人気ブログランキング |

アサクフカク

タグ:旅 ( 189 ) タグの人気記事

北海道14日目 最終日

b0339488_05104054.jpg

石巻沖、朝。







b0339488_05015428.jpg

大洗到着、下船待ち。
この日は台風の影響で揺れた。
久しぶりに酔った。
酔ったときの対処法を見つけた。
ベッドで横になっていると問題ない。
ただし暇なので寝ながらできることがあるといい。
で、電子書籍、寝ながら読んでも全く違和感ない。


b0339488_05022945.jpg

北海道全行程のログ、うまく記録されず直線になってしまっているところもあるがざっくりとこんな感じで移動した。
道北のログはいくつもあり何をしたいんだかよくわからないログになっているが、これだけ天気に翻弄されたということ。

北海道旅はフェリーでの往復、現地での移動日を考えると意外と行動日数は少なくなる。
とはいえ全行程で2週間というのは自分としては貴重な体験であり、やっぱり長旅は素晴らしいと実感。

次はどこ行こう。
新たな旅が俺を待っている。

おわり


by keen45 | 2019-09-16 20:33 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道13日目 乗船

b0339488_05014545.jpg

ウトナイ湖、朝。







b0339488_05014540.jpg

ウトナイ湖の手すりで何やらやっている女性が。
これだった♡
この日は雨だったからこうなったと思われる♡


b0339488_05014556.jpg

街なかにやってきて、宇宙船ミール、本物。
当時のスペアらしい。
中に乗り込むことができるらしいんだけど、ん〜、定休日、で外から眺める。


b0339488_05014529.jpg



b0339488_05014682.jpg



b0339488_05014626.jpg

マルトマ食堂リベンジ。


b0339488_05015424.jpg

やったー、ホッキ丼♪
満足じゃ♪

この後駅前のドンキ行ったり街なかをぷらぷら。
苫小牧の全体像が何となくわかった。


b0339488_05015433.jpg

苫小牧をぷらぷらも終わり。
さんふらわあに乗船、離岸。


b0339488_05015409.jpg

長かったようで短かった北海道旅もあと少しで終わり。


b0339488_05015407.jpg

最終回につづく


by keen45 | 2019-09-16 20:32 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道12日目 室蘭、苫小牧

b0339488_05012392.jpg

いいな〜、洞爺湖、曇りだけど笑







b0339488_05012352.jpg

というわけで室蘭にやってきた。
過去3回の北海道旅でゆいつ行ったことのない大きな街が室蘭だった。

見えているのは白鳥大橋。


b0339488_05012393.jpg

日本最古の木造駅舎、室蘭駅舎。
現在は観光案内所。


b0339488_05012359.jpg

地球岬。
クジラのイラストのジャケットを着ていた学生さんたちが海をウォッチングしていた。
このとき見えていたのはイルカらしい。


b0339488_05012322.jpg



b0339488_05012493.jpg

どんぐもりだね笑
こうだから登山は諦めて観光にしたんだけどね。


b0339488_05013250.jpg



b0339488_05013285.jpg

室蘭といえば工場群。
東京湾岸の工場地帯とはまた違う印象をうけた。


b0339488_05013273.jpg

海岸沿いを苫小牧まで走ってきてマルトマ食堂。
ん〜、定休日〜


b0339488_05013212.jpg



b0339488_05013267.jpg

苫小牧に到着後、出光カルチャーパークのカフェで休憩。
ここにやってきたのは夕方からPokemon GOのコミュニティデイがあるから。
地元のポケゴーやってる方に聞いたら、苫小牧ではこの公園が一番いいとの情報を得たため。


b0339488_05013213.jpg

というわけでガッツリやらせてもらったところ、色違い13匹ほどと横浜でやるより多いくらいゲットできたのでした♪
地方でのコミュニティデイ、かなり楽しい。
いつの日か地方でコミュニティデイにあたったら、また楽しませてもらおう♪

13日目につづく


by keen45 | 2019-09-15 21:29 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道11日目-2 羊蹄山下山

b0339488_04443199.jpg

雲の中から山頂が現れた。







b0339488_04444180.jpg



b0339488_04444100.jpg



b0339488_04444139.jpg



b0339488_04444118.jpg

羊蹄山、登頂♪

山頂で写真を撮っていると、見たことある人が。
礼文で隣にテントを張っていて8時間コースも途中まで一緒だった方だ!
こんな偶然なかなかない。
一緒に昼食を取り、お鉢めぐりをした。
その時の話題は礼文の8時間コースしんどかったですよね!だった笑


b0339488_04444277.jpg



b0339488_04445416.jpg



b0339488_04445403.jpg



b0339488_04445408.jpg



b0339488_04445484.jpg



b0339488_04445411.jpg



b0339488_04445445.jpg

以前の山小屋跡が残っていた。
遺跡のよう。


b0339488_04450388.jpg



b0339488_04450328.jpg

山の西側は比較的雲が少なく下界が見渡せた。


b0339488_04450349.jpg



b0339488_04450369.jpg



b0339488_04450364.jpg

雲海だ。
右の山はニセコアンヌプリか?


b0339488_04451213.jpg

下山後温泉に入り道の駅で車中泊した。
そこから見る羊蹄山はきれいに山頂を見せてくれていた。


b0339488_04475323.jpg

羊蹄山の登山ログ。

12日目につづく


by keen45 | 2019-09-14 21:38 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道11日目-1 羊蹄山登山

b0339488_19235668.jpg

雲の中の登山は雨さえ降らなければこれはこれでなかなかよい。







b0339488_19235626.jpg

後方羊蹄山
標高1,898m
日本百名山
単独峰できれいな富士山型の山



b0339488_19235621.jpg

ツーリングできたときも印象深い山だった。
雲の多い中、登山開始。



b0339488_19235697.jpg

半月湖から登った。
過去の台風の影響か倒木がとても多い。
それが登山道を塞いでいるので下をくぐったり乗り越えたりして進む。


b0339488_19235796.jpg



b0339488_19235782.jpg



b0339488_19240671.jpg



b0339488_19240687.jpg

雲に包まれた登山の楽しみは花。
それとこの合目標識。
羊蹄山はひたすら急登を登るからなおさら。


b0339488_19240631.jpg



b0339488_19240658.jpg

山頂付近の森林限界を越えたあたりからお花畑が始まる。



b0339488_19240725.jpg



b0339488_19240797.jpg



b0339488_04440266.jpg



b0339488_04441911.jpg



b0339488_04441994.jpg



b0339488_04441962.jpg



b0339488_04443126.jpg



b0339488_04443130.jpg

山頂には大きな火口がある。
そこを一周。


b0339488_04443151.jpg



b0339488_04443153.jpg

つづく


by keen45 | 2019-09-14 05:57 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道10日目-2 旭岳下山

b0339488_20363673.jpg

風に背を向けて眺めを楽しんだ。







b0339488_20363687.jpg



b0339488_20363659.jpg



b0339488_20364568.jpg

展望を楽しんだら下山開始。


b0339488_20364562.jpg



b0339488_20364519.jpg

小学生の集団が登ってきた。
がんばれ〜♪


b0339488_20364675.jpg


b0339488_20364636.jpg



b0339488_20364655.jpg



b0339488_20365502.jpg



b0339488_20365525.jpg

ここにもコマクサあるんだな。


b0339488_20365694.jpg



b0339488_20365636.jpg



b0339488_20365634.jpg



b0339488_20365653.jpg



b0339488_20373837.jpg



b0339488_20373861.jpg



b0339488_20373895.jpg

ゴンドラに乗って下山。
旭岳だけだったら比較的楽に登山ができる。


b0339488_20380539.jpg

旭岳の登山ログ。

11日目につづく


by keen45 | 2019-09-13 14:36 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道10日目-1 旭岳登山

b0339488_20360817.jpg

旭岳、少しだけだけど、貴重な晴れ間を楽しませてもらった。







b0339488_20234692.jpg

大雪山
標高2,291m
日本百名山

天気予報で午前中だけ晴れ予報が出た。
北海道最高峰、旭岳に登った。


b0339488_20360879.jpg



b0339488_20360952.jpg



b0339488_20360994.jpg



b0339488_20360931.jpg



b0339488_20360998.jpg



b0339488_20361773.jpg



b0339488_20361786.jpg



b0339488_20361753.jpg

雲がどんどん広がってくる。
登頂するまで待ってほしい。



b0339488_20361895.jpg



b0339488_20361807.jpg

金庫岩、転がり落ちそう。


b0339488_20362606.jpg



b0339488_20362652.jpg

間に合わなかったか。
真っ白な山頂到着。


b0339488_20362649.jpg

間に合わなかったと思ったけど、待っていると雲がなくなる時がある。
なんとか山頂からの展望を楽しむことができた♪


b0339488_20362712.jpg



b0339488_20362708.jpg



b0339488_20362770.jpg

どんどん山頂は人が増えてくる。
風はかなり強い。


b0339488_20363650.jpg



b0339488_20363642.jpg

つづく



by keen45 | 2019-09-12 18:22 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道9日目 本土へ

b0339488_20233390.jpg

最終日は雲に覆われていた。
いいタイミングで礼文を去る。







b0339488_20233349.jpg

2拍した礼文とお別れ。ありがとう♪


b0339488_20233489.jpg

低い雲に覆われている礼文。


b0339488_20233446.jpg

同じく利尻も雲の中。


b0339488_20233423.jpg



b0339488_20233493.jpg

戻ってきたぜ。
文明世界稚内。


b0339488_20234504.jpg

4泊5日のバックバッキング生活を終えて思ったのは、文明とふれあいたい。
大げさかもしれないけどほんとにそう思った。

まずは昼食、海鮮でもジンギスカンでもなく、文明を感じられるものが食べたい。
駅構内でサンドイッチとアイスコーヒーを頂いた。
何だこの旨さは!
いつも何も考えず便利な世界で生活しているが、そのありがたさを実感した。


b0339488_20234507.jpg

食欲が止まらない。
もう一個おかわりした♪


b0339488_20234577.jpg

車で南下している途中、数日前にやってきた道の駅ピンネシリへ。
どうしても欲しくなったもうひとつのハチミツ、シナを買った。
ついでに温泉にも入ってすっきり♪


b0339488_20234561.jpg

利尻のキャンプ場で気に入ったミルクコーヒー。
疲れた体にこの甘さがたまらない。

この日のうちに旭川へ向かった。

つづく


by keen45 | 2019-09-11 20:35 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道8日目-3 礼文、キャンプ地へ

b0339488_20503443.jpg

ハイキングコースで花はよいアクセント。







b0339488_20502503.jpg

礼文島のイメージは笹原等の丘陵地。
でも、それは過去の森林火災等で作られた光景で、本来はしっかりとした森林が広がっていたそうだ。
その本来の原生林を見ることができるのがこの8時間コース。



b0339488_20502582.jpg



b0339488_20502594.jpg



b0339488_20502533.jpg

森の区間が長い。


b0339488_20502516.jpg



b0339488_20502696.jpg



b0339488_20503410.jpg



b0339488_20503595.jpg



b0339488_20503513.jpg



b0339488_20503563.jpg

ここからまた海岸線に降りていく。
この下り、とてももろく急。登山道で考えると鎖場扱いと言っていい状態。
しかし何もなし笑


b0339488_20503509.jpg



b0339488_20504317.jpg



b0339488_20504325.jpg



b0339488_20504302.jpg

後に漁村の女性に聞いたのだが、このあたりにクジラの死骸が打ち上げられていたのだそうだ。
見たかったような見たくないような。


b0339488_20504363.jpg

滝を見ることができる。


b0339488_20504477.jpg

漁村が見えてきた。
一軒だけ売店がありコーラ買って休憩。
女性の方の色々話した。
冬場はここにいることはできないそうで、ここからの移動も船なのだそうだ。
実はここにバスが来ている道路があるんじゃないかと淡い期待をしていた。
というのも体力気力の限界に来ていたから。
この8時間コース、岬めぐりコースを含めるとコースタイム有に10時間を越える。
ほんとにしんどかった。
利尻登山よりしんどかった。
そしてバスどころか道路すらなし。


b0339488_20504495.jpg

漁村から再度山道に入っていく。


b0339488_20505004.jpg



b0339488_20505070.jpg

やった、林道に出た。
この林道はキャンプ場方面と桃岩方面を結んでいる。
一般車も通過していい。
CRFラリーだったか通過していった。


b0339488_20505086.jpg

17時ぐらいだったか、無事にキャンプ地に到着。
きつかった〜


b0339488_20505063.jpg

新しい靴も持ってきたのだけど慣れているリバティリッジで利尻、礼文を歩いた。
だいぶくたびれてきていて限界を感じた。


b0339488_21220524.jpg

左端のスコトン岬から歩いた。


b0339488_21221248.jpg

8時間コースと桃岩展望コースの比較。
8時間コースがとてつもなく長いのがよく分かる。
礼文島を北から南まで大部分を歩いたことになる。
礼文島は東岸に道路がありそのすべてをバスで走った。
西岸に道路はほぼない。そこをハイキングコースで歩く形になっている。

9日目につづく


by keen45 | 2019-09-10 20:22 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道8日目-2 礼文、8時間コース

b0339488_20494257.jpg

岬めぐりコースは桃岩展望コースについで素晴らしい場所だった。







b0339488_20494214.jpg

岬めぐりコースを外れて8時間コースに入る。
名前の通り8時間を越えるロングコース。


b0339488_20495261.jpg



b0339488_20495242.jpg

鉄府に向かうこの道は海岸沿いを歩く道。


b0339488_20495215.jpg



b0339488_20495328.jpg



b0339488_20495390.jpg

見上げると雲と緑と花が美しかった。


b0339488_20495371.jpg



b0339488_20500137.jpg



b0339488_20500139.jpg

澄海岬の売店ではトド串を販売していた。
売店の女性は面白い事を言いながら販売していて、この構図での写真撮影も勧めてくれた笑。


b0339488_20500178.jpg

味はクジラ肉をもっと癖のある味にした感じ。
絶品とは言いにくいけど、話のネタに一度は食べてみるといいと思う。


b0339488_20500281.jpg



b0339488_20500252.jpg

澄海岬から見えるこのワンド、天気が良ければ真っ青らしい。


b0339488_20500266.jpg



b0339488_20501585.jpg



b0339488_20501516.jpg



b0339488_20501534.jpg



b0339488_20501656.jpg


b0339488_20501633.jpg



b0339488_20501689.jpg

いやー、長いんだよ、8時間コース。

まだまだつづく


by keen45 | 2019-09-09 12:54 | 201907北海道 | Comments(0)