アサクフカク

タグ:温泉 ( 25 ) タグの人気記事

安達太良山 後編 野湯


b0339488_21374086.jpg

荒々しい火山の風景はこれで見納め。
林間地帯に降りていく。


b0339488_21375176.jpg

この崖の上を歩いていき


b0339488_21375199.jpg

登山道がわからなくなる。
岩の上の部分から向こうに行くのだと思い見てみると進めそうにない。
しかしリボンの印はある。
は?!
下?!!!


b0339488_21375233.jpg

いやいやいや、まてまて、横に寝そべる感じじゃないと通れないぞ?
うまく体の向きを変えて足から滑り込む。
ここ、大きめのザックだったら下ろして人とザック別々に通過しないと通れないんじゃないか?
いままでも穴を通る登山道はいくつか見たことがあるけど、その場合、メインの登山道が別ルートで存在している場合が多い。
もしくは立って歩ける大きな穴。
こんな狭いのにこれがメインルートの登山道なんて驚き!
ひょっとしてどこかに別ルートあったのかな?


b0339488_21375277.jpg

穴の中に入り振り返ってパチリ。
探検隊気分たっぷり♪


b0339488_21375212.jpg



b0339488_21481939.jpg



b0339488_21481952.jpg

以前は火口底部分を歩けたのだそうだ。
こういうことです。
今は禁止。


b0339488_21481930.jpg

沢の流れ横を進んでいく。


b0339488_21481942.jpg

行きに稜線上から見た湯の花採取場に戻ってきた。


b0339488_21481991.jpg

沢が温泉色だぁ
気持ちよさそうだな♪

じゃ、入りますか(笑)


b0339488_21483481.jpg

この橋、沢沿いの登山道からここは丸見え。
でも人とほぼすれ違っていないしこれから登ってきそうもない。
沢に手を入れるとぬるすぎる。
熱湯と沢の水がちょうどよく混じり合っているところを探す。
よし、いそげ〜♪


b0339488_21483368.jpg

というわけで入浴♪
風はほぼなくなり太陽はポカポカ
歩いてきた山を眺めながらの野天湯
贅沢の極み♨


b0339488_21483417.jpg

無事に人に出会わず入浴を終わり下山開始。
湯の花採取場から伸びる登山道には看板と岩のばってんで通行止めの印。
後に登山道整備の方に聞いたら、ここは本来湯の花採取場の作業通路のため登山者は通行止めにしているとのこと。
行きに使った登山道へ向かう。


b0339488_21483406.jpg

ここを登って稜線に出たらそこが登りで使った登山道。
また登るのかぁ
めんどくさ(笑)


b0339488_21483449.jpg

湯の花採取場の湯の花。
たくさん採れてる♪


b0339488_21484317.jpg

パイプから大量のお湯が流れ出してる。
相当温度は高そう。


b0339488_21484437.jpg

野天湯をありがとう♨


b0339488_21484459.jpg



b0339488_21484489.jpg



b0339488_21484528.jpg

滝の展望台で登山道整備の方と話をした。
昔この谷には硫黄採取用のロープウェイが張られ、その作業をする方たち家族が数百人住む町があり、学校まであったそうだ。
今の風景からは想像できない興味深い話を聞けた。

というわけで無事下山♪


b0339488_21485494.jpg

下山後に食事。
ツーリングマップルは車でも役立つ。


b0339488_21485461.jpg

おいしゅうございました♪


b0339488_21485495.jpg

この日歩いたGPSログ
左下から登り始め反時計回りで歩いた。

翌日、磐梯山を登ったのだがそのレポは次回。

安達太良山、思っていた以上に素敵な山だった♪

おわり


[PR]
by keen45 | 2018-06-16 21:40 | 登山 | Comments(2)

甲斐駒ケ岳 後編

b0339488_19553137.jpg



b0339488_19552007.jpg



b0339488_19552088.jpg



b0339488_19552073.jpg



b0339488_19553180.jpg



b0339488_19553178.jpg

黒戸尾根との合流地点。
山頂はあと少し。


b0339488_19561125.jpg

最後の岩場を登って山頂へ!


b0339488_19562008.jpg

社にタッチ。
甲斐駒ケ岳登頂!


b0339488_19562106.jpg



b0339488_19562173.jpg

鋸岳方面。


b0339488_19562178.jpg



b0339488_19562248.jpg

黒戸尾根方面。


b0339488_19562282.jpg

雲が目前まで迫ってきている。
下山開始。


b0339488_19563891.jpg

右上に小さく人が写っているのが分かるだろうか。
その道は山頂までの直登ルート。
登山に自信のない人が行かないほうがいいらし。
俺の登ったルートは巻道ルート。
巻道ルートがだめというわけではなく、ご覧のように絶景は楽しめるので問題ない。


b0339488_19563863.jpg

砂の登山道、突き出した岩、巻き上がる雲、すばらしい。


b0339488_19563849.jpg



b0339488_19563969.jpg



b0339488_19563902.jpg

駒津峰まで戻ってくるとあたりは完全に雲に覆われた。
昼食はカップラーメンとカロリーメイト。


b0339488_19563909.jpg

登りとは違う双児山方面から下山した。
樹林帯を進む。

テント場には3時頃到着。
テントを撤収し最終4時のバスに乗り広河原、底から別のバスに乗り換え芦安、自分の車に到着すると家に帰ってきたように安心する。


b0339488_19564637.jpg

三日間風呂に入っていない。
大好きな韮崎旭温泉へ。
大衆的な温泉であるのにそれほどぬるくない天然炭酸泉を楽しめるのはやっぱり貴重だと思う。


b0339488_19565130.jpg

甲斐駒ケ岳の登山GPSログ。

おわり


[PR]
by keen45 | 2017-07-27 19:52 | 登山 | Comments(2)

草津白根山 後編

b0339488_19024257.jpg



b0339488_19020775.jpg

遊歩道最高地点到着。
実質ここが登れる最高地点。
本当の山頂は本白根山なのだけど、ガスが発生しているので常時立入禁止。


b0339488_19020744.jpg



b0339488_19023038.jpg

から釜。
大きな火口なのがよく分かる。


b0339488_19023124.jpg

本白根山展望台を登る。


b0339488_19023111.jpg

鏡池。
それほどきれいな感じはしないんだけど下まで降りてみよう。


b0339488_19023109.jpg

湖底の奥の方、亀甲模様が見えるでしょ。これ、水草とかじゃなく湧き水やらなんやらで砂と小石が自然に並び替わった珍しいもの。肉眼で見るとよくわかった。


b0339488_19023168.jpg



b0339488_19023214.jpg



b0339488_19024020.jpg



b0339488_19024135.jpg

おお、まさかの雪渓歩き。
ほんの少しだけど♪


b0339488_19024197.jpg

ロープウェイ山頂駅に到着。
ここからは逢ノ峰東側をまわる巻道を進む。
入山規制があったからか、登山道の一部は完全に笹に覆われていた。
それでもこの区間は短いので問題なし。


b0339488_19024281.jpg

無事駐車場に到着。
シェルター覗いてパチリ♪

その後、草津の西の河原露天風呂へ。
さぁ体洗うぞと思ったらここ、石鹸使えないのね(笑)
頭だけでも流そうとかけ湯をばんばん頭からかけてたらお湯が目に入って激痛が襲う。
強酸性のようです(笑)
いいお湯でした♪


b0339488_21170964.jpg

この日の登山ログ。

右側縦にグニャグニャ走ってるのが志賀草津道路。
右の白いのが湯釜。
その付近から反時計回りでログのルートを周回した。

九州の山々の火山も凄かったけと、草津白根山も負けてはいない(笑)

おわり


[PR]
by keen45 | 2017-06-20 21:00 | 登山 | Comments(2)

根子岳

b0339488_16102913.jpg

根子岳
標高2,207m
花の百名山

四阿山の登山ルートの一部として登ることができる。
だからといっておまけ的な山ではなく、根子岳があってこその四阿山は日本百名山なんだと感じた。


b0339488_16101771.jpg

あのピークに立ち、左側へ下っていく。


b0339488_16101740.jpg

雲が凄い!


b0339488_16101775.jpg

四阿山からここまでが森林地帯の急下り。
頑張って下ってくると広々とした根子岳が迎えてくれる。


b0339488_16101811.jpg



b0339488_16101802.jpg


b0339488_16102942.jpg



b0339488_16102948.jpg

振り返って四阿山。
どんと構えてる!


b0339488_16102944.jpg



b0339488_16103011.jpg

根子岳山頂に来ると雲海が現れていた。
なんと運の良いことか。

一番最初の写真がその山頂で撮った俺♪


b0339488_16103099.jpg



b0339488_16104469.jpg



b0339488_16104466.jpg

登山口が見えてきた。
つつじの赤さがいちだんと増す。

下山後万座温泉へ。
入ったのは湯の花旅館。
乳白色の硫黄泉。浴室も木で作られ雰囲気良い。
さらに別スペースにさるのこしかけを大量投入、そこからのエキスが浴槽に流れ込む。
効果の程は体感できなかったが、温泉に対するその熱意が嬉しいではないか。
良い温泉でした♪


b0339488_21170489.jpg

この日の登山ログ。
手前の菅平牧場から反時計回りで歩いてきた。

とりあえす終わりなんだけど、翌日も登山をしたのでそういう意味ではつづく


[PR]
by keen45 | 2017-06-19 21:43 | 登山 | Comments(2)

13日目-3 別府温泉保養ランド

b0339488_20353808.jpg

津久見にあるうみえーるでひゅうが丼。
まぐろとぶりだっけ?の半々が選べたのでそれを。
なんか久しぶりの海鮮。
幸せでした♪


b0339488_20353895.jpg

大分発のフェリー出港時刻を5時だと勘違いしていた。
本当は7時ぐらい。
嬉しい時間の余裕が出来たので大分通過し別府へ。

どの温泉入ろうか考えてなんとなく別府温泉保養ランドへ。
ここいいよ。
源泉はいくつかあったと思う。
メインは当然泥湯。
露天の大浴場で混浴。
混浴ではあるけれど水は濁っているし男女の入るスペースは区切られているので女性も入りやすい。
太陽が降り注ぐの大露天泥湯、最高です♪

今回の旅、最初から最後まで素晴らしい温泉に出会えてほんとしあわせ♪


b0339488_20354992.jpg

泥湯でのんびりしすぎておみやげ買う時間が怪しくなってきた。
これは通り道にあり二年前にも立ち寄ったゆめタウンで買うしかない。
幸い駐車場も売り場も覚えていたのでとり天材料コーナーへ。
タレと粉、あとフェリーでの夕食をかごに入れレジへ。
大分のフェリー乗り場へ急げ〜

瀬戸内航路のさんふらわあは比較的新しい船。
内部紹介をどうぞ。


b0339488_20354904.jpg

ざこ寝の上のクラスがこのプライベートベッド。
通路の奥に上段用階段、二段ベッドは通路の左右にある。
まくら側には壁があり、上下で方向が逆になっている。
これって、周囲の音が気にならない構造。
階段と逆側には貴重品入れも完備。


b0339488_20355084.jpg

ベッド内
ドリンクホルダーが嬉しい。
そしてリモコンがある。
ということは…


b0339488_20355002.jpg

各ベッドに専用テレビ完備!

ちなみに志布志航路にも新造船が就航するのが決まっている。
このタイプのベッドになるんだろうな。

最近船酔いすることなくなったし、ますますフェリー旅が増えそう。


b0339488_20355008.jpg

離岸。
サイド水流噴射。


b0339488_20355151.jpg

きらめく別府のあかり。
長かった九州滞在もこれで終わり。

ありがとう九州。


b0339488_20355799.jpg

この日のGPSログ。
鉄の甲鈑が何層もあるフェリーでなぜしまなみ海道のあたりまでログが取れているのか謎である。
そこでログが途切れている原因は電池切れ、出向前に電池入れ変えておけば神戸までログが取れていると思われる。

つづく


[PR]
by keen45 | 2017-05-31 20:13 | 20170409_九州 | Comments(2)

12日目 原尻の滝、延岡

b0339488_20171838.jpg

道の駅童話の里くすで目を覚ます。
天気予報はあまり良くないのでこの日は移動&観光日とする。
天気の良くない時の観光、そう、それは真っ昼から温泉♨
レッツゴー♪


b0339488_20171947.jpg

南下してきて筋湯うたせ大浴場。
自動販売機でメダルを買い、回転扉のところでメダルを投入すると回転扉が回るようになるという入場システム。
近代的のようであるが、逆にレトロ感を感じられてこういうの大好き♪

浴室は四角く大きなこれだけで十分気持ちいい浴槽があり、その壁一面に2mの高さから何本ものお湯が大量に流れ落ちている!
この景観がなんともステキ♪
その打たせ湯に打たれてみる。
あらまぁ!
すごくきもちいいじゃない♪

毎日毎日、当たりばかりの温泉で幸せすぎるのでした♪


b0339488_20171924.jpg



b0339488_20171926.jpg

道の駅きよかわでとり天カレー。
お店の方にナイアガラって言われてる滝のことを聞くと通り過ぎてしまっていた原尻の滝のことなのだそう。
もどろー


b0339488_20171907.jpg

原尻の滝


b0339488_20172042.jpg

行こうと思うと岩の先まで行けてしまう。
危険なので行かないけど。


b0339488_20193002.jpg



b0339488_20173084.jpg

短いながらも一周できる遊歩道あり。


b0339488_20173127.jpg

この水は登山をした祖母山から流れてきている。


b0339488_20173148.jpg

延岡へ。
学生時代の友人と夕飯。
観光の仕事をしているので流石に詳しく、チキン南蛮元祖のお店に連れて行ってもらった。
驚いたことに元祖はタルタルでなない。そして美味しい♪
元祖チキン南蛮 直ちゃん


b0339488_20173107.jpg

友人「もう一軒行こうよ」
俺「あのー、同級生だから分かってるよね?この年になるとあまり食べられないんだよ?」
友人「レディースにすればいいから」

というわけで次のお店ののれんをくぐる友人(笑)


b0339488_20174099.jpg

延岡のソウルフード、辛麺屋桝元。
温かいけど冷麺みたいな麺、もちろん辛麺だから辛いけど、これ美味しい♪
奥に写ってるのは軟骨。
あら、なにこれ、これも美味しい♪

延岡来たらおごってくれる約束まもってもらっちゃった。
ごちそうさまでした♪


b0339488_20180729.jpg

この日のGPSログ。

そうそう、ずっと読んできてる人なら気がついていると思うけど、鳥ばかり食ってる気が(笑)

つづく



[PR]
by keen45 | 2017-05-28 21:44 | 20170409_九州 | Comments(4)

11日目-3 下山、壁湯

b0339488_16092184.jpg


b0339488_16091142.jpg

下山は来た道を戻り諏蛾守越方面へ。


b0339488_16091232.jpg



b0339488_16092255.jpg

硫黄山付近は有毒ガスで亡くなった事故もあった場所。
近づかないように。


b0339488_16092305.jpg



b0339488_16092348.jpg



b0339488_16092397.jpg



b0339488_16093338.jpg

諏蛾守越。


b0339488_16093398.jpg



b0339488_16093443.jpg

硫黄山西側は噴煙が多く上がっている。
関係者用と思われる道が整備されているので湯の花でも取っているのかな?


b0339488_16093451.jpg

車を停めてある長者原が見えてきた。


b0339488_16093499.jpg

2日間の九重連山山旅が終わる。
ハードだったはずなのに全くそんな感じはしなかった。
感じたのは大きな充実感。


b0339488_16093504.jpg

登山後、壁湯温泉へ。
ここ、写真右が川、左が浴槽。
そしてこの浴槽、左奥の岩壁に深い穴があり、そこからお湯が湧き出している足元湧出!
怖かったのだけど、どこから湧き出しているのか調べるため体を滑り込ませ足をつっこんでみる。
しかし最深部までは届かず、お湯の流れも感じられない。
しかしオーバーフローしている岩場からは大量のお湯がじゃんじゃん溢れているので、相当量湧き出しているのは確実。
浴槽の中は天然岩のままなので足元注意。

ここは混浴。
60歳ぐらいの関西から来た夫婦が入っていた。
何度も九州に来ているそうで温泉も詳しかった。
でも俺も負けていないわけで、その夫婦が知らない温泉のことを話すと詳しく教えてと聞いてきてきた。
おみやげはどうしているかという話でも盛り上がり、俺はゆめタウンでとり天の元を買って帰ると言ったら、それいいね、私達も買って帰ろうって話てた(笑)


b0339488_16094485.jpg

この日の登山GPSログ。


b0339488_16094950.jpg

九重連山2日間の登山GPSログ。
歩いたなぁ


b0339488_16095341.jpg

下山後車で走ったGPSログ。

つづく



[PR]
by keen45 | 2017-05-27 16:55 | 20170409_九州 | Comments(6)

10日目-3 下山、法華院温泉山荘

b0339488_15424446.jpg



b0339488_15424587.jpg



b0339488_15425795.jpg

山頂は暴風。
今回の登山はこんなのばっか(笑)

風下の岩陰で昼食♪
フジパンにもランチパックみたいのあるのね。


b0339488_15425735.jpg

山頂から北を見た風景。
真ん中左にあるのが由布岳。
写真ではわからないけどその右には別府湾も見えた。


b0339488_15430869.jpg

南東を見ると二日前に登った祖母山が雲の上にちょろっと。



b0339488_15430924.jpg

さて、下山しますか。


b0339488_15430904.jpg



b0339488_21071983.jpg

北大船山。
これって火口だよね?
大船山も火山なんだな。

左側の所に登ってきた登山道がある。
その奥の平らなところには池がふたつ。


b0339488_21071908.jpg

段原まで下山。


b0339488_21072029.jpg

ここからだいぶ北に平治岳がある。
行ってみようと試みたけどシャツが敗れるぐらいの藪漕ぎが続き断念。
おとなしく登ってきた登山道を下る。

下山直前まで大船山では誰にも出会わなかった。
この日の大船山は俺だけの山っだった。


b0339488_21072179.jpg

無事下山♪

坊がつるのテント場。
テントがひとつ張ってある。
下山直前に登っていった若い人のだな。たぶん。
ここから法華院温泉までは300m?ほど距離がある。


b0339488_21073053.jpg

この日のお宿、法華院温泉山荘。
どんな山荘でしょう、わくわく♪


b0339488_21073077.jpg

選んだのは最上級の特別室。
リッチだと思うでしょ?
でも、
特別室¥9,500
個室¥9,000
大部屋¥8,500
なのです。
ならば、開いているのなら特別室を選ばない手はない。


b0339488_21073159.jpg

ちなみに特別室とは、大船山がよく見える窓がある。
それだけの差。
それだけの差ではあるけれど、やっぱり気持ちいいし、ミヤマキリシマの時期は山頂が赤くなるのも綺麗に見えるんじゃないかな。


b0339488_21073152.jpg

ここの山荘の目玉は、法華院温泉山荘という名の通り、山荘なのに温泉があるということ。
そしてこの温泉、九州最高所の温泉でもある!
さらに、透明なお湯の中に沢山の湯の花が舞うとうとても素晴らしい温泉!
受付後、なにはともあれ温泉へ♪
石鹸は使えないのだけど、しっかり汗を流して湯船へ。
これがたまらんかった♪
ほんといい温泉♪
結局食後にも入り、翌朝にも。
全て貸し切りという贅沢さ付き♪


b0339488_21073133.jpg

山荘内迷ったら大部屋だった。
記念にパチリ。


b0339488_21073172.jpg

これ、受付時にもらったサービスの雑炊。
今度山で食べよう♪


b0339488_21074087.jpg

湯上がりの一杯。
ジンジャーなんちゃら、なんだっけ?
美味しゅうございました♪


b0339488_21074029.jpg

食事美味しかったなぁ。
家ではしないおかわりなんぞもしたし。

この日の宿泊者は俺を含めて4人。
そのために料理作ってくれてありがとうございます。


b0339488_21074743.jpg

大船山登山GPSログ。
さすが九州の屋根九重連山、ボコボコです。

つづく



[PR]
by keen45 | 2017-05-24 22:09 | 20170409_九州 | Comments(2)

9日目 川底温泉

b0339488_17400524.jpg

道の駅竹田で目を覚ます。
雨。
こんな日は登山しないし観光もする気がなくなる。

ハイエース車内の前席は運転と助手席はマップルや上着などの置き場所。
荷室はコンパネと絨毯で寝室&荷物スペース。
その間の後席は畳まない状態で使用できている。
ここに小さなテーブルも置き、このスペースがリビング的な役目を果たす。

ここでお湯を沸かし朝食。
その後今後の旅プランを再検討。
あーでもないこーでもないとやっているうちにお昼。
道の駅竹田内のレストランへゴー♪


b0339488_17393502.jpg



b0339488_17393565.jpg

おお、とり天あるじゃん。
いただきます♪


b0339488_17393633.jpg

雨は止まずなのでこんなときは温泉に限る。
川底温泉。

この温泉は川沿いにあり浴槽の底からお湯が湧き出すという足元湧出の温泉!


b0339488_17393621.jpg

三つの浴槽があり一番上の浴槽の底から湧き出しているようだ。
誰も居なかったので水面を目を凝らして見てみると、確かにある部分が揺らめいている。
そこから湧き出しているんだね。

残念だったのは去年リニューアルして浴槽を木の板で仕切ってしまい、男女別のお風呂になってしまったこと。
それがなかったら開放的でとても雰囲気のある浴槽なのに。
これも時代の流れなんだろうな。

写真は一番下の浴槽。
底には丸石がひいてある。


b0339488_17393670.jpg

小国で買い出しや何やら用事を済ませ、長者原の登山口駐車場へ。
はっきり言って嵐です(笑)
明日登山できるのかな?
おやすみなさい。
むにゃむにゃ…


b0339488_17401866.jpg

この日のGPSログ。

つづく



[PR]
by keen45 | 2017-05-21 18:04 | 20170409_九州 | Comments(0)

8日目-3 祖母山下山、七里田温泉下湯

b0339488_19003621.jpg



b0339488_20360531.jpg



b0339488_20360524.jpg

大岩のオーバーハングがあった。
右側に岩屋、泊と書いてある。
天狗岩屋。
なるほど、ここなら雨はしのげる。
緊急避難小屋として使えそう。
更にそのすぐ下には水場、天狗ノ水場がある。


b0339488_20360581.jpg

がぶ飲みする。
この日はほんとに暑かった。
カラになったペットボトルにも補充。


b0339488_20360555.jpg

登山をしない人に解説。
俺も登山道があるのに道迷いをし、遭難してしまう意味が分からなった。
間違えたら戻ればいいではないか。
しかし現実は違う。
登山道には分岐は当たり前。更に獣道、トイレ道、クライミング道と間違える要素は沢山ある。
はっきりいって間違えないほうがおかしい。
ではなぜ殆どの人が間違えないで下山できるか。
それはこのリボンのおかげといっていいだろう。
これが結んである所が正規の登山道。
リボンの色はピンク、赤、黄色、が多いが、青、白、黒と様々な色がある。
要は人がリボンを結んで居てくれる所が登山道。
登山慣れしてくるとリボンのありがたみが薄れてくる。
しかしと〜っても大切な役目をしている。


b0339488_20360660.jpg



b0339488_20360694.jpg



b0339488_20363194.jpg

登山道は川渡りをしながらの渓谷沿いとなる。

この渓流は名瀑原尻の滝を経て大分から別府湾へ。
ここは一級河川大野川の源流のひとつ。


b0339488_20363295.jpg



b0339488_20363281.jpg

山桜がまだ残っていた。


b0339488_20363292.jpg

登山開始時の吊橋に戻る。


b0339488_20363374.jpg

この尾平登山口、もともとは鉱山があったのだそうだ。
その名残がこの粉砕された石の山。

無事下山♪



b0339488_20364698.jpg

七里田温泉にやってきた。
ここは炭酸泉で有名。
この建物自体も温泉なのだけど、ここから少し離れた下湯という所がステキな炭酸泉らしい。
ここで受付を済ませ鍵を預かる。
ひとりひとり鍵を持って下湯に行き入浴するシステム。


b0339488_20364656.jpg

写真は撮れなかったので温泉に貼ってあった写真をパチリ。
地面から少し下がった半地下的な浴槽。
お湯は40度に達しないぬる湯。
そして気になる炭酸具合。
それがね、すご〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!
色々炭酸泉に入ってきたけど、多くがじわじわ肌に気泡が付く感じ。
ここは、入った途端に気泡が付きはじめる!
気泡を取っても取ってもすぐに付き始める!
飲泉もしてみた。感想はほんとに炭酸水!味はまずいんだけど(笑)
窓は全開で換気扇がまわっていて床には寝ないでと。
二酸化炭素の濃度が高すぎて酸欠になるのを防ぐためらしい。
この温泉、世界最強の炭酸泉なんじゃないかな♪

ちなみに受付のある大きな施設の温泉も同じ源泉を使っている。
しかしもともとぬる湯のため加温している。
炭酸泉は加温すると炭酸が抜けてしまうのだそうで気泡感はほとんどない。

大きな施設の方を出る時、ロビーで施設の方や地元の方とたくさん話をした。
ステキな旅してますねって言ってくれたおばちゃんや横浜から嫁いできた若くて可愛い女性といろいろ話した。
道の駅で寝るっていったらみんなでワイワイガヤガヤ道の駅竹田がいいんじゃないかってことになった。
楽しい一日の終り。


b0339488_20365515.jpg

祖母山登山のGPSログ。
反時計回りでまわった。
活動時間は9時間25分。


b0339488_20370490.jpg

尾平登山口から七里田温泉、道の駅竹田へのGPSログ。

九州旅はまだ半分。

まだまだつづく



[PR]
by keen45 | 2017-05-20 18:04 | 20170409_九州 | Comments(4)