jpg



b0339488_20502533.jpg

森の区間が長い。


b0339488_20502516.jpg



b0339488_20502696.jpg



b0339488_20503410.jpg



b0339488_20503595.jpg



b0339488_20503513.jpg



b0339488_20503563.jpg

ここからまた海岸線に降りていく。
この下り、とてももろく急。登山道で考えると鎖場扱いと言っていい状態。
しかし何もなし笑


b0339488_20503509.jpg



b0339488_20504317.jpg



b0339488_20504325.jpg



b0339488_20504302.jpg

後に漁村の女性に聞いたのだが、このあたりにクジラの死骸が打ち上げられていたのだそうだ。
見たかったような見たくないような。


b0339488_20504363.jpg

滝を見ることができる。


b0339488_20504477.jpg

漁村が見えてきた。
一軒だけ売店がありコーラ買って休憩。
女性の方の色々話した。
冬場はここにいることはできないそうで、ここからの移動も船なのだそうだ。
実はここにバスが来ている道路があるんじゃないかと淡い期待をしていた。
というのも体力気力の限界に来ていたから。
この8時間コース、岬めぐりコースを含めるとコースタイム有に10時間を越える。
ほんとにしんどかった。
利尻登山よりしんどかった。
そしてバスどころか道路すらなし。


b0339488_20504495.jpg

漁村から再度山道に入っていく。


b0339488_20505004.jpg



b0339488_20505070.jpg

やった、林道に出た。
この林道はキャンプ場方面と桃岩方面を結んでいる。
一般車も通過していい。
CRFラリーだったか通過していった。


b0339488_20505086.jpg

17時ぐらいだったか、無事にキャンプ地に到着。
きつかった〜


b0339488_20505063.jpg

新しい靴も持ってきたのだけど慣れているリバティリッジで利尻、礼文を歩いた。
だいぶくたびれてきていて限界を感じた。


b0339488_21220524.jpg

左端のスコトン岬から歩いた。


b0339488_21221248.jpg

8時間コースと桃岩展望コースの比較。
8時間コースがとてつもなく長いのがよく分かる。
礼文島を北から南まで大部分を歩いたことになる。
礼文島は東岸に道路がありそのすべてをバスで走った。
西岸に道路はほぼない。そこをハイキングコースで歩く形になっている。

9日目につづく


by keen45 | 2019-09-10 20:22 | 201907北海道 | Comments(0)