アサクフカク

御嶽山 後編

b0339488_20190877.jpg

9合目通過。
ここからが4年間ぶりに規制解除された登山道。
見えているのは二ノ池、荒涼とした山頂付近のよいアクセントになっている。


b0339488_20190899.jpg

すでに下山してくる人たちもたくさんいる。
山小屋等で山頂滞在時間は少なめにとの声かけ等もあった。


b0339488_20190852.jpg

このアングルでこの青空、噴火の映像が頭をよぎる。


b0339488_20190839.jpg

山頂の階段下にシェルターが完成していた。
これができたからこそ山頂登山解禁になったのだろう。
シェルターの上には土のうが敷き詰められている。
噴石の衝撃を少しでも和らげようという意図だろう。


b0339488_20191746.jpg

この上が山頂。
階段と通路以外はロープが張られ工事が進められている。
工事箇所は撮影禁止の指示、ということはほぼすべての場所が撮影禁止。
工事の進行状況はまだまだといったところ。
皆さん一生懸命作業を続けていた。


b0339488_21084885.jpg

山頂滞在は手短にし、手を合わせ下山した。


b0339488_20191870.jpg

二ノ池が見える場所で昼食のワンタン麺。
スープが決め手ですよ(笑)


b0339488_20191838.jpg



b0339488_20191858.jpg

二ノ池間近まで歩いていけるのでちょっと行ってみた。


b0339488_20191839.jpg



b0339488_20192766.jpg



b0339488_20192719.jpg



b0339488_20192790.jpg

三ノ池方面。
こちらもなかなか良さそう。


b0339488_20192738.jpg



b0339488_20192873.jpg



b0339488_20193849.jpg



b0339488_20193822.jpg



b0339488_20193885.jpg



b0339488_20201462.jpg

この日の登山GPSログ。

噴火したのは火口に見える二ノ池の場所ではなく、そこから南西の斜面。
よって最も被害の大きかったのは山頂とそこから南に伸びる八丁ダルミ。
八丁ダルミは噴火場所から遮るものがなにもないのでいまだに立入禁止。
シェルターが完成すれば規制解除も近いと思われる。

怖いイメージが付いてしまった御嶽山だが、展望は素晴らしいしこの時期は紅葉もきれいな素晴らしい山だった。

おわり




[PR]
# by keen45 | 2018-10-02 23:41 | 登山 | Comments(0)

御嶽山 前編

b0339488_20190889.jpg

御嶽山
標高3,067m
日本百名山

日本で2番めに高い単独峰。
信仰が強い山。
2014年に噴火、その後山頂登山はできなくなる。
4年がたった現在、9月26日正午から10月8日正午まで一部の登山道規制解除により山頂登山が可能になった。
短い期間、それもこのところ雨の多い今、晴れ予報の日を狙って登ってきた。


b0339488_20183719.jpg

平日というのに駐車場、ロープウェイ乗り場はかなりの混雑、みんな考えることは同じ。そして御嶽山頂登山をまっていた。


b0339488_20183747.jpg

ロープウェイは混雑のため6人での搭乗を促された。
このロープウェイ、モンベル会員は割引になる。
会員の方は会員証を忘れずに。


b0339488_20183721.jpg

7合目の飯森高原駅に到着。
北を見ると乗鞍岳、高校の修学旅行で登った山。
その右にギリ槍ヶ岳、穂高がつづく。


b0339488_20183816.jpg

駅の上は展望台になっていてガラスが全てミラーになっている。
これはこうやってとれってことだな笑
左右逆転しているが乗鞍岳バックにパチリ。
この日唯一の自撮り。


b0339488_20183873.jpg



b0339488_20183819.jpg

紅葉の中から御嶽を見上げる。
8合目付近が一番紅葉が綺麗だった。


b0339488_20184858.jpg



b0339488_20184924.jpg



b0339488_20184909.jpg



b0339488_20184985.jpg



b0339488_20184931.jpg



b0339488_20185920.jpg



b0339488_20185993.jpg

登山道はかなりの行列になったりした。


b0339488_20185949.jpg



b0339488_20185937.jpg



b0339488_20185978.jpg

9合目に近づくと様相は一変して荒れてくる。
火山特有の光景。


b0339488_20190088.jpg

4年前のものと思われる火山灰も現れる。


b0339488_20190742.jpg

後編へつづく



[PR]
# by keen45 | 2018-10-01 21:15 | 登山 | Comments(0)

Pokemon GO Safari Zone in YOKOSUKAへ

b0339488_22292322.jpg

8月の末、Pokemon GOリアルイベント、Pokemon GO Safari Zone in YOKOSUKAへ行ってきた。
当選者のみ参加なのでプレミアム感あり。

まずはヴェルニー公園に行ってみると人人人…
ものすごい人数が公園を埋め尽くしている。

早速チェックインしてレアポケモンをゲットし始める。
トロピウス、ラルトス、ナマケロ、アンノーンが呆れるほど湧いている!


b0339488_22292339.jpg

ふと対岸を見ると潜水艦が出港していき、


b0339488_22292321.jpg

ヘリ空母が停泊している。
凄いな〜と写真を撮り終え公園側を見ると、ほぼ全員がそんな船には目もくれずポケモンを必死に取りまくっている(笑)
俺もたくさん取るぞ♪


b0339488_22292342.jpg

猛暑の公園内は人で溢れかえっている。
各携帯キャリアの臨時基地局も設置してあり、去年の横浜イベントのように接続できないなんてことはほとんどなかった。


b0339488_22292465.jpg

三笠公園へ移動。
こちらへ来るとラルトスの代わりにダンバルがうじゃうじゃ!
取りまくるぞ〜!
ひゃっほ〜♪

会場にはポケゴーの音楽が流れて、テントの出店、ワゴンカー?での飲食の販売もしていた。

とてもいい雰囲気のイベントとなっていて、早く次回もやらないかなと思ってしまった。


b0339488_22292379.jpg

海の向こうを見ると猿島が。
子供が小さいときに渡って探索したなぁ♪


三笠公園を離れモスバーガーで昼食をしていると、隣の方もポケゴーしてたので声をかけてみた。
東海地方の方で、すぐに仲良くなり情報交換。
するとその隣の人(関西からの参加!)もポケゴーしていてその方との仲良くなる(笑)

こそから大交換大会が始まり、三人共トロピウスのキラをゲットしたのでした♪

その後一人は三笠公園へダンバルの100ゲットへ向かい、一人はもう一つの開催地、くりはま花の国へ。
俺もくりはま花の国へ向かう。


b0339488_22293557.jpg



b0339488_22293504.jpg

くりはま花の国にはゴジラのオブジェがある。
そこに各キャリアの臨時基地局が設置されていたのだけど、
その光景が本当にゴジラが上陸してきたように見えてニヤッとしてしまった。

日もくれてきた頃、モスバーガーで別れた方と再会し大量のポケモン交換。
その後なぜか身の上話大会となり、横須賀までやってきて初対面の方と何してるんだか(笑)

猛暑だったのでとても疲れたのだけど、楽しかったなぁ♪

こんなイベントもたまにはいいもんです。


[PR]
# by keen45 | 2018-09-16 23:16 | ゲーム | Comments(0)

白馬三山縦走 4日目最終回 下山

b0339488_22095251.jpg

山が赤く焼ける。
最終日の始まり。


b0339488_22095239.jpg

風が強い。
台風が近づいている影響だろう。
飛ばされないように撤収。


b0339488_22095451.jpg



b0339488_22095469.jpg

振り返ってテント場と小屋、そして大池。


b0339488_22100447.jpg

乗鞍岳から東を見る。
山並みが美しい。


b0339488_22100472.jpg

最終日の最後に雪渓渡り現る。
ほんの少しの距離なのでアイゼン無しで全く問題ない。
シーズン初めは急登の雪渓歩きになるらしい。


b0339488_22100475.jpg

天狗原。
湿原だが見る限り池塘はひとつだった。


b0339488_22100483.jpg

あの山の向こうから歩いてきた。


b0339488_22100507.jpg

天狗原から少し下山したところに銀嶺水という水場がある。
飲んでみたがべらぼうにうまい。
ま、喉かわいてるときはだいたいべらぼうにうまいのだが(笑)


b0339488_22101487.jpg

栂池山荘到着。
ここからリフト、ゴンドラに乗って下山するのだが、それがあることにより一般観光客の方がたくさん。
下山完了した雰囲気いっぱい♪


b0339488_22105393.jpg

最終日のGPSログ。


b0339488_22105445.jpg

全行程のGPSログ。
時計回りで歩いた。

約一年ぶりのテント泊縦走。
最初に2日間はしんどかったけど3日目からはとても快適。
温泉あり、霧の中の歩行あり、好天の素晴らしい稜線歩きありと毎日印象深く、生きていることを実感できる山旅だった。

テント泊縦走楽しい♪
楽しすぎるぞ♪
次はどこに行こう♪
新たな稜線が俺を待っている。

おわり

[PR]
# by keen45 | 2018-09-15 22:36 | 20180820白馬三山縦走 | Comments(0)

白馬三山縦走 3日目その3 大池まで

b0339488_22470553.jpg

素晴らしい稜線歩きをどうぞ♪


b0339488_23353006.jpg


b0339488_23355482.jpg


b0339488_22471544.jpg



b0339488_23361782.jpg



b0339488_22471645.jpg

白馬大池までもう少し。


b0339488_22471679.jpg

小屋に到着してドライカレー


b0339488_22472696.jpg



b0339488_22472631.jpg

大池の水はとても透き通っていた。


b0339488_22472646.jpg

テント場での時間はたくさんあったので本の続き。
この3日間で読んだのは半分くらいまで。
今のところ面白い♪


b0339488_22472719.jpg



b0339488_22472778.jpg

風がずっと強い。
でも、しっかり設営したテントはびくともしない。


b0339488_22472733.jpg

左奥の黄色のステラリッジが俺のテント。
チェアゼロに座って本を読むと目の前に大池が見えるロケーション。
何名かは白馬岳テント場と同じ顔ぶれ。


b0339488_22473539.jpg

夕方は空が燃え雲が渦巻いていた。


b0339488_22473507.jpg



b0339488_22475578.jpg

この日のGPSログ。
ザ、稜線歩きといっていいコース。

4日目最終日につづく


[PR]
# by keen45 | 2018-09-14 23:53 | 20180820白馬三山縦走 | Comments(0)