人気ブログランキング |

アサクフカク

タグ:日本百名山 ( 105 ) タグの人気記事

唐松岳、五竜岳縦走2日目その3 五竜岳

b0339488_19481031.jpg

鹿島槍ヶ岳に伸びる稜線が見えた。
ここを歩く日は来るのだろうか。




b0339488_19475860.jpg

五竜岳
標高2,814m
日本百名山
八峰キレットが危険なのは知っているので、鹿島槍ヶ岳からのルートはやめて今回のプランにしている。

五竜山荘に着いてまずしたことは食事、きのこうどんしかないですがと言われたけど十分です。それがいいです♪


b0339488_19481074.jpg

食事後テント設営、五竜岳山頂を目指す。


b0339488_19481054.jpg



b0339488_19481099.jpg



b0339488_19481021.jpg

危険箇所の距離は少ないけど牛首よりアスレチック的な印象だった。


b0339488_19481013.jpg



b0339488_19481024.jpg

五竜山荘がだいぶ小さくなってきた。


b0339488_19481159.jpg



b0339488_20071381.jpg

テント場で仲良くなったワンポールテントの強者に写真撮りますよと声かけてもらった。
いつもは山頂での写真は撮らないのだけど、せっかくなので撮ってもらった。
アングルはおまかせしますとプレッシャーをかけてカメラを渡しはしたのだけど、この方、俺を右に寄せてバックを大きく入れるなんてセンス良い。
数枚撮ってもらったのだけどどれもちゃんと構図を考えて撮ってくれていた。
俺も写真頼まれたらできるだけいい写真撮るよう心がけよう。

というわけで、五竜岳、登!頂!


b0339488_19482407.jpg



b0339488_19482410.jpg

テント場に戻り日没の時間。
山でいつも利用しているアプリ、ピークファインダーで日没時刻、位置を確認。
テント場からだと残念ながら五竜岳の斜面に沈むことが分かったので移動、雲海に沈むところを見つけて撮影開始。
太陽はピークファインダーが示した場所、時間にぴったり沈んでいった。


b0339488_19482427.jpg

光り輝く雲海が素晴らしい!


b0339488_19482451.jpg



b0339488_19482503.jpg

唐松岳から歩いてきた稜線が赤く燃える。


b0339488_21311339.jpg

風が強く雲もそれなりにあったのだけど星空撮影も試みた。

五竜岳と天の川。


b0339488_21311324.jpg



b0339488_21311387.jpg

夜景撮影も。

青木湖周辺だと思われる。


b0339488_21311347.jpg



b0339488_21311309.jpg

夜はダウン着てても流石に寒い。
8時ごろに寝袋に入った。

3日目につづく


by keen45 | 2019-10-05 20:29 | 20190918五竜岳縦走 | Comments(0)

北海道11日目-2 羊蹄山下山

b0339488_04443199.jpg

雲の中から山頂が現れた。







b0339488_04444180.jpg



b0339488_04444100.jpg



b0339488_04444139.jpg



b0339488_04444118.jpg

羊蹄山、登頂♪

山頂で写真を撮っていると、見たことある人が。
礼文で隣にテントを張っていて8時間コースも途中まで一緒だった方だ!
こんな偶然なかなかない。
一緒に昼食を取り、お鉢めぐりをした。
その時の話題は礼文の8時間コースしんどかったですよね!だった笑


b0339488_04444277.jpg



b0339488_04445416.jpg



b0339488_04445403.jpg



b0339488_04445408.jpg



b0339488_04445484.jpg



b0339488_04445411.jpg



b0339488_04445445.jpg

以前の山小屋跡が残っていた。
遺跡のよう。


b0339488_04450388.jpg



b0339488_04450328.jpg

山の西側は比較的雲が少なく下界が見渡せた。


b0339488_04450349.jpg



b0339488_04450369.jpg



b0339488_04450364.jpg

雲海だ。
右の山はニセコアンヌプリか?


b0339488_04451213.jpg

下山後温泉に入り道の駅で車中泊した。
そこから見る羊蹄山はきれいに山頂を見せてくれていた。


b0339488_04475323.jpg

羊蹄山の登山ログ。

12日目につづく


by keen45 | 2019-09-14 21:38 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道11日目-1 羊蹄山登山

b0339488_19235668.jpg

雲の中の登山は雨さえ降らなければこれはこれでなかなかよい。







b0339488_19235626.jpg

後方羊蹄山
標高1,898m
日本百名山
単独峰できれいな富士山型の山



b0339488_19235621.jpg

ツーリングできたときも印象深い山だった。
雲の多い中、登山開始。



b0339488_19235697.jpg

半月湖から登った。
過去の台風の影響か倒木がとても多い。
それが登山道を塞いでいるので下をくぐったり乗り越えたりして進む。


b0339488_19235796.jpg



b0339488_19235782.jpg



b0339488_19240671.jpg



b0339488_19240687.jpg

雲に包まれた登山の楽しみは花。
それとこの合目標識。
羊蹄山はひたすら急登を登るからなおさら。


b0339488_19240631.jpg



b0339488_19240658.jpg

山頂付近の森林限界を越えたあたりからお花畑が始まる。



b0339488_19240725.jpg



b0339488_19240797.jpg



b0339488_04440266.jpg



b0339488_04441911.jpg



b0339488_04441994.jpg



b0339488_04441962.jpg



b0339488_04443126.jpg



b0339488_04443130.jpg

山頂には大きな火口がある。
そこを一周。


b0339488_04443151.jpg



b0339488_04443153.jpg

つづく


by keen45 | 2019-09-14 05:57 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道10日目-2 旭岳下山

b0339488_20363673.jpg

風に背を向けて眺めを楽しんだ。







b0339488_20363687.jpg



b0339488_20363659.jpg



b0339488_20364568.jpg

展望を楽しんだら下山開始。


b0339488_20364562.jpg



b0339488_20364519.jpg

小学生の集団が登ってきた。
がんばれ〜♪


b0339488_20364675.jpg


b0339488_20364636.jpg



b0339488_20364655.jpg



b0339488_20365502.jpg



b0339488_20365525.jpg

ここにもコマクサあるんだな。


b0339488_20365694.jpg



b0339488_20365636.jpg



b0339488_20365634.jpg



b0339488_20365653.jpg



b0339488_20373837.jpg



b0339488_20373861.jpg



b0339488_20373895.jpg

ゴンドラに乗って下山。
旭岳だけだったら比較的楽に登山ができる。


b0339488_20380539.jpg

旭岳の登山ログ。

11日目につづく


by keen45 | 2019-09-13 14:36 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道10日目-1 旭岳登山

b0339488_20360817.jpg

旭岳、少しだけだけど、貴重な晴れ間を楽しませてもらった。







b0339488_20234692.jpg

大雪山
標高2,291m
日本百名山

天気予報で午前中だけ晴れ予報が出た。
北海道最高峰、旭岳に登った。


b0339488_20360879.jpg



b0339488_20360952.jpg



b0339488_20360994.jpg



b0339488_20360931.jpg



b0339488_20360998.jpg



b0339488_20361773.jpg



b0339488_20361786.jpg



b0339488_20361753.jpg

雲がどんどん広がってくる。
登頂するまで待ってほしい。



b0339488_20361895.jpg



b0339488_20361807.jpg

金庫岩、転がり落ちそう。


b0339488_20362606.jpg



b0339488_20362652.jpg

間に合わなかったか。
真っ白な山頂到着。


b0339488_20362649.jpg

間に合わなかったと思ったけど、待っていると雲がなくなる時がある。
なんとか山頂からの展望を楽しむことができた♪


b0339488_20362712.jpg



b0339488_20362708.jpg



b0339488_20362770.jpg

どんどん山頂は人が増えてくる。
風はかなり強い。


b0339488_20363650.jpg



b0339488_20363642.jpg

つづく



by keen45 | 2019-09-12 18:22 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道6日目-2 利尻富士下山

b0339488_21074344.jpg

雲の中を散歩してきた。





b0339488_21072409.jpg

展望はない。
けど、花が楽しませてくれた。


b0339488_21073419.jpg



b0339488_21073498.jpg



b0339488_21073484.jpg



b0339488_21073415.jpg

このあたりは一面の花畑なんだろう。


b0339488_21073425.jpg

左上、山頂だ!


b0339488_21073450.jpg

利尻山登頂♪

一緒に登ってきた男性が日本百名山登頂の幕を広げ、歓声と拍手が起こる。
写真を撮ってくださいと俺が頼まれバシバシ撮る。
以前、どこかの登山道でこの山が百名山最後という人にあったことはあったけど、山頂登頂に立ち会ったのは初めて。
どこかテレビの中の出来事のようだった。

大変、大変と言いながら俺より遥かに速いペースで登っていく年配の女性は雨の中おにぎりだしてむしゃむしゃ食べてる。
一緒に登ってきた人たちの中で一番元気だよ笑。

若い頃利尻に住んでいたという女性は三度目の利尻山登頂とのことだが、その全てが雲の中だったって。
俺はまだ一回目。
またこよう。


b0339488_21074355.jpg

南方の最高所、崩落のため立入禁止。


b0339488_21074369.jpg

下山時も花の写真をたくさん撮った。


b0339488_21074308.jpg



b0339488_21074347.jpg



b0339488_21074412.jpg



b0339488_21075143.jpg



b0339488_21075127.jpg


b0339488_21075108.jpg



b0339488_21075105.jpg



b0339488_21075172.jpg

中腹辺りまで下ると雲はなくなった。
眼下には光が差し込んでいるところもある。
一日中外界は晴れ間があり、山頂のみ雲の中だったんだな。


b0339488_21075130.jpg

展望の良いところで休憩していると、利尻に住んでいた女性が、そろそろ飛行機着陸しますよと教えてくれた。
言葉通り左上の礼文島上空に小さな機体確認、旋回しながら眼下の空港に降り立った。
逆噴射の音も聞こえた。
雲に覆われた登山だったので、これがなかなかいいイベントとなった。


b0339488_21084998.jpg

下山後雨で濡れたものを干す。
外界は全く雨が降っていないようだった。
キャンプ場にはきれいなシャワーがあり汗を流す。

登山を始めた頃、テレビで利尻山を見、こんな山が日本にあるのかと憧れていた。
その利尻山に登るという夢が現実となった。


b0339488_12194767.jpg

利尻登山GPSログ

7日目につづく


by keen45 | 2019-08-26 22:09 | 201907北海道 | Comments(0)

北海道6日目-1 利尻富士登山

b0339488_21070707.jpg

こんなに沢山の種類が咲いている山に登ったことはあったかな?





b0339488_21054871.jpg

利尻岳
標高1,721m
日本百名山


利尻岳のコースタイムは9時間を超える。
俺の足で無理せず登るのなら12時間みたほうがいい。
早朝4時に登山開始した。


b0339488_21065866.jpg

甘露名水。
あまりにも有名な湧き水。

利尻島には熊、蛇、鹿、狐がいない。
猛獣のことは気にしないで登山ができる。


b0339488_21070620.jpg



b0339488_21070789.jpg

とにかく花はたくさん咲いていて、足が前に進まない。


b0339488_21070799.jpg



b0339488_21070771.jpg



b0339488_21545255.jpg

フェリー到着した鴛泊港。
いいながめ♪


b0339488_21545274.jpg

うひゃ〜
山頂方面は雲の中。


b0339488_21545283.jpg

6合目ぐらいから雲の中に突入。
やっぱりこうなるのか笑


b0339488_21070767.jpg



b0339488_21071552.jpg



b0339488_21071547.jpg

そこそこ年配のこの女性、写真撮ってる俺を見て、
「余裕ありますね、私なんかそんな余裕ありません、登れるのかしら…」
といいながら俺をぶち抜いていった。
言っていることと健脚ぶりがちぐはぐなんですけど笑


b0339488_21071613.jpg



b0339488_21071625.jpg



b0339488_21071600.jpg



b0339488_21071694.jpg



b0339488_21072343.jpg

先程の年配の女性、若い頃利尻に住んでいた女性、この利尻岳登山で日本百名山完登の男性、全く違う場所からやってきたこのメンバーで下山までをともにすることになった。


b0339488_21072340.jpg



b0339488_21072356.jpg



b0339488_21072436.jpg



b0339488_21072420.jpg

つづく


by keen45 | 2019-08-25 22:06 | 201907北海道 | Comments(0)

武尊山 後編

b0339488_21315479.jpg



b0339488_21315424.jpg



b0339488_21315420.jpg

三角点


b0339488_21320228.jpg

というわけで武尊山登頂♪


b0339488_21320253.jpg



b0339488_21320277.jpg



b0339488_21320257.jpg

めしめし〜
山頂でカップラーメン
この日は風が強かった


b0339488_21320213.jpg

お次は剣ヶ峰を目指す
下の雪渓を横断していく


b0339488_21320380.jpg



b0339488_21321090.jpg



b0339488_21321079.jpg

まじかよ
桜咲いてる


b0339488_21321153.jpg

風が強く帽子が飛ばされそうになったのでしまう
雲はどんどん上がってくる


b0339488_21321174.jpg

遠くの山々もあと数時間で雲に覆われるだろう


b0339488_21321165.jpg



b0339488_21321137.jpg

なかなか気持ちいい稜線歩き


b0339488_21322045.jpg



b0339488_21322042.jpg

白いイワカガミだ


b0339488_21322142.jpg

剣ヶ峰に近づいてきた
いつもは先にダメになる右足が頼もしい


b0339488_21322179.jpg

剣ヶ峰登頂♪
乗ってるぬいぐるみは俺のじゃなく標識にくくりつけられてる


b0339488_21322111.jpg

剣ヶ峰山頂はこんなに狭い場所


b0339488_21322178.jpg

振り返って歩いてきた稜線


b0339488_21323007.jpg



b0339488_21323083.jpg

下山ルートは鎖場こそ少なかったが急勾配
沢をいくつか渡るのだが、そんな場所で涼みながら休憩


b0339488_21323062.jpg

無事下山&宝川温泉
この温泉は10年ぐらい前だったか来たことがある
川の両側にいくつも露天風呂が連なるというすごい温泉
以前は完全混浴で、そこに行き着くまでの各種コレクションがとても面白かったのだが、現在は湯浴み着着用でコレクションもほとんどなくなりモダンになりつつある
あの頃が懐かしい
とはいえ現在も素晴らしい温泉だ


b0339488_21323965.jpg

武尊山の登山ログ
時計回りで周回し右下の登山口に下山した

心配していた左膝はなんとか持ちこたえた
結局10日以上痛みは続き病院に行くことになるのだが現在はほぼ回復している

武尊山、たしかに谷川岳に比べると派手さはないかもしれない
でもね、わるくないよ
いい山だった♪

おわり


by keen45 | 2019-06-29 21:33 | 登山 | Comments(0)

武尊山 前編

b0339488_21315404.jpg

武尊山
標高2,158m
日本百名山、新・花の百名山
煙などはもちろん出ていないが成層火山というらしい
あまり人気がないのか、谷川岳が人気すぎるのか、登山者を比較すると同じ平日なのに1/10くらいに感じられた

前日、谷川岳を登り温泉に入り夕食を食べ、武尊神社駐車場で車中泊の準備に入ったときに左膝がかなり痛いことに気がついた
かなりの痛さで武尊山登山を諦めようと思うほど
膝がどうなっているか慎重にチェックすると、平坦な場所の歩行は不思議な事にほぼ痛くない
膝を曲げ負荷をかけたときがかなり痛い
翌朝目が覚め膝の再チェック
夜と変わっていない
ん〜…
これ以上悪化するのなら引き返せばいい
武尊山に登ることにした


b0339488_21311331.jpg

まずは武尊神社に参拝
よろしくお願いいします


b0339488_21311339.jpg

さすが新・花の百名山、花はかなり目につく


b0339488_21311365.jpg



b0339488_21311395.jpg



b0339488_21311333.jpg



b0339488_21311353.jpg

後に追い抜かれた方に聞いたのだが、登山道入ってすぐのところで1メートルほどの熊と出会ったそうだ
距離は2メートル、こわ!


b0339488_21312440.jpg



b0339488_21312458.jpg

鎖場が現れる
それもかなり急斜面
てか崖


b0339488_21312476.jpg



b0339488_21312419.jpg

鎖場が続く
ストックは邪魔なだけ
ザックに装着


b0339488_21312477.jpg

いい眺めが見えてきた
こうでなくちゃ



b0339488_21313444.jpg



b0339488_21313401.jpg

ほんのちょっとだけ雪渓歩きもある
アイゼンはいらない


b0339488_21313416.jpg

これを登れと…


b0339488_21313533.jpg

このシャクナゲは茶色くなってないグッドコンディション


b0339488_21313529.jpg

おいおいおい、いくつ登ればいいんだ?
そしてこの角度


b0339488_21313545.jpg



b0339488_21314309.jpg

こんなに急角度の鎖場をこんなにたくさん登ったことはあまり記憶にない


b0339488_21314386.jpg



b0339488_21314400.jpg



b0339488_21314462.jpg

急斜面の鎖場を登ったあとは素晴らしい景色が待っていたりするので許す笑


b0339488_21314481.jpg



b0339488_21315340.jpg



b0339488_21315422.jpg

あのとんがった山は剣ヶ峰
かっこいいじゃん
後で登ってみよう♪

後編へ続く


by keen45 | 2019-06-28 20:02 | 登山 | Comments(0)

谷川岳 後編

b0339488_21393239.jpg

雪渓を越えしばらく歩くと谷川岳トマの耳到着
やっほー♪


b0339488_21393393.jpg

振り返って歩いてきた稜線


b0339488_21393372.jpg

お次は谷川岳最高所オキの耳を目指す


b0339488_21393309.jpg

崖下の雪渓に足跡が
まさか人じゃないよな?


b0339488_21394141.jpg

振り返ってトマの耳
あんなに切れ落ちてるんだな


b0339488_21394101.jpg



b0339488_21394104.jpg



b0339488_21394182.jpg

谷川岳最高所オキの耳登頂
うひょ〜♪


b0339488_21394105.jpg

360度絶景のパノラマ


b0339488_21394114.jpg

オキの耳山頂から少し先に歩いた人のいない場所で昼食にした
こんな景色を見ながらのカップラーメンは死ぬほどうまい


b0339488_21394105.jpg



b0339488_21401017.jpg

山と俺♪
カメラとあまりにも離れすぎたためウォーリーをさがせ!的にどこにいるのかわからないくらいになってしまった笑


b0339488_21394901.jpg

エーデルワイスかな?


b0339488_21401044.jpg

さぁ戻ろう
トマの耳方面へ


b0339488_21394923.jpg

トマの耳
雪渓の感じもかっこいい


b0339488_21401015.jpg

転げ落ちていきたい笑


b0339488_21394999.jpg



b0339488_21394960.jpg



b0339488_21401001.jpg

雪渓の下り
下りの方が慎重に


b0339488_21395063.jpg



b0339488_21395019.jpg

登山道にはかごのようなものに砂利が入れられた階段が各所にあった
これが衝撃を吸収し足場も安定していてとても歩きやすかった
作るの大変だろうけど階段はこれがいいな〜


b0339488_21401062.jpg

天神平に到着後ゴンドラで無事下山
谷川岳は怖いイメージしかなかったのだけど、このルートは危険箇所は少なかった
雪渓歩きがほどよいドキドキ感を演出していて人気の山野理由がわかった気がした
いい山だ♪

下山後は湯テルメ谷川で温泉に入った
ここはよくある温泉施設風なんだけど、3つの源泉かけ流し(一部循環)というなかなか贅沢な温泉だった


b0339488_21402604.jpg

この日の登山ログ
右下まで直線的に伸びているのがゴンドラのログ、天神平でロガーをオフにするのを忘れてしまった笑

谷川岳としてのレポはおわり

翌日武尊山を登ったのでそういう意味ではつづく


by keen45 | 2019-06-23 17:51 | 登山 | Comments(0)