人気ブログランキング |

アサクフカク

北海道2日目 利尻島上陸延期

b0339488_21382852.jpg

三度目の宗谷岬は三角の碑を見てもそれほど感動はなかった。
それよりも浅瀬の海の美しさに目を奪われた。





b0339488_21381790.jpg

早朝の日本海上で目を覚ます。
小樽は朝もやの中。


b0339488_21381782.jpg

車に乗り込み下船待。
目の前にはバイクが並んでいる。

未だにバイクは好き。
ただ、次同じ事故をしたら十数本の金属ピン周りの骨盤は粉砕骨折になると思われ、それは再起不能を意味するのではないかと想像しバイクに乗ることを躊躇している。
バイクに乗っていないもうひとつの理由として、今の山旅がバイクと同じくらいドキドキワクワクし、充実しているというのがある。


b0339488_21381793.jpg

あまり寄り道もせずオロロンラインまで北上。


b0339488_21381818.jpg

この日の予定は稚内からの最終フェリーで利尻島に渡る。
しかしオロロンラインから利尻島は全く見えない。


b0339488_21381833.jpg

横浜を出るときからしつこく天気予報を見ていた。
稚内に到着してからも何度天気予報を見たことか。
晴れはないのはしょうがないとして、傘マークが気に入らない。
そんな事を気にしながら観光をする。


b0339488_21381853.jpg

昼はデノーズでハンバーガー。
で、でかい!
やばい、食べ切れるのか?!
そんな不安の中ナイフとフォークで格闘開始。
あ、これはいけそう、ふつうにおいしいし♪
途中、お店の方がお持ち帰りもしていいですからねと親切に言ってくれた。
でも、その必要なく美味しく完食。
食べきれてよかった♪


b0339488_21382830.jpg

宗谷丘陵。

稚内で天気予報を見ていると、明日より三日間雨マークに変わった。
利尻、礼文、どちらも全て雨なんて渡る意味はない。
ほんとに最後までフェリーに乗るか乗るまいかなやんだ末、利尻上陸を延期にした。
まだ北海道上陸初日、時間はたくさんある。

それで宗谷丘陵。


b0339488_21382854.jpg

宗谷岬。
長居はしなかった。


b0339488_21382851.jpg

オホーツク海沿いを南下し宿泊地を道の駅さるふつ公園にした。
ここはキャンプ場が併設されていてバイカーたちがテント設営していた。
車は便利、天気を気にしないで移動できどこでも寝られる。
バイクは不便なところもあるが感動の大きさは車にはないものがある。
バイクはいいなぁ。
無い物ねだり。


b0339488_21383879.jpg

これからどおすっかなぁ。
すべての予定がひっくり返り、旅は白紙に戻った。




# by keen45 | 2019-08-18 22:01 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道1日目 北上

b0339488_20064663.jpg

鳥海山ではないだろうか
日本海上から見た風景





b0339488_20064552.jpg

フェリー予約をしたがいつもと違っていた
新潟発の新日本海フェリーなのだが、12時出港なのだ
確か以前は10時出港だったので小樽到着が2時間遅れるスケジュールに変更になったんだなと
ところがそうではなく、到着時間は以前と同じ4時30分のまま
なんと数年前に作られた新造船になっており、航行時間を2時間も短縮していたのだ
新日本海フェリーすごい


b0339488_20064608.jpg

新造船には雑魚寝部屋がない
一番下でも個別ベッドのツーリストC
しかし予約時慢室でひとつ上のツーリストAにした
でもね、未だにツーリストCとツーリストAの設備の違いがわからない
たまたまなんだけど、一番端のベッドだったので向かい側、下側ともベッドはなく個室と言っていいくらいのベッドではあった


b0339488_20064642.jpg

乗船すると放送で焼きたてメロンパンの案内
チョコチップ入りをゲット♪


b0339488_20064676.jpg

行ってきます♪


b0339488_20064669.jpg



b0339488_20070068.jpg

船内ではバンド演奏があったり施設がきれいだったりさすが新造船といったところ
ただ残念だったのは火災防止のため電子レンジが廃止されていたこと
ちなみに給湯の設備はある


b0339488_20070146.jpg

日本海に日が沈む
5年ぶり4回めの北海道はどんな旅になるだろうか
明日早朝には小樽に上陸する

2日目につづく


# by keen45 | 2019-08-15 20:51 | 201907北海道 | Comments(0)

プロローグ

b0339488_20095465.jpg

仕事を雲に例えるとしよう
基本的にはずっと暗雲に覆われている
仕事の余裕という日が差し込むときもあるのだが、それはあっという間に新たな暗雲に覆われてしまう
まれに日差しが強くなり、雲がなくなっていく予兆が現れる
それが青空を広げていくチャンス、雲を押し広げていく
具体的には残業をし休日を取らず仕事をこなすと同時に、納期を伸ばせる仕事はできるだけ伸ばしてもらう交渉にはいる
7月、なんとこのどちらも成功♪
すぐに北海道へ旅立った


# by keen45 | 2019-08-13 22:02 | 201907北海道 | Comments(0)

トイストリー4

b0339488_22024564.jpg

過去作では2が一番好きだったのだけど超えたかな♪


# by keen45 | 2019-08-05 22:04 | 映画 | Comments(3)

武尊山 後編

b0339488_21315479.jpg



b0339488_21315424.jpg



b0339488_21315420.jpg

三角点


b0339488_21320228.jpg

というわけで武尊山登頂♪


b0339488_21320253.jpg



b0339488_21320277.jpg



b0339488_21320257.jpg

めしめし〜
山頂でカップラーメン
この日は風が強かった


b0339488_21320213.jpg

お次は剣ヶ峰を目指す
下の雪渓を横断していく


b0339488_21320380.jpg



b0339488_21321090.jpg



b0339488_21321079.jpg

まじかよ
桜咲いてる


b0339488_21321153.jpg

風が強く帽子が飛ばされそうになったのでしまう
雲はどんどん上がってくる


b0339488_21321174.jpg

遠くの山々もあと数時間で雲に覆われるだろう


b0339488_21321165.jpg



b0339488_21321137.jpg

なかなか気持ちいい稜線歩き


b0339488_21322045.jpg



b0339488_21322042.jpg

白いイワカガミだ


b0339488_21322142.jpg

剣ヶ峰に近づいてきた
いつもは先にダメになる右足が頼もしい


b0339488_21322179.jpg

剣ヶ峰登頂♪
乗ってるぬいぐるみは俺のじゃなく標識にくくりつけられてる


b0339488_21322111.jpg

剣ヶ峰山頂はこんなに狭い場所


b0339488_21322178.jpg

振り返って歩いてきた稜線


b0339488_21323007.jpg



b0339488_21323083.jpg

下山ルートは鎖場こそ少なかったが急勾配
沢をいくつか渡るのだが、そんな場所で涼みながら休憩


b0339488_21323062.jpg

無事下山&宝川温泉
この温泉は10年ぐらい前だったか来たことがある
川の両側にいくつも露天風呂が連なるというすごい温泉
以前は完全混浴で、そこに行き着くまでの各種コレクションがとても面白かったのだが、現在は湯浴み着着用でコレクションもほとんどなくなりモダンになりつつある
あの頃が懐かしい
とはいえ現在も素晴らしい温泉だ


b0339488_21323965.jpg

武尊山の登山ログ
時計回りで周回し右下の登山口に下山した

心配していた左膝はなんとか持ちこたえた
結局10日以上痛みは続き病院に行くことになるのだが現在はほぼ回復している

武尊山、たしかに谷川岳に比べると派手さはないかもしれない
でもね、わるくないよ
いい山だった♪

おわり


# by keen45 | 2019-06-29 21:33 | 登山 | Comments(0)