アサクフカク

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

磐梯山 番外編 栄螺堂

b0339488_21383025.jpg

磐梯山登山後、車中泊した道の駅で目を覚まし帰る前に少し観光。
以前から行きたかった栄螺堂。


b0339488_21381869.jpg

ここは螺旋状に登っていき、下りは同じ通路を通らないで螺旋状に降りてくるという不思議な構造の建物。


b0339488_21381844.jpg



b0339488_21381880.jpg

中心部の隙間からむこうを見ると下りの通路が見える。


b0339488_21382978.jpg

最上階は太鼓橋的な通路を越えて下りの通路に出る。


b0339488_21383052.jpg



b0339488_21383034.jpg

確か展示してあるものは物語的になってたと思う。
たぶん(笑)

栄螺堂、おもしろい♪


b0339488_21383153.jpg

敷地内に大量の水が流れる水路があった。
こんな山の斜面にこれだけの水量が流れているということは…


b0339488_21383059.jpg

やっぱり。
トンネルを掘って猪苗代湖から水を引いているのだった。
白虎隊が云々と説明が書いてあったが興味ある方は各自で調べるように。


b0339488_21383956.jpg

帰りのサービスエリアから見た磐梯山。
猪苗代湖側から見るとこんなに綺麗な山体。
磐梯山、猪苗代、またくるね♪

ほんとにおわり


[PR]
by keen45 | 2018-07-29 22:26 | | Comments(0)

磐梯山 後編 下山

b0339488_21375898.jpg

磐梯山で一番メジャーなルートは八方台コース。
でもそのルートはほとんどが樹林帯。
この荒々しい風景を見るにはこのコースがいい。


b0339488_21375854.jpg



b0339488_21375839.jpg



b0339488_21375948.jpg



b0339488_21375968.jpg



b0339488_21592556.jpg


b0339488_21380844.jpg

山頂付近の夫婦に聞いたU字型の手すりの急登とはこのこと。
ほんとにものすごい急登の階段なのだけど、段が崩れている場所が多く道幅は人一人分。
上り下りがかなり大変なのでこの手すりが付けれれたのだろう。
登山地図で点線になっていた理由は、山体崩壊の崖の部分とこの急登が理由だろう。
三人組の一人が足を怪我したようでものすごくゆっくり歩いていた。


b0339488_21380837.jpg

急登を下りきったところにある火口原。
つい最近崩れて堆積したんじゃないかと思わせる新しさ。


b0339488_21380894.jpg

イワカガミの大群落があった。


b0339488_21380960.jpg

左下の砂地にテント張ったら気持ちよさそう♪


b0339488_21380932.jpg

ジュラシックパーク


b0339488_21381745.jpg

裏磐梯スキー場に戻ってきた。
今日もよく歩いた♪


b0339488_21381711.jpg

下山後は外国人のドアマンがお出迎えしてくれる裏磐梯レイクリゾートで温泉。
食事はなんだかんだで食べ逃し、昨日も車中泊した道の駅裏磐梯で山塩ラーメン。
ほんとはご飯物食べたかったのだけ終わってた。


b0339488_21381853.jpg

この日は帰るのめんどくさくてまたこの道の駅で車中泊決定。
ソフトクリーム食べたりポケゴーしたりぶらぶら♪


b0339488_21390005.jpg

磐梯山登山のGPSログ。
山体崩壊した部分を反時計回りで一周した形となる。

おわり


[PR]
by keen45 | 2018-07-28 21:32 | 登山 | Comments(0)

磐梯山 中編 登頂

b0339488_21363291.jpg

磐梯山からはもちろん猪苗代湖が見える。
広い水田地帯が湖面と同じ水の反射をしていて水が溢れているようだ。


b0339488_21364136.jpg

東側を見ると右側遠くに前日登った安達太良山。
左側遠くに吾妻連峰。


b0339488_21364230.jpg

猪苗代湖を眺めながらカップラーメン。
しあわせ♪


b0339488_21364295.jpg

チェアゼロが活躍。


b0339488_21364217.jpg

というわけで登頂♪


b0339488_21364275.jpg



b0339488_21370026.jpg

開放的な登山道がステキ。

奥に見えるのが裏磐梯最大の湖桧原湖。
山体崩壊したときに誕生。
昔、桧原湖畔でファミリーキャンプをしたことがある。
その東側には小野川湖がありそこでもキャンプしたことがある。
大雨でひどい目にあったのはいい思い出。


b0339488_21370075.jpg



b0339488_21370056.jpg


下山は火口原に下りるルートを選んだのだが、登山地図を見ると点線表示なのが気がかり。
山頂付近で話をした夫婦がここを登ってきたそうで状況を聞くと、下りにここを使うのは大変とのこと。
U字形の手すりのある急登がハードらしい。


b0339488_21370051.jpg



b0339488_21370005.jpg



b0339488_21370145.jpg

山体崩壊の爪痕。
手前の小さい池が銅沼。
奥の大きいのが桧原湖。


b0339488_21375802.jpg

つづく


[PR]
by keen45 | 2018-07-27 21:27 | 登山 | Comments(0)

磐梯山 前編 裏磐梯コース

b0339488_21360997.jpg

磐梯山
標高1,816m
日本百名山

南斜面は緑豊かな山容だが、北斜面は明治の大噴火により山体崩壊。
ひとつの山がなくなった。

その山体崩壊の全容を見てみたく、裏磐梯スキー場から登山を開始。
裏磐梯スキー場は山体崩壊した土砂の上に作られている。

ひとつお断り。
仕事が忙しくブログ更新できずにいたが、これは安達太良山登山翌日の登山で5月後半の記録。



b0339488_21360994.jpg

スキー場を登りきると樹林帯に入る。
更に進むと銅沼が現れる。
遠景に山体崩壊した斜面、手前は庭園のような沼、今回の登山の中でも印象深い場所だった。



b0339488_21360968.jpg



b0339488_21450403.jpg



b0339488_21361930.jpg

銅沼を過ぎたあたりから登山道には土管が並走している。
壊れている箇所があったので現在は使われていないようだが何に使っていたのだろうか?


b0339488_21361902.jpg



b0339488_21362008.jpg

土管はこのあたりより少し登ったところの沢から水を引いていた。
意外と水量は多い印象。


b0339488_21362084.jpg



b0339488_21362053.jpg



b0339488_21362149.jpg



b0339488_21363113.jpg



b0339488_21363127.jpg

このあたりで中型犬ほどの金色の哺乳類を見た。
たぶんテンだと思われる。
女性の方が音を聞き熊ですか?と怖がっていた。


b0339488_21363101.jpg



b0339488_21363162.jpg



b0339488_21363105.jpg

つづく


[PR]
by keen45 | 2018-07-26 23:04 | 登山 | Comments(0)

ピンセット

b0339488_22330939.jpg

ピンセットが逝ってしまった。

高校を出て働き始めたデザイン事務所時代に使い始め、版下制作などに使っていた。
当時はMacなどなく、写植を切り貼りするときになくてはならない道具だった。

今の仕事に転職したとき、ピンセットの必要性が出てきてこのピンセットを使ってみるとなんとも使いやすく手放せない道具となった。
今の仕事は版下作業と比べるとかなり力ずくなところがありピンセットを酷使しよく曲げた。
その都度ペンチ等でぐいっと元に戻し使い続けた。

先日いつものように曲がってしまった先端を戻すと力なくもとに戻る。
気にせず使うも簡単にまた曲がる。
注意してみてみると金属疲労でクラックが入っていた。

30年以上ずっと俺と一緒に頑張ってきたんだと思うと少し寂しくなった。

ピンセットの刻印はIZUMIYA、Too.と社名変更する前のもの。
まだ同じの売ってるかな?

これからもこいつと仕事をしたい。


[PR]
by keen45 | 2018-07-02 23:07 | 道具 | Comments(2)