アサクフカク

赤城山 前編 覚満淵と駒ケ岳

b0339488_20443834.jpg

赤城山
標高1,828m
日本百名山

ツーリングで山上湖の大沼まで来たことがある。
今回はそこから最高峰黒檜山を登る。

前日の那須岳登山後に大沼にやってきて車中泊。
4時に目を覚まし、まずは覚満淵を歩く。
バイクで来たときは大沼で休憩しただけで帰ったのでこんな素敵なところがあることを知らなかった。
黒檜山自体がそれほど目玉がない山なので、ここを見ることが良い旅のアクセントになった。


b0339488_20443859.jpg

木道を歩く。
残念ながら東側は工事中で周回はできなかった。


b0339488_20443810.jpg



b0339488_20443946.jpg


b0339488_20444863.jpg

木や鉄の階段の急登がつづく。


b0339488_20444855.jpg

稜線に出るとなかなか気持ちがいい。
これ以降はそれほど展望が良くないので貴重。


b0339488_20444908.jpg

小沼が見える。
最高峰は黒檜山なので登っておきたいところだが、小沼周辺の登山道の風景も気になる。


b0339488_20445809.jpg



b0339488_20445950.jpg

登頂♪
ここにもあったぞ駒ケ岳(笑)
駒ケ岳という名の山はほんとにどこに行ってもある。


b0339488_20445915.jpg

稜線を下っていき黒檜山を目指す。

つづく


[PR]
# by keen45 | 2018-05-28 21:47 | 登山 | Comments(0)

那須岳 その4 茶臼岳

b0339488_18295526.jpg



b0339488_18292429.jpg

昼食後茶臼岳へ。
当初の予定では山頂に登っていきロープウェイで下山。
しかし、今日何度もすれ違った方が牛首方面へまわったほうが茶臼岳本来の迫力ある姿が見ることができると教えてくれ、ならば行ってみようと牛首方面へ迂回するルートを進んだ。


b0339488_18293734.jpg



b0339488_18293712.jpg



b0339488_18293769.jpg



b0339488_18293733.jpg



b0339488_18293842.jpg

迫力もあるし残雪もまた良し。


b0339488_18293810.jpg

ガスが斜面から大量に吹き出している。


b0339488_18294637.jpg

その下を通過できるのだけど、あらためてここは火山だと実感する迫力。


b0339488_18294691.jpg

このルートを教えてくれた方のいうとおりものすごい迫力の山頂。
今にも崩れてきそうだ。


b0339488_18294797.jpg



b0339488_18294703.jpg

ここの稜線に出たところが牛首。
なぜ牛首というんだろ?


b0339488_18294726.jpg



b0339488_18295526.jpg



b0339488_18295613.jpg

この斜面の右下の方にロープウェイ駅がある。
なのでこの付近には登山服ではない観光客が沢山。
登山客もここから登り始める人は多くて、
写真では分かりにくいけど稜線上にグループ登山の行列が見える。


b0339488_18295669.jpg

山頂へ向かう稜線。


b0339488_18295646.jpg
あそこが山頂。


b0339488_18295689.jpg

振り返って那須高原。


b0339488_18300442.jpg

茶臼岳の火口。


b0339488_18300478.jpg

登頂♪


b0339488_18300494.jpg

茶臼岳火口は周回できる。
火口北側から朝日岳、三本槍岳方面。
気温がぐんぐん上がる。
雪と氷はほとんど無くなり、朝の銀世界が嘘のよう。


b0339488_18300540.jpg

火口。


b0339488_18300552.jpg

下山途中、湯気が出ているところを発見。
手をかざすと温かい。


b0339488_18301546.jpg



b0339488_18301652.jpg

グループ登山の方たちに追いついてしまい、この後お先にどうぞと言われ走って追い抜く。
多くの方と挨拶を交わし体力ありますねと驚かれる。
いや、無理して走ってます(笑)


b0339488_18301606.jpg

峰の茶屋跡避難小屋を経て登山口に下山開始。



b0339488_18301645.jpg

下山後、鹿の湯へ。
正方形の湯船がいくつもあり幾つかの温度に分かれている。
お湯も気持ちよかったし雰囲気も最高♪
生き返った♪


b0339488_18303349.jpg

この日の登山GPSルート。
左下から上り右側の三本槍岳へ。
引き返し茶臼岳を周回し登ってきた登山口へ。

那須岳は火山で荒涼としているだけ(それだけでも凄いのだが)だと思っていたが、まさかの積雪、これが素晴らしかった。
とてもラッキーな登山。
那須岳最高♪

おわり


[PR]
# by keen45 | 2018-05-22 22:23 | 登山 | Comments(0)

那須岳 その3 三本槍岳

b0339488_18252386.jpg



b0339488_18250098.jpg

清水平を越えると気温が上がってきてぬかるみが増えてきた。


b0339488_18250028.jpg



b0339488_18250151.jpg



b0339488_18250118.jpg



b0339488_18251132.jpg

これを登れば三本槍岳山頂。


b0339488_18251110.jpg



b0339488_18251173.jpg

三角点にタッチ。
登頂♪


b0339488_18251234.jpg


b0339488_18251247.jpg

とおくにうっすら白く見えるのが大日岳、飯豊山。


b0339488_18251288.jpg

こ、これは、エビの尻尾じゃん!


b0339488_18252242.jpg

ゴールデンウィーク終わってるんですけど(笑)


b0339488_18252244.jpg

三本槍という名なのだけど、山頂は意外と平らで広い。


b0339488_18252386.jpg

エビの尻尾化してる霧氷と遠くの白い山が茶臼岳。
あそこまで戻るよ♪


b0339488_18252304.jpg

今回もナルゲンに行動食。
塩なしミックスナッツ半分以上、柿の種二袋が今のところ俺の黄金比。
とまらなくなる♪


b0339488_18252369.jpg

遠くに見える雪山は北アルプスかと思ったけどこんな方向に見えるわけはない。
荒沢岳。


b0339488_18291022.jpg

積雪の上に霧氷が降り落ちている。


b0339488_18291118.jpg

北温泉分岐だって。
北温泉は以前バイク出来たことがある。
雰囲気最高の温泉でおすすめ!雰囲気のある温泉プールもあるよ♪
そちらに進んで行きたくなったけど我慢(笑)


b0339488_18291107.jpg

清水平に戻ってきた。


b0339488_18291120.jpg



b0339488_18291184.jpg



b0339488_18291130.jpg



b0339488_18292338.jpg



b0339488_18292484.jpg

強風が収まってきたので三脚で撮影。
雪がだいぶ溶けてきている。
左が朝日岳、右が茶臼岳。


b0339488_18292402.jpg



b0339488_18292479.jpg

峰の茶屋跡避難小屋に戻ってきて昼食。
モンベルのアルパインサーモの実験レポ。
朝5時30分にお湯を沸かし11時30分にここでカップラーメン。
この雪景色と強風の中での登山で6時間経過している。
結果、熱湯カップラーメンではないが、普通にアツアツカップラーメンが食べられた。
こうなってくるとJETBOILを背負って登る登山はテント泊するときかパスタなど料理系の事をするときのみになりそう。

つづく


[PR]
# by keen45 | 2018-05-21 22:02 | 登山 | Comments(0)

那須岳 その2 朝日岳

b0339488_18233970.jpg

なかなかステキな稜線ピーク。
雪の感じがまたイカしてる。
ピーク上に立っている人とはこのあと何度か再開し話をした。


b0339488_18234862.jpg

うひょ〜
断崖の鎖場トラバース。
通常なら見た目ほど怖くはないと思うけどこの雪。
ちょっとびびった。


b0339488_18234827.jpg



b0339488_18234840.jpg

いいねいいね♪
ワクワクする。


b0339488_18234934.jpg

トラバースが終わると稜線に出る。
朝日岳に向かい右へ登っていく。
このあたりの積雪は多めだった。


b0339488_18234953.jpg

霧氷。
まさかゴールデンウィークが終わってから見ることができるとは。


b0339488_18234975.jpg



b0339488_18240622.jpg

なんか最高なんですけど♪


b0339488_18240725.jpg

朝日岳途中から見る茶臼岳。
茶臼岳下には登ってきた登山道。
遠くには那須高原。


b0339488_18240762.jpg

雪山をやらないので、こんなステキな冬景色登山は貴重。


b0339488_18240707.jpg

そんなわけで登頂♪


b0339488_18240761.jpg



b0339488_18240797.jpg

真ん中に見えるのがボルケーノハイウェイとその終点であり車を停めてある峠の茶屋駐車場。


b0339488_18242955.jpg

朝日岳を稜線の分岐まで戻り、今度は北側の稜線を進む。


b0339488_18243094.jpg



b0339488_18243046.jpg



b0339488_18243001.jpg



b0339488_18243061.jpg



b0339488_18243081.jpg



b0339488_18244899.jpg



b0339488_18244988.jpg

踏み跡からみて、この日このルートに入っている人はまだ10人もいない。


b0339488_18244984.jpg



b0339488_18244911.jpg

ケルンのあるピークから先を望むと雪に覆われていてわかりづらいが湿原なんだろう。


b0339488_18244963.jpg

木道があった。
清水平。


b0339488_18244968.jpg

那須岳、火山であるのだけどこんな場所もあるなんて♪

つづく


[PR]
# by keen45 | 2018-05-20 22:25 | 登山 | Comments(0)

那須岳 その1 峰の茶屋跡避難小屋

b0339488_18232787.jpg

那須岳
標高1,917m(三本槍岳)
日本百名山

那須高原にある火山。
その恩恵として周囲には沢山の名湯あり。
山頂、稜線ともにほぼ森林限界。


b0339488_18221366.jpg

我が目を疑う。
夕闇のボルケーノハイウェイは吹雪いていた。

積雪を考え、麓で車中泊するか一番上の峠の茶屋駐車場で車中泊するか判断の時。
翌日は気温が高くなる予報。積雪したとしても下山時には全て解けて無くなっていると判断。
このまま峠の茶屋駐車場まで上がり車中泊する。

翌朝4時に目を覚ますと積雪はゼロ。
よかった…

JETBOILでお湯を沸かし朝食の用意。
アスファルトのチェーン跡が数ヶ月前までは雪で覆われていたことを物語っている。


b0339488_18221395.jpg

東の空が赤らむ。
そういえばボルケーノハイウェイを走ったのは何年ぶりだろう。


b0339488_18221323.jpg

登山開始。
木橋に昨日の雪が積もっていた。
この程度で助かった。


b0339488_18221445.jpg

桜、だよね?
この時期に雪が降ったのは強い寒波の影響なんだと思う。


b0339488_18222374.jpg



b0339488_18222401.jpg



b0339488_18222478.jpg

森林限界突入。
これこれ、那須岳のイメージはこの荒涼とした感じ。
でも、茶臼岳山頂部の雪(笑)


b0339488_18222434.jpg



b0339488_18222487.jpg



b0339488_18222409.jpg



b0339488_18223403.jpg

鞍部に小さくあるのが峰の茶屋跡避難小屋。
まずはあそこを目指す。


b0339488_18223590.jpg



b0339488_18232660.jpg

うぎゃー
登山道が雪と氷でツルツル。
左端の昨日積もった雪部分を歩く。


b0339488_18232639.jpg



b0339488_18232728.jpg

避難小屋到着。
とんでもない強風が吹いている。
小屋を背に風を避け水分補給。


b0339488_18232723.jpg

西側を見る。
たしか、グレートトラバースで田中陽希さんはこっちから登ってきてたんだよな。


b0339488_18232792.jpg

先へ進む。
このピークは東側に道が巻いている。
そこはびっくりするぐらい無風だった。


b0339488_18232787.jpg

雪化粧をした茶臼岳。
あなたはもう少し待ってなさい。
先に他ふたつの山を登ってくるから。


b0339488_18233871.jpg

ふきだまりはかなりの積雪。


b0339488_18233825.jpg

凄い雪山登ってるような風景だぞ。


b0339488_18233848.jpg



b0339488_18233979.jpg

このあたりから那須岳の核心部。

つづく


[PR]
# by keen45 | 2018-05-19 22:01 | 登山 | Comments(0)