人気ブログランキング |

アサクフカク

タグ:ハイキング ( 29 ) タグの人気記事

天城山

b0339488_20393233.jpg
天城山 標高1,406m
ひとつの山の名称ではなく、天城連山の総称。
伊豆半島の最高峰であり日本百名山のひとつ。

b0339488_20395507.jpg
前日に出発しゴルフ場そばの登山者駐車場で車中泊。
伊豆の峠道を走って行くと道路脇には結構な量の雪。
冬登山で心配なのは、歩き始めてからの雪ではなく、車で登山口まで到着できるかだったりする。

朝の車内の気温は2度。
外気温はもちろん氷点下だ。

b0339488_20395598.jpg
山はうっすら雪化粧。
ステキな登山になる予感。

b0339488_20395534.jpg
まずは万二郎岳を目指す。

b0339488_20395517.jpg
b0339488_20395594.jpg
b0339488_21034521.jpg
桜のようにも見える雪化粧。
美しい。

b0339488_20395615.jpg
b0339488_20401767.jpg
山を登り始めて分かったのだが、木々の雪景色の正体は霧氷だった。
それも霧氷の中でも海老の尻尾と呼ばれる現象。
単に凍っているのではなく、うろこ状の板がミルフィーユの様にくっついている。
こんな現象見たのは初めてだ。感動!

このミルフィーユ、日が昇るに連れバラバラ落下し始める。
当然地面には雪のウロコが敷き詰められた状態。
その上を踏みしめながら歩く。
ステキすぎる。

b0339488_20403527.jpg
万二郎岳に到着。
標高がなんだかよく読めなくなっているが、ここは1,299m。

b0339488_20401754.jpg
万二郎岳を下り始める。

b0339488_20401776.jpg
途中の開けた岩場から最高峰、万三郎岳が見えた。
右には富士山。
天城山、いいなぁ♪

b0339488_20401852.jpg
富士山の左には南アルプス。

b0339488_20401843.jpg
つもるさん。
一通り山を経験してきた人。
アウトドアごっこじゃなく、生死に関わる行動、装備の話はバイク旅でも参考になる。
わたしが登山を始める前からアウトドア全般の事を教えてもらってます。
今回はソロではなく2人で登ってます。

b0339488_20401829.jpg
シャクナゲのトンネル。
開花時は素晴らしいんだろうな。

b0339488_20405846.jpg
b0339488_20405801.jpg
万三郎岳到着。
天城山登頂!

昼食にしたかったのだけど、ここの山頂はあまり広くなく、なおかつ人も多かったのでもう少し先へ進むことにした。
縦走路側の小岳まで進むことにする。

b0339488_20405884.jpg
b0339488_20405876.jpg
ブナ林の小岳に到着。
ガスが出て寒かったりしたけど素敵な場所だ。

b0339488_20405859.jpg
昼食調理中♪
私はいつものパスタ。つもるさんはスープにウインナーにベーコンの入った変わったパン。うーむ、人のものは美味しく見える(笑)

b0339488_20405857.jpg
万三郎岳近くまで戻り周回コースへ復帰。
激急登を抜け登山口方面へ。

b0339488_20411309.jpg
戻ってきた〜
うーむ、今日も田んぼ状態(笑)

b0339488_20412655.jpg
この日のログ。
前半の霧氷の中を歩くのは最高だった。
いつかは縦走路も走破してみたい。距離にしたら楽勝で20km越えそうだが…

b0339488_20415094.jpg
Runtasticのデータ。
距離、上昇高度とも前回の鍋割山とは程遠い。
しかし消費カロリーは鍋割山の時に近い数値。
行動時間は鍋割山が9時間。今回はのんびりしたのもあり8時間。
消費カロリーは時間が多く関係するようだ。


by keen45 | 2016-03-14 22:23 | 登山 | Comments(2)

鍋割山 後編 山頂へ

b0339488_20290649.jpg
b0339488_20285392.jpg
二俣分岐から西の稜線を歩く。

b0339488_20282697.jpg
b0339488_20282781.jpg
いくつかアップダウンを繰り返すのだが、
あー、ごめんなさい。登りはもう勘弁してって気分。

b0339488_20282738.jpg
おぉ、鍋割山山頂が見えてきた。
丸っこくてしっかりした建物が立ってるんだな。

b0339488_20282748.jpg
鍋割山山頂到着!登頂成功!
いいながめだね。
少し木が邪魔だけど(笑)

b0339488_20282745.jpg
秦野の町が遠くに見える。

b0339488_20290629.jpg
山頂の眺めを一通り楽しんだら昼食♪

用意をしながら隣りにいた方と談笑。
するとその方、
「実は山歩きを始めた理由がですね…」
と切り出した。
こういう切り出し方をするってことはこの方、何か大きな怪我か病気をしたんだろうと察しがつく。
でも、私より大きな怪我ってそうないので、逆にその方を驚かしちゃうことになっちゃうかもって思いながらも何も言わず話を聞く。
すると、「下半身がバラバラになっちゃいまして」
は???
私と同じなの???
そうなんです。その方も骨盤をバラバラにして金具入ったままで片足短くなってるんです。
その怪我の理由はバイク事故。
その弱った体を鍛えるために山歩きを始め、山にいかない日はウォーキングをしウォーキングアプリを使い記録している。
母親が山好きだったのも影響していて…
はいはい、もういいです(笑)
あのですね。ほぼほぼ一緒です。全く一緒(笑)

こんな出会いってあるんですね。
あまりの共通点の多さ、てか、共通するところしかなくて1時間ぐらい話し込んじゃった(笑)
おかげでパスタ茹でてる時吹きこぼして親指少しやけどした(汗)

b0339488_20290609.jpg
さてと下りますか。
東を見ると登ってきた小丸尾根がよく見えた。
こう見ると綺麗な急登なのがよく分かる。
雲は少し雲海っぽくなってる。
ここ登ってきたのかぁ。
わたし、かっこいいなぁ!
と、アホな妄想をしてしまう(笑)

b0339488_20290769.jpg
雲の中を進む。
一番最初の鹿の写真はこの辺りで撮影。

b0339488_20290614.jpg
b0339488_20291764.jpg
後沢乗越の分岐。
ここから行きに歩いてきた西山林道に進み、大倉に戻っていった。

b0339488_20292690.jpg
この日のログ。
グラフを見ると上り下りとも山頂前後は急登なのが分かる。

b0339488_20294693.jpg
Runtasticのデータ。
距離、時間、消費カロリー、どれも過去最高。
行動時間9時間はのんびりあるいたからってのもあるけど、もっとハードな山に登ろうと思ったらアウトだな。暗くなっちゃう。
だからといって速く登ろうなんてあまり思わない。
前に進めるだけでとても楽しいから♪

おわり


by keen45 | 2016-03-10 21:23 | 登山 | Comments(4)

鍋割山 前編 二俣分岐へ

b0339488_22133156.jpg
鍋割山 標高1,272m
大山、塔ノ岳とともに東丹沢を代表する山… らしい。

わたしの持っている本に体力2、技術3と書いてあり、大山の体力2、技術2より少しだけ上な山なんだなと認識して登ってみることにした。

ルートは大倉から西山林道、小丸尾根を登り二俣分岐。
そこから鍋割山へと向かう反時計回りルート。

b0339488_22135245.jpg
秦野戸川公園に到着。平日なのでガラガラ。
遠くに見える山が鍋割山か?それがわからない初心者(笑)

b0339488_22135271.jpg
準備を済ませ西山林道を歩く。
6年前出版の本には西山林道をかなり奥まで行った所に数台の駐車スペースがあると書いてあったが、施錠されたゲートがあり、現在は進入不可。

b0339488_22135311.jpg
b0339488_22135316.jpg
b0339488_22135331.jpg
あれが鍋割山か?ほんと初心者ですんません。

b0339488_22170745.jpg
西山林道を数キロ歩いてくると獣道のような分岐がある。
標識がなければ見落とすだろう。
ここからが小丸尾根ルート。

b0339488_22170780.jpg
やっぱり山はいいなぁなんてのんきに歩いて行く。

b0339488_22170865.jpg
コラコラ、ちょっとハードすぎないか?って言いたくなる急登が終わらない。

前日は雨だったので足跡がよく分かる。
この日の先行者は1人だ。
このルート、使う人少ないのかな?

b0339488_22170826.jpg
必殺、歩きながら休憩の術も全く通用しなくなり、何度となく足が止まる。

b0339488_22172639.jpg
b0339488_22172616.jpg
この辺りになってくると、ありゃ、登頂できないかもしれないぞと不安がよぎる。

b0339488_22172761.jpg
写真ではわかりにくいけどここ、奈落の底へ落ちていくような崖。
落ちたらただではすまない。

この辺りから植物の生態系がガラリと変わってくる。
杉がなくなり笹が地面を覆い始める。
そんな風景の変化だけで登る意欲が湧いてくるのが不思議。

b0339488_22172715.jpg
この時点で思う。
大山よりハードだ!

b0339488_22172783.jpg
ピークに到着。二俣分岐だ。
西へ行けば鍋割山。東へ行けば憧れの塔の岳。距離は1.5km。
ここまで来ただけでヘロヘロなのだけど、行ける。塔の岳に行ける!
もちろんこの日はいかないけど、塔ノ岳、射程圏内に入ってきた。

ちなみにこの二俣分岐、鍋割山より標高が高いという聞かなきゃ良かった様な少し残念な情報も書いておく。

鍋割山後編へつづく。


by keen45 | 2016-03-09 23:14 | 登山 | Comments(9)

大山リベンジ

b0339488_22211811.jpg
大山
標高1,252m
一ヶ月前の登山で体力の無さ、体の不具合により途中断念した山。
それから毎日7kmのウォーキングと週一の登山のトレーニングを積み帰ってきた。
どれだけ身体が鍛えられてきたかのテスト。
そして、大山リベンジなのである。

前回と同様、第一駐車場に車を停める。
平日なので登山口に近い第二駐車場も空いているのだが、あえて遠い第一駐車場を選んだ。
ケーブルカーは使わない。
女坂を行かず急な男坂を行く。
どれもリベンジのためである。

b0339488_22211997.jpg
阿夫利神社下社到着。
この鳥居前でお祓いをし、本格登山開始。

b0339488_22211956.jpg
b0339488_22211908.jpg
前回はこの辺りで登山を断念した。
でも今のわたしは一ヶ月前のわたしとは違う。
まだまだ行ける。

b0339488_22211932.jpg
前回の大山は辛いだけだった。
今回は、楽しい!

b0339488_22212014.jpg
うおぉ〜、もうちょいだぞ。

b0339488_22213241.jpg
登れた!
ほんとに登れたんだ!

b0339488_22213299.jpg
もの凄くいい天気だったので富士山はバッチリ。
裾野右奥には南アルプスまで見える。
手前には丹沢山塊。
素晴らしい!
大山、なにげにすげーな!

b0339488_22213321.jpg
関東平野を一望。
房総半島、三浦半島、江ノ島、相模湾、大涌谷の湯気、伊豆半島、何から何まで丸見えだった。

b0339488_22213358.jpg
東京のビル群もよく見えた。

b0339488_22213265.jpg
お昼も回ったので小田原方面丸見えのここで昼食にする。

b0339488_22213239.jpg
絶景を見ながらのパスタはいつも以上に美味しく感じた。

ボイルしている時、おばさまに「ステキですね。わたしも憧れててやってみたいんです。」って声かけられた。
大楠山につづいて二度目だ。
山登ってる人って意外と自炊的な事しないのかな?

b0339488_22214332.jpg
下りは見晴台方面を降りていく。

b0339488_22214397.jpg
こちら側の登山道は田んぼ状態が続く。

b0339488_22214435.jpg
車を停めた方面が見える。
高くまで登ってきたんだとあらためて感じる。

b0339488_22214497.jpg
b0339488_22214404.jpg
見晴台。
開けてて見晴らしがよくテーブルとベンチが設置されている。
休憩に持ってこい。

b0339488_22214570.jpg
携帯見たら残りバッテリー20%を切っていた。
ヤマップとRuntasticでログを取っているが、機内モードにしているし、なんでだろ?
今までは50%を切ることはなかったんだけど。
単純に行動時間が長すぎたのかな?

その後、無事に下山を果たす。

b0339488_22231848.jpg
七沢荘で温泉。
ここのお湯、ぬるぬる。
泉質的に下呂温泉を思い出しそうだが、個人的には逗子の例のすごい温泉を思い出す(笑)

b0339488_22231238.jpg
この日のルート。

b0339488_22231885.jpg
Runtasticのデータ。
カロリー消費量はこの一ヶ月間の最高記録。

まとめ
とても重要な登山になった。
はっきりと事故にあった事への終止符を打てた気がしたのだ。
学生の時の大手術を忘れさせてくれたのはバイクレースだった。
今回の事故を忘れさせてくれるのは登山ということになりそうだ。
もうわたしはサイボーグではない。人間に戻りました(笑)
でね、塔とか登ってもいいんですかね?
登りたいなぁ。


by keen45 | 2016-03-01 23:23 | 登山 | Comments(6)

2月のまとめ

b0339488_20584983.jpg
今月登った山は大楠山、高取山、仏果山、石割山、平尾山の五座。
1月後半から続けているウォーキングは毎日7km。
その全てを合計した統計が上記のデータ。
距離190.4kmは掛川までいける距離。
累積高度3697mは海抜0mから富士山を登ったようなもの。
14406カロリー消費は多いのか少ないのか気にしたことないからよく分からん。
とにかくよく歩いたのは間違いなく、体重は3kg減。
ウォーキングと登山を始めてから20日間ぐらいは常時筋肉痛だったが、最近は登山をしても全く筋肉痛にもならない。
少しずつ筋力が付いてきている。
そんなわけで体力測定の意味もこめて、明日大山リベンジしてくる。

唯一行ったことのない都道府県、沖縄に行けた。南国とは程遠い天気だったけど、やっぱり旅はおもしろい!

ウォーキングと山登りを始めたからか、映画と本はさっぱり。

3月はどんな月になるかな〜♪


by keen45 | 2016-02-29 21:26 | ひとりごと | Comments(0)

平尾山

b0339488_18155653.jpg
平尾山
標高1.292m
石割山の西に位置し、尾根伝いに歩いていけるのでセットで登る人が多いと思う。
展望は石割山に負けず劣らずなかなかのもの。

b0339488_18205911.jpg
石割山から平尾山へ向かう登山道。
数日前に降ったと思われる新雪で誰の足跡もない。
そこを進んでいく幸せ。

b0339488_18262900.jpg

b0339488_18264989.jpg

b0339488_18275410.jpg
誰も歩いていない新雪って書いたけど、実は先客は沢山いた。
イノシシやイタチやウサギやトリ達。
おまえら〜!わたしより先に歩きやがって!(笑)

b0339488_18303604.jpg
分岐だ。
左に行くと下山ルート。
尾根伝いに直進する。

b0339488_19462691.jpg
おっ、向こうの方開けてきた予感。

b0339488_19472395.jpg
きた~!
平尾山山頂到着!
気持ちいいぞ^_^
ほんと来てよかった!

b0339488_19493237.jpg
手前の斜面は高級別荘街みたい。
その脇を通りすぎてもう少し先に行ってみよう。

b0339488_19520498.jpg
一応アイゼン持ってきてたんだけど無しでも問題なく歩けた。
そしてKEENの靴は防水もバッチリしっかり機能してくれた。

b0339488_19535441.jpg
b0339488_19541787.jpg
かなり長い階段を降り、登らなければならない。

b0339488_19543469.jpg
b0339488_19545155.jpg
開けた場所に到着。
何でこんなに開けた斜面なのかとネットで調べたら、パラグライダーの練習場所みたい。
展望は平尾山の方がいい。

後に調べてみたら、もう少し先の小高い場所が太平山という山。
体力に余力があったので行ってみればよかった。

b0339488_19551906.jpg
来た道を引き返す。

b0339488_19553114.jpg
真ん中より右下の所に軽トラが停まってるんだけど、おじさんがバラ線修理してた。
よく直すことあるんですかって聞いたら、ハイカーが通り抜けちゃってねって。
???
動物避けのバラ線なのに、壊すのはハイカーだなんて、とっても悲しい話。

b0339488_19555349.jpg
平尾山に帰ってきた。
12時を回っていたのでお昼にしようと思ったのだけど、冷たい強風のため断念。
SNICKERSを半分食べる。
SNICKERS好きで山登るときは必ず一本持って行く♪

b0339488_19560555.jpg
分岐まで戻って右へ。下山する。

b0339488_19562304.jpg
b0339488_19563934.jpg
おっ、雪が積もってないいい感じのベンチ発見。
ここで昼食にしよう♪

b0339488_19564772.jpg
トマトソースのパスタ作った。
これ、べらぼうに美味い!
売れる!
あっ、お店で買ってきたんだった(笑)

b0339488_19565440.jpg
駐車場へ戻る分岐の標識。
下山してくると見えない方向に向いているのと、下に落ちてしまっているので見落とす可能性大。

b0339488_19570771.jpg
b0339488_19573109.jpg
貯水池脇を通って、

b0339488_19573847.jpg
無事駐車場到着♪

b0339488_19574953.jpg
石割の湯で汗を流しのんびり昼寝。

b0339488_19575484.jpg
信玄餅ソフト♪

b0339488_20005095.jpg
このくらいの山歩きなら問題なくなってきた。
次はもう少しレベルアップした山に登ってみたい。

b0339488_20005814.jpg
Runtasticのデータ。
最大上昇度が標高を表す。
石割山の標高公表値が1.413mなので、4mの誤差。
しかしほぼ正確に記録してると言っていいだろう。


by keen45 | 2016-02-19 20:35 | 登山 | Comments(2)

石割山

b0339488_21350620.jpg
石割山
標高1,413m
山中湖周辺では最高峰。
とは言え初級クラスの山。
今回は雪があることがイレギュラーか。

雪山を歩きたかったのと、高い場所から富士山を見たくてここを登ることにした。

b0339488_21440203.jpg
前日夜に出発して道の駅どうしで車中泊。
朝の気温は−6°。
窓ガラスは氷の結晶でびっしりだったけど、羽毛布団とシュラフ上掛けで朝までぐっすり。

b0339488_21493113.jpg
石割山登山口駐車場にやってきた。
登山云々の前に、雪でここまで来ることが出来るのか車の運転の方がドキドキ。

b0339488_21550377.jpg
まず待ち構えるのは階段403段。
終わりが無いんじゃないかってぐらい延々続く。

でもね、最近登りながら休憩する方法を身につけまして。
いやいや、怪しい人になったわけではないですよ(笑)
止まらず上まで登れます。

b0339488_22024162.jpg
階段が終わり雪道の登山道スタート。

b0339488_22033926.jpg
天気が良かったので左に富士山を見ながらの登山。

b0339488_22041280.jpg
遠くに見えるのが石割山山頂かな?

b0339488_22050672.jpg
山歩きは林道ツーリングに似ている。
最近、つくづくそう思う。

b0339488_22053321.jpg

b0339488_22060588.jpg
ほどなくして社が現れる。
石割神社だ。
しめ縄が掛けられる岩が迫力。

b0339488_22102048.jpg
この岩、裏に回ると綺麗にスパッと隙間が開いている。
これが石割って意味なんだね。
山中湖付近に石割って名前がついた施設があったりするけど、ここから名前をとってるのか。なるほど。

そしてこの間を歩いて通り抜けることが出来る。
体を横にしないと通り抜けられない狭さでちょっと怖い。
ザックをおろして手に持って通過。

b0339488_22152926.jpg
隙間の上の方を撮影。
でっけー石だな!
この神社、イベント的になかなかいいところだぞ。

b0339488_22172407.jpg

b0339488_22174783.jpg
神社を過ぎてからは少し急登になる。
一瞬どう登ればいいんだ?って迷うところ多数。

b0339488_22201780.jpg

b0339488_22203404.jpg
だから急だって!(笑)
根っこを掴みながら登る。

b0339488_22210164.jpg
霜柱地獄。

b0339488_22212593.jpg
おぉ!
上が開けてるってことは…

b0339488_22225157.jpg
来たぜ山頂だ!

b0339488_22240112.jpg
この絶景を見よ!
誰もいない雪景色の山頂に、山中湖ごしの富士山。
素晴らしすぎる!!!

サイボーグ、石割山に立つ。
そしてまた人間に近づく。

b0339488_22303790.jpg

平尾山へつづく。


by keen45 | 2016-02-18 22:55 | 登山 | Comments(0)

仏果山

b0339488_21215017.jpg
仏果山
標高747m
高取山の南に位置し尾根伝いにつながっているので高取山とセットで登る人がほとんどだろう。
高取山より標高は高い。

b0339488_21220291.jpg
さてと、高取山より歩いていこう。

b0339488_21220250.jpg
b0339488_21220302.jpg
b0339488_21220396.jpg
右に行くと宮ヶ瀬湖方面へ降りていく登山道。
真っ直ぐ進む。

b0339488_21221763.jpg
そこそこ尾根は狭いところもある。

b0339488_21221717.jpg
来たぜ仏果山!

b0339488_21221743.jpg
高取山と同じく展望台があるので登ってみる。

b0339488_21221781.jpg
右の山が高取山。
そこから尾根伝いに歩いてきた。

b0339488_21221725.jpg
b0339488_21222802.jpg
サイボーグ、仏果山に立つ。
スクリューはどこも緩んでいない。

b0339488_21222833.jpg
ここで昼食。
メニューはカルボナーラとオニオンスープとラテ。
このカルボナーラ絶品だ。売れる。
てか、売ってるの買ってきたんだった。

b0339488_21222875.jpg
さてと下山しますか。

b0339488_21222813.jpg
こちら側は結構急だった。

b0339488_21223822.jpg
b0339488_21223880.jpg
b0339488_21223991.jpg
b0339488_21223923.jpg
b0339488_21223934.jpg
中間地点ぐらいかな。だいぶ下りてきた。

b0339488_21223949.jpg
大沢林道を渡る。

b0339488_21224980.jpg
b0339488_21225006.jpg
宮沢林道だって。どこを走っているのだろうか。
ま、通行止めだけど。

b0339488_21225038.jpg
愛川ふれあいの村に戻ってきた。
一応登山の受付をしておいたので下山の届けを済ます。
この日登山の届け出をしていたのはわたしひとりだった。

b0339488_21225010.jpg
駐車場に戻って来た。
この後、人気だというとうふ屋さんに行ったらお店無くなっていた…
別所の湯ってお風呂寄ってのんびりしてから帰路についた。

高取山と仏果山を選んだのは、今のわたしにはちょうどよかったと思う。
山頂の雪景色、目の前に見える丹沢の雪山風景も美しい。
また冬に登りに来たい。ヒルもいないし(笑)

来てよかった。

b0339488_22034418.jpg
この日のGPSログ。
愛川から登ったが、次来るときは違うルートで登ってみよう。

b0339488_22070651.jpg
Runtasticの記録。
距離、時間、カロリーとも大山登山断念の時を上回っている。
ただし高度だけは大山の時のデータの方が上回っていた。
それだけ大山の方が急登だということだ。

おわり



by keen45 | 2016-02-11 22:53 | 登山 | Comments(0)

高取山

b0339488_21300375.jpg
高取山
標高706m
丹沢山地の東部、宮ケ瀬湖の東に位置する。

大山、大楠山と登ってきた登山第三弾は高取山だ。
比較的初級の山で、今のわたしでも無理なく登れそうなのが選んだ理由。

b0339488_21194643.jpg
朝7時すぎに自宅を出発。
愛川ふれあいの村に車を停め受付をすまし登山開始。

b0339488_21194701.jpg
登山道入り口にも雪が残っている。
山頂は結構積もっているだろう。
一応アイゼンは持ってきている。
登山道入り口には杖が置いてあった。
必要な人は借りるといいだろう。

b0339488_21194713.jpg
丹沢はほんとにヒルが多いらしい。
でもそれは春から秋にかけて。2月は全く気にすることはない。

b0339488_21200857.jpg
気持ちいい!
それなりにしんどいはずなのに登り始めてすぐにそう思い始めた。
自然が好きなのか?ひとりが好きなのか?

b0339488_21200816.jpg
鹿よけのゲートをいくつかくぐる。
しかしどのゲートも開けっ放しどころが壊れていた。いいのかな?

b0339488_21200911.jpg
さっきからずっと上から何かが降ってきている。

b0339488_21200927.jpg
杉の葉に付いた氷が落ちてきているのだった。

b0339488_21202372.jpg
登山道が急に開けるとそこは大沢林道だった。
向こうに見える山は仏果山か?

b0339488_21202289.jpg
林道雪が積もってる。
これはこれで走ってみたいぞ(笑)

b0339488_21202244.jpg
大沢林道を横切り登山道を進む。

b0339488_21202321.jpg
それなりに登ってきた。

b0339488_21203499.jpg
ちょっと休憩。炭酸水を飲む。

b0339488_21203490.jpg

b0339488_21203546.jpg
これ以上雪増えたらアイゼンだな。

b0339488_21203559.jpg
イタチ?テン?見てみたいな。

b0339488_21203567.jpg
登ってきた道を振り返る。

b0339488_21204403.jpg
さっき渡ってきた大沢林道が見える。

b0339488_21204525.jpg

b0339488_21204561.jpg

b0339488_21204572.jpg
高取山まで0.8km。平地とは違いもうちょっとあるって感じ。

b0339488_21204568.jpg
幻像的な雰囲気になってきた。

b0339488_21205632.jpg

b0339488_21205623.jpg

b0339488_21205792.jpg
いい雰囲気だ。なんだか泣けてくる。

b0339488_21211014.jpg
杉林を抜けるとそこはもう雪山状態。

b0339488_21211019.jpg
アイゼン付けてる人もいるな。

b0339488_21210941.jpg
もう少しアイゼン無しで行ってみる。

b0339488_21211050.jpg
うさぎか?

b0339488_21211006.jpg
頂上見えてきた!

b0339488_21213793.jpg
ヒャッホ〜〜♪登れた〜♪
今年二座目は雪の高取山。
なんなんだろうねこの達成感と充実感。
山は高さでなないというのは本当だと思う。

山頂でやっと人にあった。
女性の方で山に詳しくヒルの事や登山道の事やその他の山の事やカメラの事などいろいろ教えてもらった。
最後の写真を撮ってくれたのもその人。
親切な方だったな。

b0339488_21213857.jpg
展望台があるので登ってみる。
この日は暖かかったのだけど強風だった。
高所恐怖症のわたしには罰ゲームにしか思えない。
展望台からの撮影は手すりをしっかり握っての撮影となった。

b0339488_21213885.jpg
自衛隊のヘリかな?
山頂からなので結構間近に感じる。

b0339488_21214950.jpg
うひょ〜〜〜!
強烈な眺め。
丹沢山地と宮ヶ瀬湖が丸見え。

丹沢山登ってみたいな。塔の岳とかも。
いつか登るからまっててな。

b0339488_21215046.jpg
鳶の下の高い山が大山。
丹沢山とか言ってないでまずは大山だな。

b0339488_21215013.jpg
展望台から下を見る。

b0339488_21215017.jpg
南側を見ると仏果山。
次はあそこに向かう。

b0339488_21220251.jpg
サイボーグ高取山に立つ。

仏果山につづく。


by keen45 | 2016-02-10 23:13 | 登山 | Comments(4)