アサクフカク

白馬三山縦走 4日目最終回 下山

b0339488_22095251.jpg

山が赤く焼ける。
最終日の始まり。


b0339488_22095239.jpg

風が強い。
台風が近づいている影響だろう。
飛ばされないように撤収。


b0339488_22095451.jpg



b0339488_22095469.jpg

振り返ってテント場と小屋、そして大池。


b0339488_22100447.jpg

乗鞍岳から東を見る。
山並みが美しい。


b0339488_22100472.jpg

最終日の最後に雪渓渡り現る。
ほんの少しの距離なのでアイゼン無しで全く問題ない。
シーズン初めは急登の雪渓歩きになるらしい。


b0339488_22100475.jpg

天狗原。
湿原だが見る限り池塘はひとつだった。


b0339488_22100483.jpg

あの山の向こうから歩いてきた。


b0339488_22100507.jpg

天狗原から少し下山したところに銀嶺水という水場がある。
飲んでみたがべらぼうにうまい。
ま、喉かわいてるときはだいたいべらぼうにうまいのだが(笑)


b0339488_22101487.jpg

栂池山荘到着。
ここからリフト、ゴンドラに乗って下山するのだが、それがあることにより一般観光客の方がたくさん。
下山完了した雰囲気いっぱい♪


b0339488_22105393.jpg

最終日のGPSログ。


b0339488_22105445.jpg

全行程のGPSログ。
時計回りで歩いた。

約一年ぶりのテント泊縦走。
最初に2日間はしんどかったけど3日目からはとても快適。
温泉あり、霧の中の歩行あり、好天の素晴らしい稜線歩きありと毎日印象深く、生きていることを実感できる山旅だった。

テント泊縦走楽しい♪
楽しすぎるぞ♪
次はどこに行こう♪
新たな稜線が俺を待っている。

おわり

[PR]
# by keen45 | 2018-09-15 22:36 | 20180820白馬三山縦走 | Comments(0)

白馬三山縦走 3日目その3 大池まで

b0339488_22470553.jpg

素晴らしい稜線歩きをどうぞ♪


b0339488_23353006.jpg


b0339488_23355482.jpg


b0339488_22471544.jpg



b0339488_23361782.jpg



b0339488_22471645.jpg

白馬大池までもう少し。


b0339488_22471679.jpg

小屋に到着してドライカレー


b0339488_22472696.jpg



b0339488_22472631.jpg

大池の水はとても透き通っていた。


b0339488_22472646.jpg

テント場での時間はたくさんあったので本の続き。
この3日間で読んだのは半分くらいまで。
今のところ面白い♪


b0339488_22472719.jpg



b0339488_22472778.jpg

風がずっと強い。
でも、しっかり設営したテントはびくともしない。


b0339488_22472733.jpg

左奥の黄色のステラリッジが俺のテント。
チェアゼロに座って本を読むと目の前に大池が見えるロケーション。
何名かは白馬岳テント場と同じ顔ぶれ。


b0339488_22473539.jpg

夕方は空が燃え雲が渦巻いていた。


b0339488_22473507.jpg



b0339488_22475578.jpg

この日のGPSログ。
ザ、稜線歩きといっていいコース。

4日目最終日につづく


[PR]
# by keen45 | 2018-09-14 23:53 | 20180820白馬三山縦走 | Comments(0)

白馬三山縦走 3日目その2 小蓮華山

b0339488_22463449.jpg

振り返って白馬岳。
白馬岳登るならこっちからの方が感動的かも。


b0339488_22464390.jpg

縦走路と俺♪


b0339488_22464487.jpg



b0339488_22464435.jpg



b0339488_22464400.jpg



b0339488_23481168.jpg



b0339488_22464436.jpg

白馬三山と俺♪


b0339488_22465485.jpg

小蓮華山が近づいてきた。
その向こうには日本海。
日本海の奥には写真ではわかりにくいが佐渡ヶ島まで見える!
アルプスの稜線を歩いているのに、ずっと日本海を見ながら歩けることがほんとに不思議。


b0339488_22465547.jpg

小蓮華山登頂♪


b0339488_23475552.jpg

小蓮華山には鉾が立っている。


b0339488_23465987.jpg

遠くにこの日のテント場、白馬大池が見えてきた。


b0339488_22465550.jpg



b0339488_22465539.jpg



b0339488_23434444.jpg



b0339488_22470520.jpg

昼に近づくほど雲はどんどん上がってくる。

山と雲の遠近感が折り重なる。
この絵、VRで観たら迫力あるだろうな。
いやいや、この場に立ち肉眼で見たほうが大迫力だわ(笑)


b0339488_22470592.jpg



b0339488_22470573.jpg



b0339488_22470507.jpg

山旅は3日目の途中だけど、想像以上の大展望でもうお腹いっぱい(笑)

つづく


[PR]
# by keen45 | 2018-09-13 23:35 | 20180820白馬三山縦走 | Comments(0)

白馬三山縦走 3日目その1 白馬岳

b0339488_22433375.jpg

前日に日の出の時刻、位置はアプリで確認済み。
テント場付近からは白馬岳斜面自体がじゃまになりきれいに見えない。
テントはそのままで写真の白馬山荘まで登っていく。
人に聞いたのだが、白馬山荘は日本最大の収容人数らしい。


b0339488_22433377.jpg

振り返って歩いてきた杓子岳、白馬鑓ヶ岳。


b0339488_22433347.jpg

おはよう♪
3日目の始まり


b0339488_22433300.jpg

白馬山荘少し上の稜線で朝のスーパータイムを満喫♪


b0339488_22433369.jpg



b0339488_22433329.jpg

これが白馬岳。
上まで上がって見ている人もたくさんいる。
俺はテント撤収してから行く。


b0339488_22434319.jpg

北アルプスの殆どの山が見えている。
右のとんがってるのが剱岳、その左に行ったとんがりが立山、白馬鑓ヶ岳に隠れるようにとんがってるのが槍ヶ岳。


b0339488_22434335.jpg



b0339488_22461543.jpg



b0339488_22461544.jpg

西を見て驚いた。
白馬岳の巨大な影が伸びていた。
日本海にまでくっきりとかかる影、白馬岳って大きいんだな!


b0339488_22461601.jpg

テント場に戻り撤収。
さ、行きますか♪


b0339488_22461682.jpg

というわけで白馬岳登頂♪

この2日間歩くのがしんどかったのだけど、3日目はスタートからすぐにどこまでも歩けるモードに入ってるのがわかった。
やっといろいろと慣れてきたってことなのかな?


b0339488_22461644.jpg

猿倉から白馬岳のみを目指すならこの大雪渓を登る。


b0339488_22461671.jpg



b0339488_22463338.jpg

これから歩いていく稜線。


b0339488_22463300.jpg



b0339488_22463349.jpg



b0339488_22463495.jpg

日の出は右の白い稜線で見た。


b0339488_22463480.jpg

白馬岳山頂を満喫♪
さ、行きましょ

つづく



[PR]
# by keen45 | 2018-09-12 23:10 | 20180820白馬三山縦走 | Comments(0)

白馬三山縦走 2日目その3 杓子岳

b0339488_23293354.jpg

雲は稜線から東側を完全に飲み込んでいる。
更に稜線を越えあたり一面を飲み込み始める。


b0339488_23293474.jpg



b0339488_23293499.jpg



b0339488_23293427.jpg



b0339488_23294421.jpg

どこまで歩けば杓子岳山頂なのかわからないまま歩く。


b0339488_23294420.jpg



b0339488_23294448.jpg

斜面をふたりが降りていく。
てことはあそこの少し上が山頂だな。


b0339488_23294524.jpg



b0339488_23294507.jpg

山頂が見えた。
てかこの崖側、この角度で数百メートル落ち込んでいると思われる。
手すりなどない。
足がすくむ。


b0339488_23294532.jpg

杓子岳登頂♪
こんな危険な断崖の山だったんだな。


b0339488_23303957.jpg

進もう。


b0339488_23303913.jpg



b0339488_23350038.jpg



b0339488_23350107.jpg

振り返って杓子岳。
中腹にトラバース道がある。
山頂に行く必要がなければこちらが時短になる。


b0339488_23350145.jpg



b0339488_23350183.jpg



b0339488_23350170.jpg

村営頂上宿舎に到着。
本日のテント場。
黄色が俺のステラリッジ。


b0339488_23350128.jpg

星空撮影を試みるも昨日に引き続き明るく輝く月があり断念。
テント場夜景撮影のみ。


b0339488_23355833.jpg

この日の登山ログ。
2日目もずっとしんどかった。
コースタイムの1.5倍ぐらい。
のんびり楽しもう♪

3日目につづく



[PR]
# by keen45 | 2018-09-10 19:25 | 20180820白馬三山縦走 | Comments(0)